【宅建過去問】(平成13年問03)囲繞地通行権

A所有の甲地は袋地で、Aが所有していない回りの土地(囲繞地)を通る通路を開設しなければ公道に出ることができない。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち正しいものはどれか。

  1. Aは、囲繞地の所有者に代償を支払えば、自己の意思のみによって通行の場所及び方法を定め、囲繞地に通路を開設することができる。
  2. Bが、Aから甲地を譲り受けた場合には、Bは、所有権移転の登記を完了しないと、囲繞地に通路を開設することができない。
  3. 甲地が、A及びCの共有地の分割によって袋地となったときには、Aは、Cが所有する分割後の残余地にしか通路を開設することができない。
  4. 甲地が、D所有の土地を分筆してAに売却した結果、袋地になった場合で、Dが、甲地の譲渡後、その残余地である乙地をEに売却したときには、Aは乙地に通路を開設することができない。

正解:3

現在の民法の言葉でいうと以下のようになります。

旧来の表記 現在の表記
袋地 他の土地に囲まれて公道に通じない土地
囲繞地
(いにょうち)
その土地を囲んでいる他の土地
囲繞地通行権 公道に至るための他の土地の通行権

【1】誤り

通行の場所及び方法は、Aのために必要で、囲繞地のために最も損害の少ないものを選ばなければならない(民法211条1項)。代償(償金)を支払った(民法212条)からといって、自己の意思で決められるわけではない。
必要に応じて囲繞地に通路を開設することができる点は正しい(民法211条2項)。

■類似過去問(公道に至るための他の土地の通行権)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
125-03-1囲んでいる他の土地を自由に選んで通行できるわけではない。
225-03-2共有物分割によって袋地が生じた場合、償金を支払わずに、他の分割者の土地を通行できる。
321-04-2囲んでいる他の土地を自由に選んで通行できる。×
413-03-1償金を支払えば、自己の意思のみによって通行の場所・方法を定め通路を開設できる。×
513-03-2囲繞地通行権の対象となる土地を譲り受けた場合、所有権移転の登記を完了しないと、囲繞地に通路を開設することができない。×
613-03-3共有地の分割によって袋地となったときには、分割後の残余地にしか通路を開設できない。
713-03-4甲地が、D所有の土地を分筆してAに売却した結果、袋地になった場合で、Dが、甲地の譲渡後、その残余地である乙地をEに売却したときには、Aは乙地に通路を開設できない。×

【2】誤り

袋地の所有権を取得した者(B)は、所有権取得登記を経由していなくても、囲繞地の所有者に対して、囲繞地通行権を主張することができる(最判昭47.04.14)。
したがって、Bは必要ならば通路を開設することができる。

■類似過去問(公道に至るための他の土地の通行権)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
125-03-1囲んでいる他の土地を自由に選んで通行できるわけではない。
225-03-2共有物分割によって袋地が生じた場合、償金を支払わずに、他の分割者の土地を通行できる。
321-04-2囲んでいる他の土地を自由に選んで通行できる。×
413-03-1償金を支払えば、自己の意思のみによって通行の場所・方法を定め通路を開設できる。×
513-03-2囲繞地通行権の対象となる土地を譲り受けた場合、所有権移転の登記を完了しないと、囲繞地に通路を開設することができない。×
613-03-3共有地の分割によって袋地となったときには、分割後の残余地にしか通路を開設できない。
713-03-4甲地が、D所有の土地を分筆してAに売却した結果、袋地になった場合で、Dが、甲地の譲渡後、その残余地である乙地をEに売却したときには、Aは乙地に通路を開設できない。×

【3】正しい

分割によって袋地が生じたときであるから、その土地の所有者Aは他の分割者であるCの所有地のみを通行することができる(民法213条1項)。

■類似過去問(公道に至るための他の土地の通行権)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
125-03-1囲んでいる他の土地を自由に選んで通行できるわけではない。
225-03-2共有物分割によって袋地が生じた場合、償金を支払わずに、他の分割者の土地を通行できる。
321-04-2囲んでいる他の土地を自由に選んで通行できる。×
413-03-1償金を支払えば、自己の意思のみによって通行の場所・方法を定め通路を開設できる。×
513-03-2囲繞地通行権の対象となる土地を譲り受けた場合、所有権移転の登記を完了しないと、囲繞地に通路を開設することができない。×
613-03-3共有地の分割によって袋地となったときには、分割後の残余地にしか通路を開設できない。
713-03-4甲地が、D所有の土地を分筆してAに売却した結果、袋地になった場合で、Dが、甲地の譲渡後、その残余地である乙地をEに売却したときには、Aは乙地に通路を開設できない。×

【4】誤り

Dが土地の一部を譲渡したことにより袋地が生じた場合であるから、AはDの所有地のみを通行することができる(民法213条2項)。
この通行権は、Dが第三者Eにその土地を譲渡した場合も消滅しない(最判平02.11.20)。

■類似過去問(公道に至るための他の土地の通行権)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
125-03-1囲んでいる他の土地を自由に選んで通行できるわけではない。
225-03-2共有物分割によって袋地が生じた場合、償金を支払わずに、他の分割者の土地を通行できる。
321-04-2囲んでいる他の土地を自由に選んで通行できる。×
413-03-1償金を支払えば、自己の意思のみによって通行の場所・方法を定め通路を開設できる。×
513-03-2囲繞地通行権の対象となる土地を譲り受けた場合、所有権移転の登記を完了しないと、囲繞地に通路を開設することができない。×
613-03-3共有地の分割によって袋地となったときには、分割後の残余地にしか通路を開設できない。
713-03-4甲地が、D所有の土地を分筆してAに売却した結果、袋地になった場合で、Dが、甲地の譲渡後、その残余地である乙地をEに売却したときには、Aは乙地に通路を開設できない。×

>>年度目次に戻る

勝負の夏! 学習応援キャンペーン

願書の受付も完了し、学習に本腰を入れなければならないシーズンです。

学習意欲の高まった皆さまを支援するため、特別キャンペーンを開始しました。
13年分(平成16年~平成28年)の過去問解説が、10年分の価格でお求めいただけるチャンスです。
この機会をぜひ御活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です