9月
16
2000

【宅建過去問】(平成12年問12)建物賃貸借(借地借家法)

【過去問本試験解説】発売中

Aが、B所有の建物を賃借している場合に関する次の記述のうち、借地借家法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. Aが、建物に自ら居住せず、Bの承諾を得て第三者に転貸し、居住させているときは、Aは、Bからその建物を買い受けた者に対し、賃借権を対抗することができない。
  2. Aが建物を第三者に転貸しようとする場合に、その転貸によりBに不利となるおそれがないにもかかわらず、Bが承諾を与えないときは、裁判所は、Aの申立てにより、Bの承諾に代わる許可を与えることができる。
  3. 建物の転貸借がされている場合(転借人C)において、AB間の賃貸借が正当の事由があり期間の満了によって終了するときは、Bは、Cにその旨通知しないと、Aに対しても、契約の終了を主張することができない。
  4. Bの建物がDからの借地上にあり、Bの借地権の存続期間の満了によりAが土地を明渡すべきときは、Aは期間満了をその1年前までに知らなかった場合に限り、Aは、裁判所に対し土地の明渡しの猶予を請求することができる。

正解:4

【1】 X 誤り

建物賃借権の対抗要件は、建物の引渡しである(借地借家法31条1項)。
本肢では、賃借人A自らは建物に居住せず、第三者に転貸し居住させているが、このような代理占有(民法181条)の場合でも、Aは対抗要件を備えているものと評価できる。
したがってAは、 Bから建物を買い受けた者に対しても、賃借権を対抗することができる。

■類似過去問(建物賃貸借の対抗力)
  • 平成22年問12肢1(建物の引渡しを受けていれば、賃借権を対抗可能:◯)
  • 平成21年問12肢3(引渡しを受けている場合、建物の賃借権は対抗可、使用借権は対抗不可:◯)
  • 平成20年問04肢4(建物の引渡しを受けていれば、賃借権を対抗可能:◯)
  • 平成19年問14肢4(引渡しを受けていない場合、定期建物賃借権は対抗不可、一次使用賃借権は対抗可能:×)
  • 平成18年問14肢2(建物の引渡しを受けていれば、賃借権を対抗可能:◯)
  • 平成12年問12肢1(賃貸人の承諾を得て転借人に占有させている場合、賃借人は賃借権を対抗不可:×)
  • 平成02年問13肢1(引渡しを受けていないと、常に、賃借権を対抗不可:×)
  • 平成01年問13肢1(建物の引渡しを受けていれば、建物所有権が移転しても、新所有者に賃借権を対抗可能:◯)

【2】 X 誤り

借家の転貸借に関しては、裁判所の代諾許可の制度はない。
借地の転貸借に関しては、代諾許可の制度が存在する(借地借家法19条1項)。

■類似過去問(建物賃借権の譲渡・転貸の許可)
  • 平成12年問12肢2(借家人が建物を第三者に転貸しようとする場合に、その転貸により建物所有者に不利となるおそれがないにもかかわらず、承諾を与えないときは、裁判所は、借家人の申立てにより、建物所有者の承諾に代わる許可を与えることができる:×)
  • 平成01年問13肢2(借家人が建物を第三者に転貸する場合、建物所有者の承諾を得る必要があるが、建物所有者が承諾を与えないときは、借家人は、建物所有者の承諾に代わる許可の裁判を裁判所に対して申し立てることができる:×)
▲関連過去問(借地権譲渡・転貸の許可)
  • 平成23年問11肢3(借地権譲渡・転貸の許可は、建物を譲り受けた第三者が申立て可能:×)
  • 平成17年問13肢2(借地権譲渡・転貸の許可は、借地権者が申立て可能:◯)
  • 平成15年問13肢3(借地権譲渡・転貸の許可は、借地権者が申立て可能:◯)
  • 平成09年問11肢4(借地権譲渡・転貸の許可は、建物を譲り受けた第三者が申立て可能:×)
  • 平成06年問11肢1(借地権譲渡・転貸の許可は、建物を譲り受けた第三者が申立て可能:×)
  • 平成03年問12肢2(借地権譲渡・転貸には、土地所有者または裁判所の許可が必要:◯)

【3】 X 誤り

賃貸借契約が期間満了により終了するときには、賃貸人はその旨を転借人に通知しなければ、その終了を転借人Cに対抗することができない(借地借家法34条1項)。
しかし、当事者である賃借人Aに対しては賃借権の終了を主張できる。

■類似過去問(建物貸借終了時の転借人の保護)
  • 平成16年問13肢2(賃貸借契約の期間満了による終了を転借人に通知しなければ、契約終了を転借人に対抗できない:◯)
  • 平成12年問12肢3(賃貸借契約が期間満了により終了するときは、転借人に通知しなければ、賃借人に対しても、契約終了を主張できない:×)
  • 平成10年問12肢4(賃貸借契約が期間満了により終了するときも、転借人に通知した日から6月を経過しないと、転貸借は終了しない:◯)
  • 平成06年問12肢4(賃貸借契約の期間が満了する場合でも、転借人に通知しなければ、契約終了を転借人に対抗できない:◯)
  • 平成01年問06肢3(賃貸借契約が期間満了により終了すれば、当然に転貸借契約も終了する:×)

【4】 ○ 正しい

借地権の目的である土地の上の建物につき賃貸借がされている場合において、借地権の存続期間の満了によって建物の賃借人が土地を明け渡すべきときは、建物の賃借人が借地権の存続期間が満了することをその1年前までに知らなかった場合に限り、裁判所は、建物の賃借人の請求により、建物の賃借人がこれを知った日から1年を超えない範囲内において、土地の明渡しにつき相当の期限を許与することができる(借地借家法35条1項)。

■類似過去問(借地上の建物の賃借人の保護)
  • 平成22年問11肢4(借地権の存続期間の満了を、建物の賃借人が1年前までに知らなかった場合、裁判所が期限を許与できる:◯)
  • 平成18年問14肢3(借地権の債務不履行による解除を、建物の賃借人が1年前までに知らなかった場合、裁判所が期限を許与できる:×)
  • 平成18年問14肢4(借地権の存続期間の満了を、建物の賃借人が1年前までに知らなかった場合、裁判所が期限を許与できる:◯)
  • 平成12年問12肢4(借地権の存続期間の満了を、建物の賃借人が1年前までに知らなかった場合、裁判所に明渡しの猶予を請求できる:◯)

>>年度目次に戻る

Written by 家坂 圭一 in: 借地借家法,平成12年過去問 |

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2005- 株式会社ビーグッド教育企画 All Rights Reserved.
Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com WordPress Themes