【目で見る宅建】神奈川県の土地区画整理事業

神奈川県庁のWebサイトで、「土地区画整理事業」に関する部分が更新されていました。
土地区画整理事業 – 神奈川県ホームページ

「土地区画整理法○条では…」
「平成○年の本試験では…」
とガリガリと勉強することももちろん必要です。
しかし、たまには、こういう実例モノを見てみるのも、いいのではないでしょうか。
これもまた、一種の「目で見る宅建」(メデタク)です。

実例には、余計な知識もアレコレ含まれます。
しかし、一方で、
「抽象的な説明では分からなかったことが腑に落ちた」
というのも、よくあることです。

例えば、こんな記述(下線は、筆者による)。

現在までに、土地区画整理事業は累計で533地区、計18,604ヘクタールが実施されています(平成26年1月31日現在)。県下全域の市街化区域面積(一部用途地域を含む)における土地区画整理事業による整備率は19.5%に及び、市街地整備を図る手法として有効に活用されています。
【出典】かながわの土地区画整理事業の施行状況

ナント!
神奈川県の市街化区域の約20%が区画整理によるものなのです!
あなたの住んでいるそのマンションも、区画整理済みの土地上にあるのかも知れません。

このような数字を見ると、「区画整理」が、単に宅建のテキストや問題集で見るだけのものでなく、割合に身近なものであることが分かるのではないでしょうか。

また、このサイトには、神奈川県内で区画整理が施行中の地区一覧や、過去の実施状況も掲載されています。
神奈川県や近辺にお住まいの方は、実際に見に行ってみるのも楽しいと思います。

今回は、たまたま神奈川県のサイトを見つけました。
しかし、神奈川県でだけ区画整理が流行っているわけではありません。
皆さんの地元の都道府県や市町村のサイトにも、情報が掲載されていますので、ぜひ御覧になってみて下さい。
そして、近くの実例を実際に見に行ってみましょう。

「目で見る宅建」(メデタク)、楽しく学ぶための一つの方法です。

過去問徹底!スリー・ステップ教材の御案内

過去問の徹底分析から生み出された、「楽に」「確実に」合格するための教材。それが当社のスリー・ステップ学習教材です。
この教材は、学習の進行を三段階(スリー・ステップ)に分け、御自分に合った段階からスタートできるように設計されています。

[Step.1]基本習得編
学習の最初の段階、正しい知識を分かりやすい流れの中で学んでいく段階です。ここでは、DVDの講義を見て、合格に必要な基本知識を習得します。

[Step.2]実戦応用編
最初に一問一答式の問題集を解き、その後に解説講義を見ます。これにより、「Step.1で勉強した基礎知識が実際の本試験ではどのように出題されるか」、「選択肢の◯×を決める基準は何か」を身に付けます。

[Step.3]過去問演習編
年度別の本試験過去問を解き、その後に解説講義を見ます。学習の総仕上げとして、基本知識や解法テクニックを一層確実に、そして本試験で使えるレベルに仕上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です