【宅建過去問】(平成13年問04)連帯債務

AとBとが共同で、Cから、C所有の土地を2,000万円で購入し、代金を連帯して負担する(連帯債務)と定め、CはA・Bに登記、引渡しをしたのに、A・Bが支払をしない場合の次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. Cは、Aに対して2,000万円の請求をすると、それと同時には、Bに対しては、全く請求をすることができない。
  2. AとBとが、代金の負担部分を1,000万円ずつと定めていた場合、AはCから2,000万円請求されても、1,000万円を支払えばよい。
  3. BがCに2,000万円支払った場合、Bは、Aの負担部分と定めていた1,000万円及びその支払った日以後の法定利息をAに求償することができる。
  4. Cから請求を受けたBは、Aが、Cに対して有する1,000万円の債権をもって相殺しない以上、Aの負担部分についても、Bからこれをもって相殺することはできない。

正解:3

連帯債務とは、数人の債務者が、同一の内容の債務について、独立して全責任を負う債務である。
各債務者は、それぞれ全額の弁済義務を負い、誰か一人が全額を弁済すれば、他の債務者の債務も消滅する。

【1】誤り

人が連帯債務を負担するときは、債権者は、その連帯債務者の一人に対し、又は同時に若しくは順次にすべての連帯債務者に対し、全部又は一部の履行を請求することができる(民法432条)。したがって、CはAに対して2,000万円の請求をし、それと同時に2,000万円全部の履行をBに対して請求することができる。

■類似過去問(連帯債務:基本構造)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
123-10-2借入金債務のある債務者が養子縁組をした場合、その養子は、債務者と連帯して返済の責任を負う。×
220-06-4AからBとCとが負担部分2分の1として連帯して1,000万円を借り入れる場合、AB間の契約が無効であった場合にはCが、AC間の契約が無効であった場合にはBが、それぞれ1,000万円の債務を負う。
316-06-1債権者は、連帯債務者に対し、それぞれ負担部分の範囲でしか請求できない。×
413-04-1債権者は、連帯債務者の一人に全額請求した場合、他の連帯債務者には全く請求することができない。×
513-04-2連帯債務者の一人は、債権者から全額請求されても、負担部分だけ支払えばよい。×
608-04-1債権者は、連帯債務者のそれぞれに対して、同時に、代金全額の支払いを請求できる。

【2】誤り

AとBとは連帯債務を負担しているから、負担部分にかかわりなく、AがCから2,000万円請求されればその全部を支払わなければならない。

■類似過去問(連帯債務:基本構造)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
123-10-2借入金債務のある債務者が養子縁組をした場合、その養子は、債務者と連帯して返済の責任を負う。×
220-06-4AからBとCとが負担部分2分の1として連帯して1,000万円を借り入れる場合、AB間の契約が無効であった場合にはCが、AC間の契約が無効であった場合にはBが、それぞれ1,000万円の債務を負う。
316-06-1債権者は、連帯債務者に対し、それぞれ負担部分の範囲でしか請求できない。×
413-04-1債権者は、連帯債務者の一人に全額請求した場合、他の連帯債務者には全く請求することができない。×
513-04-2連帯債務者の一人は、債権者から全額請求されても、負担部分だけ支払えばよい。×
608-04-1債権者は、連帯債務者のそれぞれに対して、同時に、代金全額の支払いを請求できる。

【3】正しい

Bが2,000万円支払って共同の免責を得たときは、Aに対し負担部分の1,000万円及び支払った日以降の法定利息を求償することができる(民法442条1項・2項)。

■類似過去問(連帯債務:連帯債務者間の求償権)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
116-06-3連帯債務者の一人が、債務全額を弁済した場合、他の連帯債務者に対し、その負担部分につき求償できる。
213-04-3連帯債務者の一人が、債務全額を弁済した場合、他の債務者に対し、その負担部分と支払日以降の法定利息を求償できる。

【4】誤り

AがCに対して有する1,000万円の債権をもって相殺しない場合、BはAの負担部分(1,000万円)のについてであれば、相殺を援用することができる(民法436条2項)。

※Bが相殺を援用できるのは、Aの負担部分の範囲に限ってのことである。
例えば、AのCに対する債権が2,000万円だったとしても、Bが相殺を援用できるのは、Aの負担部分(1,000万円)の範囲に限られる。

■類似過去問(連帯債務者の一人に生じた事由)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
履行の請求
120-06-2連帯債務者の一人に履行を請求すれば、他の連帯債務者にも効力を生ずる。
208-04-2連帯債務者の一人に履行を請求すれば、その効力は他の連帯債務者にも及ぶ。
303-06-3連帯債務者の一人に履行を請求して、その消滅時効を中断すれば、他の連帯債務者の時効も中断される。
402-07-4BとCが連帯債務を負う場合、債権者AのBに対する履行の請求は、Cに対しても効力を生じる。
501-10-1債権者が連帯債務者の一人に対して代金支払いの請求をしても、代金債権の消滅時効は、他の連帯債務者については中断されない。×
混同
001-10-4債権者が死亡し、連帯債務者の1人がその相続人としてその代金債権を承継しても、他の連帯債務者の代金支払債務は、消滅しない。×
相殺
113-04-4(C所有の土地をA・Bが共同購入し、連帯債務を負っている。)Cから請求を受けたBは、Aが、Cに対して有する債権をもって相殺しない以上、Aの負担部分についても、Bからこれをもって相殺することはできない。×
免除
120-06-1連帯債務者の一人が免除を受ければ、その負担部分につき、他の連帯債務者も債務を免れる。
216-06-2連帯債務者の一人が免除を受ければ、その負担部分につき、他の連帯債務者も債務を免れる。
308-04-3連帯債務者の一人に債務全額の免除をした場合でも、その債務者の負担部分を除いた金額について、他の連帯債務者に請求することはできる。
時効完成
120-06-2連帯債務者の一人につき時効が完成すれば、その負担部分につき、他の連帯債務者も債務を免れる。
203-06-1連帯債務者の一人につき時効が完成すれば、その負担部分につき、他の連帯債務者も債務を免れる。

>>年度目次に戻る

過去問を活用した合格作戦

過去問を徹底的に研究することで、「楽に」「確実に」合格する、
というこのサイトを、学習方法として具体化する方法は?
この点を説明した「ガイダンス動画」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です