7月
11
1991

【宅建過去問】(平成03年問43)営業保証金

【過去問本試験解説】発売中

Aは、平成3年1月8日に宅地建物取引業の免許を受け、同年2月8日にBに宅地を売却し、同年3月8日に営業保証金を供託した旨の届出をし、同年4月8日にCに宅地を売却し、同年5月8日に宅地建物取引業保証協会の社員となり、同年6月8日にDに宅地を売却し、同年7月8日に営業保証金供託済の届出前に事業を開始し、その情状が特に重いとして宅地建物取引業の免許を取り消された。この場合において、Aとの取引により生じた債権について、宅地建物取引業保証協会が供託した弁済業務保証金から弁済を受ける権利を有する者をすべて掲げているものは、次の記述のうちどれか。

  1. B・C・D
  2. C・D
  3. なし

正解:1

状況のまとめ

文章のままでは、分かりにくいので、時系列の表にまとめてみよう。

  免許関係 Aの業務 
1/8 免許取得
2/8 Bに宅地を売却
3/8 保証金供託の届出
4/8 Cに宅地を売却
5/8 保証協会加入
6/8 Dに宅地を売却
7/8 免許取消処分

最終的に要求されているのは、「保証協会が供託した弁済業務保証金から弁済を受ける権利を有する者」をすべて掲げることである。

まず、宅建業者Aが、保証協会に加入した後の6/8にAと取引ししたDが、弁済業務保証金から弁済を受けることができる点は疑いがない。
そして、宅建業者が保証協会に加入する前に、宅建業に関して取引した者も、弁済業務保証金から弁済を受けることができる(宅地建物取引業法64条の8第1項)。つまり、宅建業者Aが保証協会に加入する5/8以前に、Aと取引したBやCも、弁済業務保証金から弁済を受けることができる。

以上より、B・C・Dの3人全てが、弁済業務保証金から弁済を受ける権利を有する。

■類似過去問(社員になる前の取引)

>>年度目次に戻る

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2005- 株式会社ビーグッド教育企画 All Rights Reserved.
Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com WordPress Themes