【宅建過去問】(平成09年問10)遺留分

遺留分に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているのはどれか。

  1. 被相続人Aの配偶者BとAの弟Cのみが相続人であり、Aが他人Dに遺産全部を遺贈したとき、Bの遺留分は遺産の\frac{3}{8}、Cの遺留分は遺産の\frac{1}{8}である。
  2. 遺留分の減殺請求は、訴えを提起しなくても、内容証明郵便による意思表示だけでもすることができる。
  3. 相続が開始して9年6ヵ月経過する日に、はじめて相続の開始と遺留分を害する遺贈のあったことを知った遺留分権利者は、6ヵ月以内であれば、遺留分の減殺請求をすることができる。
  4. 被相続人Eの生前に、Eの子Fが家庭裁判所の許可を得て遺留分の放棄をした場合でも、Fは、Eが死亡したとき、その遺産を相続する権利を失わない。

正解:1

1 誤り

兄弟には遺留分がない(民法1028条)。したがって、本肢のCは、遺留分を主張できず、遺留分を有するのは、配偶者Bのみである。

※配偶者のみが遺留分権利者の場合、遺留分(全体)は、被相続人の財産の1/2である(同条2号)。そして、遺留分権利者はBだけだから、その全てがBの遺留分となる。

■類似過去問(遺留分権利者)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
124-10-4甥姪は遺留分を主張できない。
218-12-2配偶者・子は遺留分主張可能。兄弟姉妹は不可。
317-12-4配偶者に全財産を相続させる遺言がある場合、子は遺留分権利者とならない。×
409-10-1配偶者・兄弟姉妹が遺留分を主張できる。×
504-13-2兄弟姉妹は遺留分を主張できる。×
602-11-3Aが死亡し、相続人として、妻Bと嫡出子C・D・Eがいる場合、Eの遺留分は、被相続人Aの財産の1/12の額である。

2 正しい

遺留分減殺請求権は、受贈者または受遺者に対する意思表示によって行使すれば足り、必ずしも裁判上の請求による必要はない(民法1031条。最判昭41.07.14)。

■類似過去問(遺留分減殺請求)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
120-12-1相続人の一部の遺留分を侵害する被相続人の遺言は、その限度で当然に無効である。×
220-12-3Aが死亡し、その遺言に基づき甲土地につきAから子Cに対する所有権移転登記がなされた後でも、子Bは遺留分に基づき減殺を請求することができる。
312-10-2Aは、「Aの財産をすべて子Bに遺贈する。子CはBに対して遺留分の減殺請求をしてはならない」旨の遺言をして、CをAの相続から排除することができる。×
412-10-4Aは、「Aの乙建物を子Cに相続させる」旨の遺言をした場合で、子Bの遺留分を害しないとき、これをC単独の所有に帰属させることができる。
509-10-2遺留分の減殺請求は、訴えを提起しなくても、内容証明郵便による意思表示だけでもすることができる。
607-11-2Aが遺産の全部を子Cに遺贈した場合も、子DからCに対して遺留分の減殺をすれば、Cは、その部分を除外した部分を承継するほかない。
702-11-2Aが遺産を子Cに遺贈していた場合、その遺贈は、配偶者B、子D及び子Eの遺留分を侵害した部分について、効力を生じない。×

3 正しい

遺留分の減殺請求権は、以下の場合に時効消滅する(民法1042条)。

  1. 遺留分権利者が、相続の開始および減殺すべき贈与または遺贈があったことを知った時から1年間行使しないとき
  2. 相続開始の時から10年を経過したとき

本肢のケースでは、6ヵ月以内に減殺請求をすれば、上の(1)(2)の双方をみたしている。

■類似過去問(減殺請求権の期間の制限)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
120-12-3土地の所有権移転登記がなされた後でも、遺留分減殺請求が可能である。
209-10-3相続開始9年6か月後に相続開始と遺留分を害する遺贈を知った遺留分権利者は、6か月以内であれば遺留分減殺請求できる。

4 正しい

家庭裁判所の許可を受ければ、相続の開始前に遺留分を放棄することができる(民法1043条1項)。しかし、この場合であっても、Fは、遺留分を放棄しただけであって、相続を放棄したわけではない。したがって、相続人である地位を失うわけではない。

■類似過去問(遺留分の放棄)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
120-12-2相続開始前でも、書面で意思表示すれば、遺留分を放棄できる。×
209-10-4相続開始前に、家裁の許可を得て遺留分を放棄した場合でも、遺産を相続する権利を失わない。
302-11-4被相続人の生前に被相続人Dが遺留分の放棄について家庭裁判所の許可を受けていた場合においても、Dは、相続人となることができる。

>>年度目次に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です