【宅建過去問】(平成13年問25)都市計画法・建築基準法・民法全般

A所有の都市計画法による市街化区域内の宅地甲地(面積250m2)を、Bが取得した場合における次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. Bが甲地を盛土したうえで住宅を建築しようとするときには、都市計画法第29条の許可(開発許可)を受けなければならない。
  2. 甲地が都市計画法による第一種住居地域に指定されているときは、建築基準法の規定によると、Bは、甲地に住宅の一部を喫茶店(店舗面積150m2)として使用する建築物を建築することができる。
  3. 甲地にA所有の住宅が建っているとき、BがAに対してこれを除却するよう求めるためには、民法の規定によると、Bは、甲地の所有権移転登記を完了していなければならない。
  4. 甲地と公道との間が建築基準法第42条第2項の規定により道路とみなされる私道(敷地はA所有)のみにより接続しているときには、Bは、甲地に住宅を建築する目的で同法第6条第1項の確認を受けるためには、当該私道の通行についてのAの承諾を必要とする。

正解:2

【1】誤り

市街化区域内で開発許可が必要となるのは、1,000m2以上の開発行為である。(都市計画法29条1項1号、同法施行令19条1項)。
本問の甲地は250m2で1,000m2未満であるから、開発許可は不要である。

■類似過去問(開発許可:面積要件)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
市街化調整区域
126-16-ア
市街化調整区域において、病院の用に供する施設である建築物の建築の用に供する目的で行われる1,500㎡の開発行為には、開発許可が必要。
225-16-2市街化調整区域において行う開発行為で、その規模が300m2であるものについては、常に開発許可は不要。×
市街化区域
125-16-3
市街化区域において行う開発行為で、市町村が設置する診療所の建築の用に供する目的で行うものであって、開発行為の規模が1,500m2であるものについては開発許可は必要である。
221-17-2市街化区域内の土地において、700m2の開発行為を行おうとする場合に、都道府県知事の許可が必要となる場合がある。
318-19-1
市街化区域内で、農業を営む者の居住の用に供する建築物の建築の用に供する目的で行う開発行為(規模1,000m2)は、開発許可を受けなければならない。
413-25-1宅地(面積250m2)を盛土したうえで住宅を建築しようとするときには、開発許可を受けなければならない。×
区域区分が定められていない区域
122-17-1分譲住宅新築のための5,000m2の開発行為には、開発許可が必要。
221-17-1ゴルフコース建築のための10,000m2の開発行為には、開発許可が必要。
311-18-4農家が居住用住宅を建築するための開発行為には、開発許可は不要。
410-18-3野球場を建設するため2haの開発行為には、開発許可が必要。
505-18-4非線引都市計画区域200m2と都市計画区域及び準都市計画区域外の区域2,800m2にまたがる、開発区域の面積が3,000m2の住宅団地建設のための開発行為は、開発許可が必要。×
準都市計画区域
124-17-イ病院/4,000㎡→開発許可が必要。
218-19-3専修学校/1,000㎡→開発許可が必要。×
314-19-3都市計画事業としての住宅団地/3,000㎡→開発許可が不要。
都市計画区域及び準都市計画区域以外の区域
118-19-4店舗/1,000㎡→開発許可が必要。×
215-18-3住宅団地/6,000㎡→開発許可は不要。
314-19-4住宅団地/5,000㎡→都市計画事業でない場合、開発許可が必要。×
406-19-11,000㎡以上→開発許可が必要。×
505-18-4住宅団地/都市計画区域及び準都市計画区域以外の区域2,800㎡&非線引区域200㎡→開発許可が必要。×

【2】正しい

第一種住居地域においては、喫茶店(飲食店)はその用途に供する部分が3,000m2以下であれば建築することができる(建築基準法48条1項、建築基準法別表第2)

【3】誤り

AとBとは売買契約の当事者であり、両者の関係は対抗問題ではない(民法177条)。
したがって、Bは、甲地の登記を受けなくとも、所有権に基づく妨害排除請求権を行使して、建物の除去を求めることができる。

■類似過去問(当事者間、前主後主間)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
116-03-4F→A→Bと所有権が移転した場合、BはFに対し、登記がなくても所有権を対抗できる。
213-25-3[A所有の宅地甲地をBが取得]甲地にA所有の住宅が建っているとき、BがAに対してこれを除却するよう求めるためには、Bは、甲地の所有権移転登記を完了していなければならない。×
308-03-1代金全額を支払ったとしても、所有権移転登記を完了していない場合には、買主は売主に所有権の移転を主張できない。×

【4】誤り

建築確認で審査されるのは接道義務、つまり「道路」に接続しているかどうかである。
私道であっても、みなし道路(建築基準法42条2項)は「道路」である。
この「道路」に接している以上、問題なく建築確認を受けることができ、Aの承諾は不要である

■類似過去問(道路の定義)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
123-19-2特定行政庁の指定がなくても道路とみなす。×
218-21-1特定行政庁の指定がなくても道路とみなす。×
318-21-2法第42条第2項の規定により道路の境界線とみなされる線と道との間の部分の敷地が私有地である場合は、敷地面積に算入される。×
413-21-1幅4m未満の道路が、「道路」とみなされることはない。×
513-25-4[A所有の宅地甲地をBが取得]甲地と公道との間が建築基準法42条2項の規定により道路とみなされる私道(敷地はA所有)のみにより接続しているときには、Bは、甲地に住宅を建築する目的で建築確認を受けるためには、当該私道の通行についてのAの承諾を必要とする。×
612-24-1道路法による道路は、すべて建築基準法上の道路に該当する。×
712-24-2建築物の敷地は、必ず4m以上の道路に接しなければならない。×
808-25-2建築物の敷地は、原則として幅員6m以上の道路に接していなければならない。×
906-22-1建築物の敷地は、原則として幅員4m以上の道路に接しなければならないが、この幅員については、地方の特殊性等により加重されることはない。×
1006-22-4建築基準法の規定が適用された際現に建築物が立ち並んでいる幅員4m未満の道で、特定行政庁が指定したものは、規定適用時の道路の境界線が、その道路の境界線とみなされる。×
1104-22-3前面道路が幅員4m未満の道で、特定行政庁が指定したものであるときは、道路の中心線から水平距離2mの線が道路と敷地の境界線とみなされて、建築基準法の規定が適用される。
■類似過去問(接道義務)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
118-21-4接道義務を満たさなくても、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて利害関係者の同意を得て許可した場合には、建築物を建築してもよい。×
213-25-4[A所有の宅地甲地をBが取得]甲地と公道との間が建築基準法第42条第2項の規定により道路とみなされる私道(敷地はA所有)のみにより接続しているときには、Bは、甲地に住宅を建築する目的で建築確認を受けるためには、当該私道の通行についてのAの承諾を必要とする。×
308-25-1接道義務を満たさなくても、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可した場合には、建築物を建築してもよい。
404-22-1既存不適格建物と同一敷地に同一規模の住宅を建てる場合は、前面道路の幅員によらず、建築基準法に違反しない。×
504-22-2幅員4m以上の道路に2m以上面していれば、その道路が自動車専用道路であっても、建築に制限を受けることはない。×

>>年度目次に戻る

【宅建過去問】(平成13年問25)都市計画法・建築基準法・民法全般” に対して 2 件のコメントがあります

  1. クリスティーン より:

    平成13年 問25 肢2 解説

    「3,000m2未満」ではなくて、「3,000m2以下」が正しいのではないでしょうか?

    1. 家坂 圭一 より:

      クリスティーン様

      御指摘ありがとうございます。
      まさにおっしゃる通りです。

      「建築してはならない建築物」が「3,000㎡を超えるもの」とされていますので、
      逆にいえば、
      「3,000㎡以下のもの」であれば、「建築することができる」ことになります。

      この点につき、御指摘にしたがって、解説文を訂正しました。
      この度は、ありがとうございました。
      今後とも宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です