【宅建過去問】(平成10年問46)統計

宅地建物の統計等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 平成10年3月に公表された地価公示(国土庁)によれば、平成9年1年間の地価の概況は、商業地については、一部の高度商業地で上昇に転じる地点が現れたものの、大都市圏、地方圏とも、わずかながら下落幅が拡大した。
  2. 土地白書(平成9年6月公表)によれば、全国の売買による土地の所有権移転登記の件数は、平成2年から平成8年まで毎年、前年比で減少を続けている。
  3. 住宅着工統計(建設省)によれば、平成9年度の新設住宅着工戸数は、130万戸台で前年度比約7.7パーセントの減少となっている。
  4. 建設白書(平成9年7月公表)によれば、平成9年3月末現在で指定流通機構に登録されている物件情報の総数は、約21万件となっている。

正解:4


>>年度目次に戻る

勝負の夏! 学習応援キャンペーン

願書の受付も完了し、学習に本腰を入れなければならないシーズンです。

学習意欲の高まった皆さまを支援するため、特別キャンペーンを開始しました。
13年分(平成16年~平成28年)の過去問解説が、10年分の価格でお求めいただけるチャンスです。
この機会をぜひ御活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です