【宅建過去問】(平成10年問22)建築基準法(容積率・建ぺい率)

下図のような敷地A(第一種住居地域内)及び敷地B(準工業地域内)に住居の用に供する建築物を建築する場合における当該建築物の容積率(延べ面積の敷地面積に対する割合)及び建ぺい率(建築面積の敷地面積に対する割合)に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。ただし、他の地域地区等の指定、特定道路及び特定行政庁の許可は考慮しないものとする。
また、特定行政庁が都道府県都市計画審議会の議を経て指定する区域内でもない。

10-22q

敷地A:都市計画において定められた容積率の最高限度  \frac{20}{10}
:都市計画において定められた建ぺい率の最高限度 \frac{6}{10}

敷地B:都市計画において定められた容積率の最高限度 \frac{40}{10}
:都市計画において定められた建ぺい率の最高限度 \frac{6}{10}

  1. 敷地Aのみを敷地として建築物を建築する場合、容積率の最高限度は200パーセント、建ぺい率の最高限度は60パーセントとなる。
  2. 敷地Bのみを敷地として建築物を建築する場合、敷地Bが街区の角にある敷地として特定行政庁の指定を受けているとき、建ぺい率の最高限度は20パーセント増加して80パーセントとなる。
  3. 敷地Aと敷地Bをあわせて一の敷地として建築物を建築する場合、容積率の最高限度は264パーセントとなる。
  4. 敷地Aと敷地Bをあわせて一の敷地として建築物を建築する場合、建ぺい率の最高限度は74パーセントとなる。

正解:3

1 誤り

■容積率
敷地Aのみを敷地として建築物を建築する場合、敷地の前面道路の幅員は4mである。したがって、道路の幅員から計算した容積率(幅員容積率)は、4×\frac{4}{10}\frac{16}{10}である。
この幅員容積率は、都市計画で定められた容積率(\frac{20}{10})より厳しい。したがって、幅員容積率が適用され、容積率の最高限度は、\frac{16}{10}で(160%)ある。

■建ぺい率
敷地Aは角地ではないため、建ぺい率の割増を受けることができない。建ぺい率の最高限度は、都市計画に定められた通りの\frac{6}{10}(60%)である。

2 誤り

敷地Bは角地であり、街区の角にある敷地として特定行政庁の指定を受けている。この場合、建ぺい率の最高限度について、10%の割増を受けることができる。したがって、建ぺい率の最高限度は、\frac{6}{10}+\frac{1}{10}\frac{7}{10}(70%)である。

3 正しい

■敷地A
敷地Bとあわせた敷地として利用する場合、敷地の前面道路の幅員は6mである。したがって、道路の幅員から計算した容積率(幅員容積率)は、6×\frac{4}{10}\frac{24}{10}である。
この幅員容積率より、都市計画で定められた容積率(\frac{20}{10})の方が制限が厳しい。したがって、都市計画における容積率が適用され、容積率の最高限度は、\frac{20}{10}である。

■敷地B
敷地の前面道路の幅員は6mである。したがって、道路の幅員から計算した容積率(幅員容積率)は、6×\frac{6}{10}\frac{36}{10}である。
この幅員容積率は、都市計画で定められた容積率(\frac{40}{10})より制限が厳しい。したがって、幅員容積率が適用され、容積率の最高限度は、\frac{36}{10}である。

■敷地A+B
敷地全体に適用される容積率は、それぞれの地域の容積率にその地域に含まれている敷地の割合を掛けたものを合計して求める。具体的には、
\frac{20}{10}\frac{180}{300}\frac{36}{10}\frac{120}{300}\frac{3600}{3000}\frac{4320}{3000}\frac{7920}{3000}\frac{264}{100}
より、264%である。

4 誤り

敷地Aの建ぺい率の限度も、敷地Bの建ぺい率の限度も、いずれも\frac{6}{10}である。したがって、これらをあわせた敷地の容積率の最高限度も、\frac{6}{10}(60%)である。


>>年度目次に戻る

勝負の夏! 学習応援キャンペーン

願書の受付も完了し、学習に本腰を入れなければならないシーズンです。

学習意欲の高まった皆さまを支援するため、特別キャンペーンを開始しました。
13年分(平成16年~平成28年)の過去問解説が、10年分の価格でお求めいただけるチャンスです。
この機会をぜひ御活用ください。

【宅建過去問】(平成10年問22)建築基準法(容積率・建ぺい率)” に対して1件のコメントがあります。

  1. ようぽん より:

    とても分かりやすい説明でありがたいです。ありがとうございます!

    ところで、こちらの問題は、式を覚えた方がよいでしょうか?実際に数字を出す問題がでると苦手意識が先行してしまい、なかなか頭に入りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です