【宅建過去問】(平成13年問06)各種契約

契約当事者が死亡した場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 委任契約において、委任者又は受任者が死亡した場合、委任契約は終了する。
  2. 使用貸借契約において、貸主又は借主が死亡した場合、使用貸借契約は効力を失う。
  3. 組合契約において、組合員が死亡した場合、当該組合員は組合契約から脱退する。
  4. 定期贈与契約(定期の給付を目的とする贈与契約)において、贈与者又は受贈者が死亡した場合、定期贈与契約は効力を失う。

正解:2

【1】正しい

委任契約は以下の事由によって終了する(民法653条)。

委任者 受任者
死亡
破産手続開始
後見開始の審判 終了せず
■類似過去問(委任契約:終了)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
118-09-2委任者が破産手続開始決定を受けた場合、委任契約は終了する。
218-09-3委任契約が委任者の死亡により終了した場合、受任者は、委任者の相続人から終了についての承諾を得るときまで、委任事務を処理する義務を負う。×
318-09-4委任契約の終了事由は、これを相手方に通知したとき、又は相手方がこれを知っていたときでなければ、相手方に対抗することができず、そのときまで当事者は委任契約上の義務を負う。
413-06-1委任契約において、委任者又は受任者が死亡した場合、委任契約は終了する。
509-09-4有償の準委任契約は、受託者の死亡によって終了し、受託者の相続人はその地位を相続しない。
607-09-3委任者が死亡したとき、委託契約は終了するが、急迫の事情がある場合においては、受任者は、その管理業務を行う必要がある。

【2】誤り

使用貸借契約においては、借主が死亡した場合には使用貸借契約は終了する(民法599条)。
しかし、貸主が死亡した場合には、使用貸借契約は終了しない。

■類似過去問(使用貸借:相続)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
127-03-1借主が死亡した場合、使用貸借では契約が終了する。
221-12-4借主が死亡すると使用貸借契約は終了し、使用借権は相続されない。
317-10-1借主が死亡した場合、使用貸借契約は当然終了する。
413-06-2貸主又は借主が死亡した場合、使用貸借契約は効力を失う。×
509-08-3借主が死亡した場合、相続人は使用借権を主張できない。

【3】正しい

組合員は、以下の事由によって、組合契約から脱退したことになる(民法679条)。
(1)死亡
(2)破産手続開始
(3)後見開始の審判
(4)除名

■類似過去問(組合)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
116-11-1AとBは、出資の価額が均等なので、損益分配の割合も均等に定めなければならない。×
216-11-2組合への出資金で不動産を購入し組合財産とした場合、この組合財産は総組合員の共有に属する。
316-11-3組合財産たる建物の賃借人は、組合に対する賃料支払債務と、組合員たるAに対する債権とを相殺することができる。×
416-11-4組合に対し貸付金債権を取得した債権者は、組合財産につき権利行使できるが、組合員個人の財産に対しては権利行使できない。×
513-06-3組合契約において、組合員が死亡した場合、当該組合員は組合契約から脱退する。

【4】正しい

定期の給付を目的とする贈与は、贈与者又は受贈者の死亡によって、その効力を失う(民法552条)。


>>年度目次に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です