【宅建過去問】(平成11年問50)建物に関する知識

建築物に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 鉄筋コンクリート造の柱については、主筋は4本以上とし、主筋と帯筋は緊結しなければならない。
  2. 枠組壁工法は、主に柱の耐力によって地震などの外力に抵抗する方式であるため耐震性が高い。
  3. 自然換気設備を設ける場合においては、給気口をできるだけ低くし、排気口をできるだけ高くするのがよい。
  4. 杭基礎は、建築物自体の重量が大きく、浅い地盤の地耐力では建築物が支えられない場合に用いられる。

正解:2

1 正しい

鉄筋コンクリート造の柱については、主筋は4本以上とすること、主筋は帯筋と緊結することなどが必要である(建築基準法施行令77条1号・2号)。

■類似過去問(鉄筋コンクリート造:柱の構造)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
116-49-3原則として、鉄筋コンクリート造の柱については、主筋は4本以上とし、主筋と帯筋は緊結しなければならない。
211-50-1鉄筋コンクリート造の柱については、主筋は4本以上とし、主筋と帯筋は緊結しなければならない。

2 誤り

枠組壁工法(ツーバイフォー工法)とは、2インチ×4インチの木材で組まれた枠組みに構造用合板や石膏ボード等を釘打ちした床を壁や床として、構造体を形成する工法である。
本肢は、「柱の耐力によって地震などの外力に抵抗する」という点が誤り。

■類似過去問(枠組壁工法)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
123-50-4壁式構造は、柱とはりではなく、壁板により構成する構造である。
211-50-2枠組壁工法は、主に柱の耐力によって地震などの外力に抵抗する方式であるため耐震性が高い。×
310-48-1枠組壁工法は、木材で組まれた枠組みに構造用合板等を釘打ちした壁及び床により構造体が形成される。
■類似過去問(耐震性)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-50-4ブロック造を耐震的な構造にするためには、鉄筋コンクリートの布基礎及び臥梁により壁体の底部と頂部を固めることが必要である。
225-50-1耐震構造は、建物の柱、はり、耐震壁などで剛性を高め、地震に対して十分耐えられるようにした構造である。
325-50-2免震構造は、建物の下部構造と上部構造との間に積層ゴムなどを設置し、揺れを減らす構造である。
425-50-3制震構造は、制震ダンパーなどを設置し、揺れを制御する構造である。
525-50-4既存不適格建築物の耐震補強として、制震構造や免震構造を用いることは適していない。×
614-50-3免震建築物の免震層には、積層ゴムやオイルダンパー(油の粘性を利用して振動や衝撃を和らげる装置)が使用される。
711-50-2枠組壁工法は、主に柱の耐力によって地震などの外力に抵抗する方式であるため耐震性が高い。×
810-48-4木造建築物を鉄筋コンクリート造の布基礎とすれば、耐震性を向上させることができる。
908-22-3木造建築物の耐震性を向上させるには、軸組に筋かいを入れるほか、合板を打ち付ける方法がある。
1008-22-4木造建築物において、地震力の大きさは、見付面積の大きさより屋根の重さに大きく影響を受ける。

3 正しい

自然換気方式とは、給気口と排気口の気圧差を利用して、自然に屋内の空気を入れ換える方式のことである。空気は暖かくなるほど上へ、冷たくなるほど下へ向かう。したがって、給気口をできるだけ低く、排気口をできるだけ高くしたときに、気圧差が最大となり、最も効率的に換気できる。建築基準法施行令では、給気口を、居室の天井の高さの1/2以下の高さの位置に設け、排気口は給気口より高い位置に設置するものとされている(建築基準法施行令129条の2の6第1項)。

4 正しい

杭基礎とは、地盤に深く杭を打ち込み、その杭によって構造物を支える基礎をいう。
杭基礎は、建築物の自重が大きい場合や浅い地盤の地耐力では建築物が支えられない場合などに利用される。

※一方、直接基礎とは、地盤自体で構造物を支える方式である。建築物の自重が小さいとか浅い地盤が良好である場合に利用される。

■類似過去問(建築物の基礎)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
127-50-2基礎の種類には、直接基礎、杭基礎等がある。
227-50-3杭基礎には、木杭、既製コンクリート杭、鋼杭等がある。
327-50-4建物は、上部構造と基礎構造からなり、基礎構造は上部構造を支持する役目を負うものである。
420-50-3建築物に異なる構造方法による基礎を併用した場合は、構造計算によって構造耐力上安全であることを確かめなければならない。
519-50-1防火地域内に建築する仮設建築物の基礎に木ぐいを用いる場合、その木ぐいは、平家建ての木造の建築物に使用する場合を除き、常水面下にあるようにしなければならない。
618-49-32階建ての木造建築物の土台は、例外なく、基礎に緊結しなければならない×
711-50-4杭基礎は、建築物自体の重量が大きく、浅い地盤の地耐力では建築物が支えられない場合に用いられる。
810-48-4木造建築物を鉄筋コンクリート造の布基礎とすれば、耐震性を向上させることができる。
907-21-2建築物には、常に異なる構造方法による基礎を併用してはならない×

>>年度目次に戻る

過去問を活用した合格作戦

過去問を徹底的に研究することで、「楽に」「確実に」合格する、
というこのサイトを、学習方法として具体化する方法は?
この点を説明した「ガイダンス動画」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です