7月
11
1993

【宅建過去問】(平成05年問02)無権代理

【過去問本試験解説】発売中

Aの子BがAの代理人と偽って、Aの所有地についてCと売買契約を締結した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

  1. Aが売買契約を追認するまでの間は、Cは、Bの無権代理について悪意であっても、当該契約を取り消すことができる。
  2. Aが売買契約を追認しないときは、Cは、Bの無権代理について善意であれば、過失の有無に関係なく、Bに対し履行の請求をすることができる。
  3. Cは、Bの無権代理について善意無過失であれば、Aが売買契約を追認しても、当該契約を取り消すことができる。
  4. Aが死亡してBがAを単独で相続した場合、Bは、Aが売買契約を追認していなくても、Cに対して当該土地を引き渡さなければならない。

正解:4

無権代理の場合の相手方の権限を、主観別に分けてまとめておく。
なお、表見代理も相手方が「善意無過失」の場合にしか成立しない。合わせてここでまとめておこう。

相手方の主観

注意

悪意 善意
有過失
善意
無過失
無権代理 本人への
催告

本人から確答ないときは追認拒絶。
契約の
取消

(肢1・3)
× 本人が追認をしない間に限り可能。
代理人の責任追及
(肢2)
× × 代理人に行為能力がない場合は適用なし。
表見代理の成立 × ×

1 誤り

無権代理につき善意である相手方Cは、本人Bが追認をしない間は、契約を取り消すことができる(民法115条)。
本肢のケースでは、「Cは、Bの無権代理について悪意」というのだから、取消は不可能である。

■類似過去問(無権代理:相手方の取消権)
  • 平成18年問02肢3(本人が無権代理行為を追認しない間は、相手方は契約を取消可能。ただし、相手方が悪意のときには取消不能:◯)
  • 平成09年問01肢2(無権代理人は、本人の追認のない間は、契約を取り消すことができる:×)
  • 平成05年問02肢1(本人が追認するまでの間、相手方は、無権代理について悪意であっても、契約を取り消すことができる:×)
  • 平成05年問02肢3(相手方は、無権代理について善意無過失であれば、本人が追認しても、契約を取り消すことができる:×)
  • 平成04年問03肢2(無権代理行為は有効であるが、本人が取り消すことができる:×)
  • 平成04年問03肢3(善意無過失の相手方は、本人が追認するまでは、契約を取り消すことができる:◯)
  • 平成02年問05肢4(BがAに代理権を与えていなかった場合は、相手方Cは、そのことについて善意であり、かつ、Bの追認がないとき、当該売買契約を取り消すことができる:◯)

2 誤り

相手方Cが本人Bの無権代理につき善意無過失である場合で、本人Bの追認を得られないときは、Cは、無権代理人Aに対し履行または損害賠償の責任を追及することができる(民法117条)。「過失の有無に関係なく」履行の請求ができるわけではない。

■類似過去問(無権代理人の責任追及)
  • 平成18年問02肢4(本人が無権代理行為を追認しない場合、無権代理人は相手方の選択に従い、契約履行または損害賠償責任を負う。ただし、相手方が契約時に悪意の場合は責任を負わない:◯)
  • 平成11年問07肢4(表見代理に該当する場合でも、相手方は無権代理を主張し、無権代理人に対し損害賠償請求できる場合がある:◯)
  • 平成09年問01肢4(本人が追認を拒絶した場合、無権代理人が自ら契約を履行する責任を負うことがある:◯)
  • 平成05年問02肢2(本人が追認しないときは、相手方は、無権代理につき善意であれば過失の有無に関係なく、無権代理人に履行を請求できる:×)
  • 平成02年問05肢1(本人BがAに代理権を与えていなかった場合は、相手方Cは、そのことについて善意無過失であり、かつ、Bの追認がないとき、Aに対して契約の履行の請求又は損害賠償の請求をすることができる:◯)

3 誤り

無権代理につき善意である相手方Cは、本人Bが追認をしない間は、契約を取り消すことができる(民法115条)。
本肢の相手方Cは、全イムカ室であるが、すでに本人Aが追認している以上、もはや取消は不可能である。

■類似過去問(無権代理:相手方の取消権)
  • →肢1

4 正しい

無権代理において、本人が死亡して無権代理人が単独でこれを相続した場合、その無権代理は相続によって当然に有効となり、無権代理人は本人の地位で追認拒絶をすることはできない、とするのが判例である(最判昭40.06.18)。
本肢のケースでいえば、本人Aの死亡により、無権代理行為は当然に有効になる。無権代理人であり単独相続人であるBが、追認拒絶をすることはできない。

■類似過去問(無権代理人が本人を単独相続した場合)
  • 平成24年問04肢2(本人が死亡し無権代理人が単独で相続した場合、無権代理人は追認拒絶が可能:×)
  • 平成20年問03肢3(本人が死亡し無権代理人が単独で相続した場合、無権代理行為は当然有効となる:◯)
  • 平成05年問02肢4(本人が死亡し無権代理人が単独で相続した場合、無権代理行為は当然有効となる:◯)

>>年度目次に戻る

Written by 家坂 圭一 in: 平成05年過去問,民法 |

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2005- 株式会社ビーグッド教育企画 All Rights Reserved.
Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com WordPress Themes