10月
19
2000

【宅建過去問】(平成12年問46)統計

【過去問本試験解説】発売中

宅地建物の統計等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 地価公示(平成12年3月公表)によれば、平成11年1年間の全国の地価の概況は、住宅地については、大都市圏、地方圏とも、すべての地域で下落幅が拡大した。
  2. 土地白書(平成11年6月公表)によれば、全国の売買による土地の所有権移転登記の件数は、平成5年から平成10年まで、毎年、前年比で増加を続けている。
  3. 住宅着工統計(建設省)によれば、平成11年1年間の新設住宅着工戸数は、対前年比1.4パーセント減で、3年連続の減少となった。
  4. 建設白書(平成11年7月公表)によれば、平成10年度における指定流通機構の新規登録件数は売り物件及び賃貸物件の合計で約118万件に達している。

正解:4


>>年度目次に戻る

Written by 家坂 圭一 in: 平成12年過去問,統計 |

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2005- 株式会社ビーグッド教育企画 All Rights Reserved.
Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com WordPress Themes