【宅建過去問】(平成07年問01)土地に関する知識

土地に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

  1. 段丘は、水はけが良く、地盤が安定していることが多い。
  2. 台地の縁辺部は、集中豪雨の際、がけ崩れによる被害を受けることが多い。
  3. 自然堤防に囲まれた低地は、地盤が安定していることが多い。
  4. 旧河道は、地盤が軟弱、低湿で、地震や洪水による被害を受けることが多い。

正解:3

1 適当である

丘陵・段丘とは、地表面は比較的平坦であり、よく締まった砂礫・硬粘土からなり、地下水位は比較的深い地盤である。水はけがよく地盤が安定しているため、自然災害に対し安全であり、また、宅地に適している。

■類似過去問(段丘)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
125-49-3台地・段丘は、国土面積の約12%で、地盤も安定し、土地利用に適した土地である。
224-49-2台地や段丘上の浅い谷に見られる小さな池沼を埋め立てた所では、地震の際に液状化が生じる可能性がある。
321-49-2台地・段丘は、農地として利用され、また都市的な土地利用も多い。
418-50-2丘陵・段丘とは、地表面は比較的平坦であり、よく締まった砂礫・硬粘土からなり、地下水位は比較的深い地盤である。
507-01-1段丘は、水はけが良く、地盤が安定していることが多い。

2 適当である

丘陵や段丘の上の土地であれば、水はけがよく地盤が安定しているため、自然災害に対し安全であり、また、宅地に適している。
しかし、丘陵・台地の縁辺部(周辺部分。台地と平地の境目の崖のところ)では、集中豪雨の際に、がけ崩れ等が起こるリスクがある。また、丘陵・台地内の小さな谷間は、軟弱地盤であることが多く、これを埋土して造成された宅地(谷埋め盛土)では、地盤沈下や排水不良を生じることが多い。

■類似過去問(台地)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-49-4丘陵地や台地の縁辺部の崖崩れについては、山腹で傾斜角が25度を超えると急激に崩壊地が増加する。
227-49-3台地上の池沼を埋め立てた地盤は、液状化に対して安全である。×
326-49-4台地や丘陵の縁辺部は、豪雨などによる崖崩れに対しては、安全である。×
425-49-3台地・段丘は、国土面積の約12%で、地盤も安定し、土地利用に適した土地である。
524-49-1台地は、一般的に地盤が安定しており、低地に比べ自然災害に対して安全度は高い。
624-49-2台地や段丘上の浅い谷に見られる小さな池沼を埋め立てた所では、地震の際に液状化が生じる可能性がある。
721-49-2台地・段丘は、農地として利用され、また都市的な土地利用も多い。
816-50-4台地は、一般に水はけがよく地盤が安定しているので宅地に適する。
909-50-1丘陵地や台地内の小さな谷間は、軟弱地盤であることが多く、これを埋土して造成された宅地では、地盤沈下や排水不良を生じることが多い。
1007-01-2台地の縁辺部は、集中豪雨の際、がけ崩れによる被害を受けることが多い。

3 適当でない

自然堤防上の土地であれば、主に砂や小礫からなるため排水性がよく、また、地盤は安定し、支持力もあるため、宅地に適当な土地と評価できる。
しかし、本肢のテーマは、「自然堤防に囲まれた低地」、すなわち、後背湿地のような土地である。ここは、排水性が悪く、また地盤が軟弱であるため、宅地としては不適切である。

■類似過去問(自然堤防・後背湿地)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
119-49-2後背湿地は、自然堤防や砂丘の背後に形成される軟弱な地盤であり、水田に利用されることが多く、宅地としての利用は少ない。
218-50-4自然堤防とは、河川からの砂や小礫の供給が少ない場所に形成され、細かい粘性土や泥炭などが堆積した地盤である。×
314-49-3河川近傍の低平地で盛土を施した古い家屋が周辺に多いのは、洪水常習地帯である可能性が高い。
412-49-4自然堤防の背後に広がる低平地は、軟弱な地盤であることが多く、盛土の沈下が問題になりやすい。
508-01-3自然堤防は、主に砂や小礫からなり、排水性がよく地盤の支持力もあるため、宅地として良好な土地であることが多い。
607-01-3自然堤防に囲まれた低地は、地盤が安定していることが多い。×
703-01-3旧河道は軟弱地盤となっている所が多いが、自然堤防は、砂質や砂礫質の土からなり、比較的宅地に適している。
■類似過去問(低地)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
127-49-1我が国の低地は、ここ数千年の間に形成され、湿地や旧河道であった若い軟弱な地盤の地域がほとんどである。
227-49-2臨海部の低地は、洪水、高潮、地震による津波などの災害が多く、住宅地として利用するには、十分な防災対策と注意が必要である。
326-49-3沿岸地域は、津波や高潮などの被害を受けやすく、宅地の標高や避難経路を把握しておくことが必要である。
425-49-4低地は、国土面積の約25%であり、洪水や地震による液状化などの災害危険度は低い。×
523-49-3低地は一般に津波や地震などに対して弱く、防災的見地からは住宅地として好ましくない。
621-49-3低地は、大部分が水田として利用され、地震災害に対して安全である。×
721-49-4臨海部の低地は、水利、海陸の交通に恵まれているが、住宅地として利用するためには十分な防災対策が必要である。
807-01-3自然堤防に囲まれた低地は、地盤が安定していることが多い。×
901-01-1地表がほとんど平坦で、近くの河、湖、海などの水面との高低差がきわめて小さく、古い集落や街道がないような地形は、軟弱地盤であることが多い。

4 適当である

洪水などをきっかけに、蛇行していた川の流れが直線上にショートカットされ、その直線上の流れが以後の本流となることがある。この場合、もともと川が流れていたところを旧河道と呼ぶ。もともとは川であったのだから、粘土質であるなど地盤は軟弱である。地盤は軟弱で支持力が弱いため、宅地とするには不適切である。また、旧河道が取り残されて、湖となったものを、その形状から三日月湖と呼んでいる。

19-49-2 19-49-4
■類似過去問(旧河道)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
127-49-1我が国の低地は、ここ数千年の間に形成され、湿地や旧河道であった若い軟弱な地盤の地域がほとんどである。
226-49-1旧河道は、地震や洪水などによる災害を受ける危険度が高い所である。
319-49-4旧河道は、沖積平野の蛇行帯に分布する軟弱な地盤であり、建物の不同沈下が発生しやすい。
416-50-1旧河道は軟弱で水はけの悪い土が堆積していることが多く、宅地として選定する場合は注意を要する。
514-49-1旧河道でそれを埋める堆積物の上部が厚い粘土質からなるときは、軟弱地盤である可能性が高い。
608-01-4旧河道は、それを埋める堆積物の上部が厚い粘土質からなるとき、軟弱地盤となって地盤の支持力が小さく、宅地には不適当であることが多い。
707-01-4旧河道は、地盤が軟弱、低湿で、地震や洪水による被害を受けることが多い。
806-01-4旧河道は、なだらかな丘陵地より宅地として不適切である。
903-01-3旧河道は軟弱地盤となっている所が多いが、自然堤防は、砂質や砂礫質の土からなり、比較的宅地に適している。

>>年度目次に戻る

勝負の夏! 学習応援キャンペーン

願書の受付も完了し、学習に本腰を入れなければならないシーズンです。

学習意欲の高まった皆さまを支援するため、特別キャンペーンを開始しました。
13年分(平成16年~平成28年)の過去問解説が、10年分の価格でお求めいただけるチャンスです。
この機会をぜひ御活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です