「建ぺい率」は「建蔽率」になります。

都市計画法・建築基準法の改正

都市緑地法等の一部を改正する法律の影響を受け、都市計画法や建築基準法も改正されることになりました。
今回の改正の目玉は、新しい用途地域である「田園住居地域」の導入ですが、これについてはまた別の機会にお話しましょう。
■都市緑地法等の改正について(国土交通省のサイト)

気になるのは「蔽」

改正点のうち、面白いのは「蔽」。
来年4月1日付で、建蔽率の「蔽」は、ひらがな「ぺい」から漢字表記になります。
これは2010年に常用漢字表が改正されたことを受けての措置です。このときの総理大臣は、菅直人さん。懐かしいですね。
■常用漢字表に関する情報(文化庁)

改正の実情・方法

「建ぺい率」を「建蔽率」に直すだけなのですが、改正法(都市緑地法等の一部を改正する法律)を見ると、全20か所の改正が必要だったことが分かります。
その一つ一つについて、『「建ぺい率」を「建蔽率」に改め』という改正をコツコツと行っています。「改め文」と呼ばれる法改正の手法ですね。
■「改め文」―法令の一部改正方式―(参議院法制局のサイト)
http://houseikyoku.sangiin.go.jp/column/column050.htm

宅建試験への影響

ということで、来年の宅建試験からは、「建蔽率」という表記が使われます。しかし、これは文字の使いかたのみの問題で、問題を解くうえで、気にする必要はありません。

このサイトでは、既にこの改正についての対応を完了しています。安心して御利用ください。
(一括置換しただけですが。。。)

過去問徹底!スリー・ステップ教材の御案内

過去問の徹底分析から生み出された、「楽に」「確実に」合格するための教材。それが当社のスリー・ステップ学習教材です。
この教材は、学習の進行を三段階(スリー・ステップ)に分け、御自分に合った段階からスタートできるように設計されています。

[Step.1]基本習得編
学習の最初の段階、正しい知識を分かりやすい流れの中で学んでいく段階です。ここでは、DVDの講義を見て、合格に必要な基本知識を習得します。

[Step.2]実戦応用編
最初に一問一答式の問題集を解き、その後に解説講義を見ます。これにより、「Step.1で勉強した基礎知識が実際の本試験ではどのように出題されるか」、「選択肢の◯×を決める基準は何か」を身に付けます。

[Step.3]過去問演習編
年度別の本試験過去問を解き、その後に解説講義を見ます。学習の総仕上げとして、基本知識や解法テクニックを一層確実に、そして本試験で使えるレベルに仕上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です