【宅建過去問】(平成05年問36)免許の欠格要件

次の者のうち、宅地建物取引業の免許を受けることができるものはどれか。 A社―その取締役Bが、3年前に、刑法第233条(業務妨害)の罪を犯し、罰金の刑に処せられ、その執行を終えた。 C社―その政令で定める使用人Dが、3年前 … 続きを読む 【宅建過去問】(平成05年問36)免許の欠格要件