【宅建過去問】(平成09年問25)建築基準法(建築確認)

次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 建築物の敷地には、雨水及び汚水を排出し、又は処理するための適当な下水管、下水溝又はためますその他これらに類する施設をしなければならない。
  2. 鉄筋造の建築物でも、延べ面積が300m2のものであれば、その設計図書の作成にあたって、構造計算により構造の安全性を確かめる必要はない。
  3. 延べ面積1,000m2を超える準耐火建築物は、防火上有効な構造の防火壁によって有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計を1,000m2以内としなければならない。
  4. 住宅の居室、学校の教室又は病院の病室は、防火上支障のない場合を除き、地階に設けることができない。

正解:1

1 正しい

建築物の敷地には、雨水及び汚水を排出し、又は処理するための適当な下水管、下水溝又はためますその他これらに類する施設をしなければならない(建築基準法19条3項)。

■類似過去問(敷地の衛生及び安全)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
109-25-1建築物の敷地には、雨水及び汚水を排出し、又は処理するための適当な下水管、下水溝又はためますその他これらに類する施設をしなければならない。
202-01-1建築物の敷地は、原則としてこれに接する道路の境より高くなければならない。
302-01-2湿潤な土地、出水のおそれの多い土地に建築物を建築する場合は、盛土、地盤の改良などの措置を講じなければならない。

2 誤り

木造以外の建築物では、

  1. 2以上の階数を有する、
  2. 延べ面積が200m2を超える

のいずれかに当てはまる場合に、構造計算が必要になる(建築基準法20条3号、建築基準法6条1項3号)。
本肢の建築物は、(2)延べ面積300m2であるから、構造計算により安全性を確かめなければならない。

■類似過去問(構造耐力)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
117-21-12階建で延面積100㎡の鉄骨造の建築物→構造計算は不要。×
209-25-2鉄筋造の建築物で延べ面積が300㎡のもの→構造計算は不要。×
307-21-4木造の建築物で階数が3であるもの→構造計算が必要。

3 誤り

延べ面積が1,000m2を超える建築物は、防火壁で区画し、各区画の床面積の合計をそれぞれ1,000m2以内としなければならない(建築基準法26条)。
しかし、建築物が耐火建築物・準耐火建築物の場合は例外であり、防火壁で区画する必要はない。

■類似過去問(防火壁)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-18-4
延べ面積が1,000m2を超える耐火建築物は、防火上有効な構造の防火壁によって有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ1,000㎡以内としなければならない。
×
219-21-4防火地域or準防火地域で、1,000m2超の耐火建築物→防火壁の設置が必要。×
315-20-1防火地域で、地上5階建・延べ面積800m2の共同住宅→防火壁の設置が必要。×
412-22-4延べ面積2,000m2の準耐火建築物→防火壁の設置が必要。×
511-22-3準防火地域で、地上3階建・高さ12m・延べ面積1,200m2の事務所→防火壁の設置が必要。×
609-25-3延べ面積1,000m2超の準耐火建築物→防火壁の設置が必要。×

4 誤り

住宅の居室、学校の教室、病院の病室又は寄宿舎の寝室で地階に設けるものは、壁及び床の防湿の措置その他の事項について衛生上必要な政令で定める技術的基準に適合するものとしなければならない(建築基準法29条)。
考慮しなければならないのは、「壁及び床の防湿の措置」であって、本肢のいうような「防火上の支障」ではない。


>>年度目次に戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です