7月
11
1990

【宅建過去問】(平成02年問14)区分所有法

【過去問本試験解説】発売中

建物の区分所有等に関する法律(以下この問において「区分所有法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 区分所有法第3条に規定する団体(管理組合)は、区分所有者が2人以上であるとき、所定の手続きを経て法人となることができるが、その際監事を置かなければならない。
  2. 規約は、区分所有者及び議決権の各3/4以上の多数による集会の決議でのみ設定することができ、最初に建物の専有部分の全部を所有する分譲業者は、規約を設定することはできない。
  3. 区分所有法は、建物の区分所有者相互間の関係について規定しており、区分所有者から専有部分を賃借している者等の占有者の権利及び義務については、規定していない。
  4. 共用部分の変更(その形状又は効用の著しい変更を伴わないものを除く。)は、区分所有者及び議決権の各3/4以上の多数による集会の決議で決められるが、この区分所有者の定数は、規約の定めによっても減じることはできない。

正解:1

1 正しい

管理組合は、区分所有者が2人以上であるとき、区分所有者及び議決権の各3/4以上の多数による集会の決議など所定の手続を経て法人(管理組合法人)となることができる(区分所有法47条1項)。この法人には、理事と監事を置かなければならない(同法49条、50条)。

2 誤り

最初に建物の専有部分の全部を所有する者は、公正証書により、建物の共用部分を定める規約を設定することができる(区分所有法32条)。

※もちろん、区分所有者及び議決権の各3/4以上の多数による決議で規約を設定することも可能である(区分所有法31条1項前段)。

■類似過去問(公正証書による規約の設定)
  • 平成21年問13肢4(区分所有権を譲り受け専有部分全部を所有することになった者は、公正証書により規約を設定できる:×)
  • 平成19年問15肢2(最初に専有部分の全部を所有する者は、公正証書により、共用部分を定める規約を設定できる:◯)
  • 平成13年問15肢1(最初に専有部分の全部を所有する者は、公正証書により、共用部分の持分割合を定める規約を設定できる:×)
  • 平成02年問14肢2(最初に専有部分の全部を所有する分譲業者は、規約を設定できない:×)
■類似過去問(規約の設定、変更及び廃止)
  • 平成13年問15肢2(一部共用部分に関する事項で区分所有者全員の利害に関係しないものについての区分所有者全員の規約の設定、変更、又は廃止は、当該一部共用部分を共用すべき区分所有者全員の承諾を得なければならない:×)
  • 平成07年問14肢4(規約の変更が一部の区分所有者の権利に特別の影響を及ぼす場合で、その区分所有者の承諾を得られないときは、区分所有者及び議決権の各3/4以上の多数による決議を行うことにより、規約の変更ができる:×)
  • 平成06年問14肢3(建物の管理に要する経費の負担については、規約で定めることができ、規約の設定は、区分所有者及び議決権の各3/4以上の多数による集会の決議によってなされる:◯)
  • 平成02年問14肢2(規約は、区分所有者及び議決権の各3/4以上の多数による集会の決議でのみ設定することができ、最初に建物の専有部分の全部を所有する分譲業者は、規約を設定することはできない:×)

3 誤り

占有者にも、集会における意見陳述権などの権利が認められている(区分所有法44条1項)。一方、占有者は、建物・敷地・附属施設の使用方法につき、区分所有者が規約又は集会の決議に基づいて負う義務と同一の義務を負う(区分所有法46条2項)。

■類似過去問(規約・集会決議の効力)

4 誤り

共用部分の重大な変更を行うためには、区分所有者及び議決権の各3/4以上の多数による集会の決議が必要である(区分所有法17条1項)。 ただし、「区分所有者の定数」については、規約で過半数まで減ずることができる(同項但書)。

※「議決権」を減ずることはできない点に注意。

■類似過去問(共用部分の変更)
  • 平成24年問13肢2(共用部分の重大な変更につき、規約で、区分所有者の定数・議決権を過半数まで減ずることができる:×)
  • 平成12年問13肢3(共用部分の重大な変更につき、集会の決議以外の方法で決することはできない:◯)
  • 平成10年問13肢2(共用部分の軽微な変更については、区分所有者の定数・議決権の各過半数による集会の決議で決する:◯)
  • 平成08年問14肢3(共用部分の変更が専有部分の使用に特別の影響を及ぼす場合、その専有部分の所有者の承諾を得なければならない:◯)
  • 平成07年問14肢1(共用部分の重大な変更につき、規約で、議決権を過半数まで減ずることができる:×)
  • 平成02年問14肢4(共用部分の重大な変更につき、規約で、区分所有者の定数を減ずることはできない:×)

>>年度目次に戻る

Written by 家坂 圭一 in: 平成02年過去問,区分所有法 |

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2005- 株式会社ビーグッド教育企画 All Rights Reserved.
Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com WordPress Themes