松浦 公明さんの合格体験記

宅建試験合格体験記

お名前 松浦 公明さん
年代 60代
御職業 その他
受験回数 ?

 

2017年度宅建試験に合格出来ました!昨年不合格でリベンジの為に勉強方法の変更が必要と考えて、今年利用したL予備校以外に何か別の講座等が無いかとWebを検索した所、貴社のサイトを発見した即内容を見たら、問題ごとに細かい解説動画と要点等のポイントが掲載されておりDVDを購入して勉強をしました。
講座を受けた感想は、講師の指摘通り「基本知識が大事」を思いました。何度も同じ問題の個所をチェックしました。
宅建試験では過去問が大事だと言われますが、闇雲に問題を解いても得点は伸びないと思います。
貴社の教材を使用して本試験臨みました、試験の途中何度も心が折れましたが今年こそ試験に合格するぞと言念じて頑張りました!

(合格体験記は、お送りいただいた文章のまま掲載しています。)

家坂講師から

昨年不合格のリベンジ成功、おめでとうございます。

問題ごとに細かい解説動画と要点等のポイントが掲載されており

とお褒めいただき、ありがとうございます。この点がまさに当社の教材の特長です。
一般に過去問解説というのは、「答え合わせの参考」程度のものになりがちです。
しかし、過去問演習は、「つぎの試験で出題されたら正解できる」ことを目指すためのものであるはずです。そこで、当社の解説では、「悩み、迷った問題でも、この解説を読めば分かる」というレベルの解説を揃えたつもりです。

宅建試験では過去問が大事だと言われますが、闇雲に問題を解いても得点は伸びない

というお言葉も、宅建合格への本質をつかんだものだと思います。
そうです。
「こんどの試験でどのように出題されるか。」「その場合にどうやって対処するか。」を学ぶのが過去問を繰り返すことの意義なのです。

過去問徹底!スリー・ステップ教材の御案内

過去問の徹底分析から生み出された、「楽に」「確実に」合格するための教材。それが当社のスリー・ステップ学習教材です。
この教材は、学習の進行を三段階(スリー・ステップ)に分け、御自分に合った段階からスタートできるように設計されています。

[Step.1]基本習得編
学習の最初の段階、正しい知識を分かりやすい流れの中で学んでいく段階です。ここでは、DVDの講義を見て、合格に必要な基本知識を習得します。

[Step.2]実戦応用編
最初に一問一答式の問題集を解き、その後に解説講義を見ます。これにより、「Step.1で勉強した基礎知識が実際の本試験ではどのように出題されるか」、「選択肢の◯×を決める基準は何か」を身に付けます。

[Step.3]過去問演習編
年度別の本試験過去問を解き、その後に解説講義を見ます。学習の総仕上げとして、基本知識や解法テクニックを一層確実に、そして本試験で使えるレベルに仕上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です