【宅建過去問】(平成09年問08)使用貸借

Aが、親友であるBから、B所有の建物を「2年後に返還する」旨の約定のもとに、無償で借り受けた。この場合、民法の規定によれば、次の記述のうち正しいものはどれか。

  1. Bが、Aの借受け後に当該建物をCに譲渡し登記を移転した場合、Cは、Aの借受け時から2年間は、Aに対し当該建物の返還を請求することはできない。
  2. 2年の期間満了時において、Bの返還請求に正当事由がない場合には、Aは、従前と同一の条件で、さらに2年間当該建物を無償で借り受けることができる。
  3. 2年の期間満了前にAが死亡した場合には、Aの相続人は、残りの期間についても、当該建物を無償で借り受ける権利を主張することはできない。
  4. Aは、当該建物につき通常の必要費を支出した場合には、Bに対し、直ちにそれを償還するよう請求することができる。

正解:3

1 誤り

使用貸借において、借主が新所有者に対し、使用借権を対抗する方法は、存在しない。
したがって、新所有者Cは、借主Aに対して、いつでも建物の返還を請求することができる。

■類似過去問(使用貸借:対抗力)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
121-12-3目的不動産の譲渡があった場合、引渡しがあったとしても、譲受人に使用借権を主張できない。
219-13-2目的不動産の譲渡があった場合、譲受人は、借主に対して、建物収去と土地明渡しを請求できる。
317-10-2目的不動産の譲渡があった場合、引渡しを受けていれば、譲受人に使用貸借契約を対抗できる。×
409-08-1目的不動産の譲渡があった場合、譲受人は、譲渡人との契約期間の間は返還を請求できない。×

2 誤り

使用貸借において、借主は、契約に定めた時期に、借用物の返還をしなければならない(民法597条1項)。
賃貸借の場合と違って、更新の手続は存在しない。

■類似過去問(使用貸借:返還の時期)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
121-12-2返還時期の定めがない場合、貸主はいつでも返還請求できる。×
217-10-4使用収益をするのに足りる期間が経過すれば、貸主はいつでも返還請求できる。
309-08-2契約期間満了時、貸主の返還請求に正当事由がない場合、契約は更新される。×

3 正しい

使用借権は、借主の死亡によってその効力が失われる(民法599条)。使用借権は、相続されないから、Aの相続人が、使用借権を主張することはできない。

■類似過去問(使用貸借:相続)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
127-03-1借主が死亡した場合、使用貸借では契約が終了する。
221-12-4借主が死亡すると使用貸借契約は終了し、使用借権は相続されない。
317-10-1借主が死亡した場合、使用貸借契約は当然終了する。
413-06-2貸主又は借主が死亡した場合、使用貸借契約は効力を失う。×
509-08-3借主が死亡した場合、相続人は使用借権を主張できない。

4 誤り

使用貸借において、借主は、借用物の通常の必要費を負担する(民法595条1項)。
したがって、貸主Bに対して、償還請求することはできない。

■類似過去問(使用貸借)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
契約の成立
127-03-3使用貸借契約は要物契約である。
費用負担
127-03-2借主は、使用貸借では、通常の必要費を負担しなければならない。
209-08-4借主が、借用物の通常の必要費を支出した場合には、貸主に対し、直ちに償還請求できる。×
担保責任
127-03-4使用貸借契約では、貸主は借主に対して担保責任を負わない。×

>>年度目次に戻る

過去問を活用した合格作戦

過去問を徹底的に研究することで、「楽に」「確実に」合格する、
というこのサイトを、学習方法として具体化する方法は?
この点を説明した「ガイダンス動画」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です