宅建過去問解説DVD 13年分セットを発売中!

平成16年度版からコツコツ作成してきた「宅建解説DVD」。
今年度(平成28年)で13年目となりました。

新年度版の発売を記念し、13年分の教材をセット教材として販売しています。
(DVD26巻&CD1巻)

このセット教材、本来であれば、
1,944円×13=25,272円(税込)
のところ、
19,440円(税込)
で販売しています。
(12月22日(木)までの期間限定)
(好評につき1月13日(金)まで延長)

この機会をお見逃しなく!
■ビーグッド教育企画のWebストア


教材の詳細は、以下の通りです。


平成16年度から28年度まで(13年度分)の解説DVDと解説冊子のセット商品です。

通常価格

 

1,944円×13(年度分)=25,272円(税込み)
特別価格

 

19,440円(税込み)
特別価格は、通常価格10年度分のお値段です。

【商品構成】DVD26巻及びCD1巻

年度
DVD
CD
16
2巻
1巻
17
2巻
18
2巻
19
2巻
20
2巻
21
2巻
22
2巻
23
2巻
24
2巻
25
2巻
26
2巻
27
2巻
28
2巻
合計
26巻
1巻

※DVD収録時間は各巻とも1時間40分~2時間、CDには13年度分の『解説冊子』(各年度とも110ページ程度)を収録してあります。

1.基本知識のチェックに役立つ

問題中の人物関係を図示し、基本知識も図表でビジュアル化するなど、図解をふんだんに取り入れていますので、「基本知識」の習得が可能です。

冊子イメージ

2.類似過去問をキッチリ整理

解説冊子では、平成元年以降の過去問について選択肢単位で類似問題を指摘・整理してあります。これらを集中的に解くことにより、曖昧な知識を確実にし、苦手なテーマを理解することが可能です。

冊子イメージ

3.選択肢の正誤判定もスッキリ

動画の画面上では、「この部分が誤りの記述である」という箇所に赤色のアンダーラインを引いています。また、「今回は正しく出題されているが、ヒッカケになる可能性も高い記述である」箇所には、黄色のアンダーラインが引かれています。
赤・黄のアンダーラインを確認し、必要に応じて、自分の手で問題文に書き込むことにより、選択肢の正誤を見極める「選球眼」が身につきます。

DVDイメージ

宅建過去問解説DVD 13年分セットを発売中!” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 家坂 圭一 より:

    抽象的 太郎様

    講師の家坂です。
    当社の教材をお褒めいただき、誠にありがとうございます。
    残念ながら、「13年分セット」の販売期間は終わってしまったのですが、単年度ずつお求めいただいてももちろん内容は変わりません。

    『過去問解説DVD』など当社の教材が、より多くの受験生様のお役に立てますよう、今後も充実に努めてまいります。
    この度は、誠にありがとうございました。

  2. 抽象的 太郎 より:

    この13年分はいいと思います。 住宅新報社のテキストは最強に情報量が多いのですが、構成が初めて受験するには、骨が折れる。

    しかしこのDVDと併用する事で宅建学習が最強になるんです。なんてたって13年分13年分!
    ちなみに私は28年合格組ですが、テキストだけだと訳が解らず、疑問が疑問を生み、糸が絡まったような状態になった時に先生の解説を参照して、何回か当該項目の箇所を見ていると突然理解できる事がたくさんありました。根抵当権などほんとに助けられました。借地借家法もそうです。

    大手の予備校に行くのはお金持ちだけで良いと思うし、今の時代ん~十万円払える人そんなにいないし行ったところで勉強しなければドブに捨てるのと同じ。独学でもそんなに合格率変わんないと思う。予備校行っても落ちるひと大勢いるし、独学でも受かるひと大勢いるし。
    確かに言える事は最強のテキストと最強の解説が必要です。
    次世代の宅建士にアドバイスするなら「ズブの素人が1年で合格したいならこのDVDと問題集をできるだけ回転させろ!」やって忘れやって忘れの繰り返し。
    そしてその努力はちゃんと合格の女神があなた方の頬にキスをしてくれる。
    わたしがそうだった様に。
                                    
                                抽象的 太郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です