【宅建過去問】(平成06年問33)統計

不動産及び不動産業についての統計に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 平成6年3月の地価公示(国土庁)によれば、平成5年1年間の大都市圏における地価下落率(対前年比)は商業地は前回に比べ縮小したが、住宅地は年間2桁の顕著な下落を示した。
  2. 住宅着工統計(建設省)のよれば、平成5年度の新設住宅着工戸数は、貸家が対前年比でマイナスとなったが、分譲住宅は対前年比で大幅に伸びている。
  3. 平成5年度の土地白書によれば、国土のほぼ9割を占める宅地・農用地及び森林・原野 3,243万ヘクタ-ルのうち、国公有地は約34パ-セント、私有地は約
    66 パ-セントである。

  4. 平成5年度の建設白書によれば、平成5年3月末の宅地建物取引業者数は、約14万業者であり、その約 3/4が法人である。

正解:1


>>年度目次に戻る

勝負の夏! 学習応援キャンペーン

願書の受付も完了し、学習に本腰を入れなければならないシーズンです。

学習意欲の高まった皆さまを支援するため、特別キャンペーンを開始しました。
13年分(平成16年~平成28年)の過去問解説が、10年分の価格でお求めいただけるチャンスです。
この機会をぜひ御活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です