7月
08
1996

【宅建過去問】(平成08年問29)登録免許税

【過去問本試験解説】発売中

A(個人)は、自己を権利者とする地上権の設定の登記がされている土地をその土地の所有者であるBから売買により取得した。この場合におけるBからAへの当該土地の所有権の移転の登記に係る登録免許税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 納税義務を負うのは、Aのみである。
  2. 課税標準である土地の価額は、その土地について地上権が設定されていないものとした場合の土地の価額から地上権の価額を控除した額による。
  3. 税率は、登録免許税法別表第1において不動産の所有権の移転の登記に係る税率として定められている割合に50/100を乗じて計算した割合である。
  4. 当該登記を受ける場合の納税地は、A又はBのいずれかの住所を選択することができる。

正解:3

1 誤り

登録免許税の納税義務者は不動産の登記を受ける者である(登録免許税法3条)。
土地の売買でいえば、売主が登記義務者、買主が登記権利者であり、双方が「登記を受ける者」にあたる。
両者の納付義務は連帯債務である。

■類似過去問(登録免許税:納税義務者)
  • 平成14年問27肢4土地の売買に係る登録免許税の納税義務は、土地を取得した者にはなく、土地を譲渡した者にある:×)
  • 平成08年問29肢1土地の売買に係る登録免許税の納税義務を負うのは、土地を取得した者のみである:×)

2 誤り

不動産等の上に所有権以外の権利その他処分の制限が存するときは、当該権利その他処分の制限がないものとした場合の価額による(登録免許税法10条1項)。地上権の価額を控除する必要はない。

■類似過去問(軽減措置:課税標準)
  • 平成21年問23肢3(課税標準は、売買契約書記載の取引価格である:×)
  • 平成14年問27肢2(課税標準は、売買契約書記載の取引価格である:×)
  • 平成08年問29肢2(地上権が設定されている土地に関する課税標準は、地上権が設定されていないとした場合の土地の価額から地上権の価額を控除した額による:×)

3 正しい

地上権・賃借権などの登記がされている土地について、その権利の登記名義人が土地の取得に伴い所有権の移転の登記を受けるときは、登録免許税の税率が50/100となる(登録免許税法17条4項)。

4 誤り

登録免許税の納税地は、納税義務者が受ける登記等の事務をつかさどる登記所である(登録免許税法8条1項)。
土地の譲渡人や譲受人の住所ではない。


>>年度目次に戻る

Written by 家坂 圭一 in: 平成08年過去問,登録免許税 |

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2005- 株式会社ビーグッド教育企画 All Rights Reserved.
Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com WordPress Themes