【宅建過去問】(平成07年問22)建築基準法(用途制限)

建築物の用途制限に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。ただし、特定行政庁の許可については考慮しないものとする。

  1. 第一種低層住居専用地域内においては、保育所を建築することができない。
  2. 第二種中高層住居専用地域内においては、水泳場を建築することができる。
  3. 第一種住居地域内においては、原動機を使用する工場で作業場の床面積の合計が100m2 であるものを建築することができない。
  4. 近隣商業地域内においては、床面積の合計が100m2 の料理店を建築することができる。

正解:3

1 誤り

第一種低層住居専用地域内において、保育所を建築することができる。

巡査派出所、神社・寺院・教会、
公衆浴場、診療所、保育所
一低 二低 一中 二中 一住 二住 準住
近商 商業 準工 工業 工専

2 誤り

第二種中高層住居専用地域内において、水泳場を建築することはできない。

ボーリング場、スケート場、水泳場
一低 二低 一中 二中 一住 二住 準住
× × × ×
近商 商業 準工 工業 工専
×

3 正しい

第一種住居地域内においては、原動機を使用する工場で作業場の床面積の合計が100m2 であるものを建築することができない。

作業場の床面積50m2超の原動機を使用する工場
一低 二低 一中 二中 一住 二住 準住
近商 商業 準工 工業 工専
× ×

4 誤り

近隣商業地域内において、料理店を建築することはできない。

キャバレー、料理店、ナイトクラブ、ダンスホール
一低 二低 一中 二中 一住 二住 準住
× × × × × × ×
近商 商業 準工 工業 工専
× × ×

>>年度目次に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です