【宅建過去問】(平成02年問01)建物に関する知識

建築物の敷地及び構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

法改正により正解が存在しません。

  1. 建築物の敷地は、原則としてこれに接する道路の境より高くなければならない。
  2. 湿潤な土地、出水のおそれの多い土地に建築物を建築する場合は、盛土、地盤の改良などの措置を講じなければならない。
  3. 高さ15mの建築物は、原則としてその主要構造部をコンクリートブロック造としてよい。
  4. 延べ面積5,000m2の建築物は、主要構造部のうち床を木造としてよい。

正解:なし(出題当時は「3」が正解)

1 正しい

建築物の敷地は、これに接する道の境より高くなければならず、建築物の地盤面は、これに接する周囲の土地より高くなければならない(建築基準法19条1項)。

■類似過去問(敷地の衛生及び安全)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
109-25-1建築物の敷地には、雨水及び汚水を排出し、又は処理するための適当な下水管、下水溝又はためますその他これらに類する施設をしなければならない。
202-01-1建築物の敷地は、原則としてこれに接する道路の境より高くなければならない。
302-01-2湿潤な土地、出水のおそれの多い土地に建築物を建築する場合は、盛土、地盤の改良などの措置を講じなければならない。

2 正しい

湿潤な土地、出水のおそれの多い土地又はごみその他これに類する物で埋め立てられた土地に建築物を建築する場合においては、盛土、地盤の改良その他衛生上又は安全上必要な措置を講じなければならない(建築基準法19条2項)。

■類似過去問(敷地の衛生及び安全)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
109-25-1建築物の敷地には、雨水及び汚水を排出し、又は処理するための適当な下水管、下水溝又はためますその他これらに類する施設をしなければならない。
202-01-1建築物の敷地は、原則としてこれに接する道路の境より高くなければならない。
302-01-2湿潤な土地、出水のおそれの多い土地に建築物を建築する場合は、盛土、地盤の改良などの措置を講じなければならない。

4 正しい

主要構造部のうち柱・はり・壁などが木造、プラスチック造であるものを「木造建築物等」と呼ぶ。このうち、(1)高さ13mもしくは軒の高さ9m超のもの、又は、(2)延べ面積が3,000m2を超えるもの、を「大規模木造建築物等」という。

大規模木造建築物等のうち、(2)延べ面積が3,000m2を超えるものについては、耐火構造又は政令で定める技術的基準に適合するものにする必要がある(建築基準法21条2項、2条9号の2イ)。そして、この技術的水準(同法施行令108条の3)をみたしている限り、主要構造部が木造であっても、構わない。

したがって、延べ面積5,000m2の建築物の床を木造とすることも可能である。

■類似過去問(木造建築物)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
118-49-1木造建築物において、木造の外壁のうち、鉄網モルタル塗その他軸組が腐りやすい構造である部分の下地には、防水紙その他これに類するものを使用しなければならない。
218-49-32階建ての木造建築物の土台は、例外なく、基礎に緊結しなければならない。×
318-49-4木造建築物において、はり、けたその他の横架材の中央部附近の下側に耐力上支障のある欠込みをする場合は、その部分を補強しなければならない。×
414-50-1木造の建築物に、鉄筋の筋かいを使用してはならない。×
512-50-3木造建築物の継手及び仕口は、外部に露出しているため意匠の面を最も重視しなければならない。×
612-50-4木造建築物の柱は、張り間方向及びけた行方向それぞれについて小径を独立に算出したうえで、どちらか大きな方の値の正方形としなければならない。×
710-48-2木造建築物の設計においては、クリープ(一定過重のもとで時間の経過とともに歪みが増大する現象)を考慮する必要がある。
810-48-4木造建築物を鉄筋コンクリート造の布基礎とすれば、耐震性を向上させることができる。
909-49-1木造2階建の建築物で、隅柱を通し柱としない場合、柱とけた等との接合部を金物で補強することにより、通し柱と同等以上の耐力をもつようにすることができる。
1009-49-2平面形状が長方形の木造建築物の壁は、多くの場合張り間方向とけた行方向とで風圧力を受ける面積が異なるので、それぞれ所定の計算方式により算出して耐力壁の長さを決める必要がある。
1108-22-2木造建築物の構造設計用の荷重として、地震力より風圧力の方が大きく設定される場合がある。
1208-22-3木造建築物の耐震性を向上させるには、軸組に筋かいを入れるほか、合板を打ち付ける方法がある。
1308-22-4木造建築物において、地震力の大きさは、見付面積の大きさより屋根の重さに大きく影響を受ける。
1402-01-4
延べ面積5,000m2の建築物は、主要構造部のうち床を木造としてよい。

>>年度目次に戻る

過去問を活用した合格作戦

過去問を徹底的に研究することで、「楽に」「確実に」合格する、
というこのサイトを、学習方法として具体化する方法は?
この点を説明した「ガイダンス動画」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です