【宅建過去問】(平成04年問03)無権代理

Aの所有する不動産について、Bが無断でAの委任状を作成して、Aの代理人と称して、善意無過失の第三者Cに売却し、所有権移転登記を終えた。この場合、民法の規定によれば、次の記述のうち正しいものはどれか。

  1. Cが善意無過失であるから、AC間の契約は、有効である。
  2. AC間の契約は有効であるが、Bが無断で行った契約であるからAは、取り消すことができる。
  3. Cは、AC間の契約を、Aが追認するまでは、取り消すことができる。
  4. AC間の契約は無効であるが、Aが追認をすれば、新たにAC間の契約がなされたものとみなされる。

正解:3

無権代理の場合の相手方の権限を、主観別に分けてまとめておく。
なお、表見代理も相手方が「善意無過失」の場合にしか成立しない。合わせてここでまとめておこう。

相手方の主観

注意

悪意 善意
有過失
善意
無過失
無権代理 本人への
催告

本人から確答ないときは追認拒絶。
契約の
取消

(肢2・3)
× 本人が追認をしない間に限り可能。
代理人の責任追及 × × 代理人に行為能力がない場合は適用なし。
表見代理の成立 × ×

1 誤り

本問のケースでは、代理権授与表示・権限外の行為・代理権消滅後のいずれの要件もみたさないから、表見代理は成立しない。つまり、Bの行為は、無権代理行為である。
したがって、本人Aが追認しない限り、AC間の契約は効力を生じない(民法113条1項)。

■類似過去問(無権代理行為の追認)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
126-02-ア無権代理行為を本人が追認する場合、契約の効力は、追認をした時から将来に向かって生ずる。×
224-04-1無権代理行為を本人が追認した場合、売買契約は有効となる。
317-03-ウ無権代理行為を本人が追認した場合、売買契約は有効となる。
414-02-4無権代理行為を本人が追認した場合、売買契約は有効となる。
511-07-1本人は無権代理行為を相手方に対して追認することができる。
609-01-1無権代理行為を本人または相手方が追認した場合、売買契約は有効となる。×
706-04-3本人の追認により契約は有効となるが、その追認は相手方に対して直接行うことを要し、無権代理人に対して行ったときは、相手方がその事実を知ったとしても、契約の効力を生じない。×
804-03-1相手方が善意無過失であれば、無権代理行為は有効。×
904-03-4無権代理行為は無効であるが、本人が追認すれば、新たな契約がなされたとみなされる。×

2 誤り

AC間の契約は、本人Aが追認しない限り、効力を生じない(民法113条1項。肢1参照)。したがって、本肢は、「AC間の契約は有効」とする点が第一の誤り。
また、AC間の契約を取り消すことができるのは、相手方Cである。Aには、追認権・追認拒絶権があるだけで、取消権は有していない。これが第二の誤りである。

■類似過去問(無権代理:相手方の取消権)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
118-02-3本人が無権代理行為を追認しない間は、相手方は契約を取消可能。ただし、相手方が悪意のときには取消不能。
209-01-2無権代理人は、本人の追認のない間は、契約を取り消すことができる。×
305-02-1本人が追認するまでの間、相手方は、無権代理について悪意であっても、契約を取り消すことができる。×
405-02-3相手方は、無権代理について善意無過失であれば、本人が追認しても、契約を取り消すことができる。×
504-03-2無権代理行為は有効であるが、本人が取り消すことができる。×
604-03-3善意無過失の相手方は、本人が追認するまでは、契約を取り消すことができる。
702-05-4BがAに代理権を与えていなかった場合は、相手方Cは、そのことについて善意であり、かつ、Bの追認がないとき、当該売買契約を取り消すことができる。

3 正しい

無権代理につき善意である相手方Cは、本人Aが追認をしない間は、契約を取り消すことができる(民法115条)。
本問のCは、善意無過失であるから、AC間の契約を取り消すことができる。

■類似過去問(無権代理:相手方の取消権)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
118-02-3本人が無権代理行為を追認しない間は、相手方は契約を取消可能。ただし、相手方が悪意のときには取消不能。
209-01-2無権代理人は、本人の追認のない間は、契約を取り消すことができる。×
305-02-1本人が追認するまでの間、相手方は、無権代理について悪意であっても、契約を取り消すことができる。×
405-02-3相手方は、無権代理について善意無過失であれば、本人が追認しても、契約を取り消すことができる。×
504-03-2無権代理行為は有効であるが、本人が取り消すことができる。×
604-03-3善意無過失の相手方は、本人が追認するまでは、契約を取り消すことができる。
702-05-4BがAに代理権を与えていなかった場合は、相手方Cは、そのことについて善意であり、かつ、Bの追認がないとき、当該売買契約を取り消すことができる。

4 誤り

無権代理による契約の効果は本人に帰属しないのが原則である(民法113条)。すなわち、AC間の契約は、原則として無効である。
しかし、無権代理であっても本人が追認すると、当初より有効な代理行為があったものとされ、契約は有効になる(民法116条)。
「当初から有効」と考えるのであって、「新たにAC間の契約がなされたものとみなされる」わけではない。

■類似過去問(無権代理行為の追認)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
126-02-ア無権代理行為を本人が追認する場合、契約の効力は、追認をした時から将来に向かって生ずる。×
224-04-1無権代理行為を本人が追認した場合、売買契約は有効となる。
317-03-ウ無権代理行為を本人が追認した場合、売買契約は有効となる。
414-02-4無権代理行為を本人が追認した場合、売買契約は有効となる。
511-07-1本人は無権代理行為を相手方に対して追認することができる。
609-01-1無権代理行為を本人または相手方が追認した場合、売買契約は有効となる。×
706-04-3本人の追認により契約は有効となるが、その追認は相手方に対して直接行うことを要し、無権代理人に対して行ったときは、相手方がその事実を知ったとしても、契約の効力を生じない。×
804-03-1相手方が善意無過失であれば、無権代理行為は有効。×
904-03-4無権代理行為は無効であるが、本人が追認すれば、新たな契約がなされたとみなされる。×

>>年度目次に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です