【宅建過去問】(平成11年問45)宅建士資格登録

宅地建物取引業者Aの宅地建物取引士Bが、甲県知事の宅地建物取引士資格試験に合格し、同知事の宅地建物取引士資格登録(以下この問において「登録」という。)を受けている場合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. Bが甲県から乙県に転居しようとする場合、Bは、転居を理由として乙県知事に登録の移転を申請することができる。
  2. Bが、事務禁止の処分を受けている間は、Aの商号に変更があった場合でも、Bは、変更の登録の申請を行うことはできない。
  3. Bは、乙県知事への登録の移転を受けなくても、乙県に所在するAの事務所において専任の宅地建物取引士となることができる。
  4. Bが乙県知事への登録の移転を受けた後、乙県知事に登録を消除され、再度登録を受けようとする場合、Bは、乙県知事に登録の申請をすることができる。

正解:3

1 誤り

登録移転ができるのは、別の都道府県に所在する宅建業者の事務所の業務に従事するときである(宅地建物取引業法19条の2)。
宅建士が転居したからといって、新住所地(乙県)の知事に登録移転を申請できるわけではない。

■類似過去問(登録の移転)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
123-29-3登録地以外の県の宅建業者に勤務先を変更した場合、登録の移転をしなければならない。×
221-29-4住所変更を理由に登録の移転ができる。×
319-31-1登録地以外の県の事務所に転勤した場合、登録の移転をしなければならない。×
418-32-2事務禁止処分中であっても登録の移転をすることができる。×
516-34-1登録地以外の県の宅建業者に就職する場合、登録の移転をしなければならない。×
615-33-2事務禁止処分を受けた宅建士も、事務禁止処分が満了すれば登録の移転ができる。
714-35-1住所変更を理由に登録の移転ができる。×
811-45-1住所変更を理由に登録の移転ができる。×
911-45-3登録の移転をしなくても、登録地以外の事務所で勤務することができる。
1010-44-1住所変更の場合、登録の移転をしなければならない。×
1110-44-3登録地以外の県に転職した場合、登録の移転をしなければならない。×
1208-39-4勤務先の業者が免許換えをした場合であっても、宅建士が登録の移転をする必要はない。
1308-42-2住所変更の場合、登録の移転をしなければならない。×
1407-38-1甲県知事登録の宅建士が、乙県の支店に従事する場合、2周間以内に登録の移転をしなければならない。×
1503-36-3住所変更の場合、転居先の県に登録の移転を申請することができる。×
1602-37-1事務禁止処分を受けた宅建士も、事務禁止処分が満了すれば、勤務地の知事に、登録移転が可能。

2 誤り

勤務先宅建業者の商号は、宅建士資格登録簿に登載すべき事項である(宅地建物取引業法18条2項、同法規則14条の2第1項5号 )。したがって、勤務先が商号を変更した場合には、変更の登録が必要である(宅地建物取引業法20条)。これは宅建士の義務なのであって、たとえ事務禁止処分中だからといって、変更の登録が免除されることはない。

※事務禁止処分中には登録の移転ができないこと(宅地建物取引業法19条の2但書)と区別しておくこと。

■類似過去問(変更の登録:勤務先の商号・免許証番号)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
116-33-1勤務先の社名変更の場合、変更の登録は不要×
216-33-2勤務先の宅建業者に免許換えがあった場合、変更の登録が必要
316-34-2勤務先が変わっても、専任の宅建士でなければ、変更の登録は不要×
411-45-2事務禁止処分を受けている間に、勤務先宅建業者の商号に変更があった場合、変更の登録をすることはできない×
510-44-4勤務先の宅建業者を変更した場合、遅滞なく、変更の登録が必要
608-39-1勤務先が社名を変更した場合、変更の登録が必要
708-39-3勤務する支店を異動した場合、変更の登録が必要×
808-43-2宅建業者の専任の宅建士となった場合、宅建士証の書換え交付申請が必要×
906-37-4勤務先を変更した場合、宅建士証の書換え交付申請が必要×
1005-40-2勤務先の事務所所在地変更の場合、変更の登録が必要×
1105-40-3勤務先の宅建業者が廃業した場合、変更の登録が必要
1205-40-4勤務している宅建業者において、専任の宅建士となった場合、変更の登録が必要×
1303-36-1宅建業者に就職した場合、変更の登録が必要
1403-36-2勤務先が商号を変更した場合、宅建業者が変更の届出をすれば、宅建士が変更の登録をする必要はない×
1503-36-4勤務先の宅建業者を変更した場合、遅滞なく、変更の登録が必要
1602-35-1新たに宅建士を採用した場合、宅建業者は、宅建士が登録を受けている都道府県知事に変更の登録を申請しなければならない×

3 正しい

いずれかの県で宅建士登録を受けていれば、全国どこの都道府県においても、宅建士として活動することができる。

■類似過去問(登録の移転)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
123-29-3登録地以外の県の宅建業者に勤務先を変更した場合、登録の移転をしなければならない。×
221-29-4住所変更を理由に登録の移転ができる。×
319-31-1登録地以外の県の事務所に転勤した場合、登録の移転をしなければならない。×
418-32-2事務禁止処分中であっても登録の移転をすることができる。×
516-34-1登録地以外の県の宅建業者に就職する場合、登録の移転をしなければならない。×
615-33-2事務禁止処分を受けた宅建士も、事務禁止処分が満了すれば登録の移転ができる。
714-35-1住所変更を理由に登録の移転ができる。×
811-45-1住所変更を理由に登録の移転ができる。×
911-45-3登録の移転をしなくても、登録地以外の事務所で勤務することができる。
1010-44-1住所変更の場合、登録の移転をしなければならない。×
1110-44-3登録地以外の県に転職した場合、登録の移転をしなければならない。×
1208-39-4勤務先の業者が免許換えをした場合であっても、宅建士が登録の移転をする必要はない。
1308-42-2住所変更の場合、登録の移転をしなければならない。×
1407-38-1甲県知事登録の宅建士が、乙県の支店に従事する場合、2周間以内に登録の移転をしなければならない。×
1503-36-3住所変更の場合、転居先の県に登録の移転を申請することができる。×
1602-37-1事務禁止処分を受けた宅建士も、事務禁止処分が満了すれば、勤務地の知事に、登録移転が可能。

4 誤り

宅建試験の合格者が登録を受けることができるのは、宅建試験を行った知事に限られる(宅地建物取引業法18条1項本文)。
乙県に登録を移転し、乙県知事に登録を消除されたとしても、乙県知事の登録を受けることができるようにはならない。

■類似過去問(宅建士登録を受けられる知事)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
120-30-1宅建試験合格後に転居した場合、転居先知事の宅建士登録を受けることができる×
211-45-4登録の移転後、登録を消除された場合、再度登録を受けようとするときは、移転先知事の宅建士登録を受けることができる×

>>年度目次に戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です