【宅建過去問】(平成13年問32)宅建士

宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)に規定する宅地建物取引士に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 宅地建物取引士は、法第35条の規定による重要事項の説明をするときに、その相手方から要求がなければ、宅地建物取引士証の提示はしなくてもよい。
  2. 宅地建物取引業者は、10戸以上の一団の建物を分譲するために案内所を設置し、当該案内所において契約締結を行うときは、1名以上の成年者である専任の宅地建物取引士を置かなければならない。
  3. 宅地建物取引士は、宅地建物取引士としてすべき事務の禁止の処分を受けたときは、2週間以内に、宅地建物取引士証をその処分を行った都道府県知事に提出しなければならない。
  4. 宅地建物取引士は、法第18条第1項の登録を受けた後に他の都道府県知事にその登録を移転したときには、移転前の都道府県知事から交付を受けた宅地建物取引士証を用いて引き続き業務を行うことができる。

正解:2

【1】誤り

重要事項の説明をするときには、相手方の請求がなくとも、必ず宅建士証を提示しなければならない(宅地建物取引業法35条3項)。

■類似過去問(重説時の宅建士証提示)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-30-2
宅建士は、重要事項の説明をする際に、相手方から求められない場合は、宅建士証を提示しなくてもよい。
×
226-36-3物件担当の宅建士が急用で対応できなくなった場合、重要事項説明書にある宅建士欄を訂正の上、別の宅建士が記名押印をし、宅建士証を提示した上で、重要事項説明をすれば、宅建業法に違反しない。
325-30-2重要事項説明時、請求がなくても宅建士証を提示する必要があり、提示しないと20万円以下の罰金に処せられる。×
423-28-3重要事項説明時、請求があった場合のみ宅建士証を提示すればよい。×
522-30-3宅建士証を亡失し再交付申請中の者は、再交付申請書の写しを提示すればよい。×
618-36-2請求がなくても提示が必要。
717-39-2請求がなかったので提示せず。×
814-31-4重要事項説明時に宅建士証を提示していれば、その後は請求があっても提示する必要はない。×
913-31-4宅建士証を滅失した場合、再交付を受けるまで重要事項説明はできない。
1013-32-1重要事項説明時、要求がなければ、提示しなくてもよい。×
1110-39-3胸に着用する方法で提示可能。
1205-37-2初対面時に宅建士証を提示していれば、重要事項説明時に提示する必要はない。×
1304-48-2重要事項の説明をするときは、相手方の請求がなくても宅建士証を提示しなければならない。

【2】正しい

10戸以上の一団の建物の分譲を行うための案内所において契約の締結や契約の申込を受ける場合には、1名以上の成年者である専任の宅建士を置かなければならない(宅地建物取引業法31条の3第1項、規則15条の5の3第1項2号)。

■類似過去問(宅建士の必要人数)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
126-28-3案内所で5分の1以上。×
226-28-42業者が共同で業務を行う案内所には、一方の業者のみが宅建士を設置する必要すればよい。
324-36-2案内所で5分の1以上。×
421-42-4展示会で5分の1以上。×
517-32-2案内所で5分の1以上。×
616-43-3案内所で5分の1以上。×
714-31-2展示会で1人。
813-32-2案内所で1人。
907-39-1従業者21人の事務所で5人以上。
1006-35-3事務所で5分の1以上。
1105-48-2案内所で5分の1以上。×
1202-35-4事務所以外も5分の1以上。×

【3】誤り

事務禁止処分を受けた場合には、速やかに、宅建士証をその交付を受けた知事に提出しなければならない(宅地建物取引業法22条の2第7項)。
2週間以内ではないし、提出先は事務禁止処分を行った知事ではない。

■類似過去問(宅建士証の提出)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
125-44-エ事務禁止処分を受けた場合、宅建士証を提出しなければならず、提出しなかったときは10万円以下の過料に処せられる
214-35-3勤務先の宅建業者が業務停止処分を受けた場合、宅建士は速やかに、宅建士証を交付を受けた知事に提出しなければならない×
313-32-3宅建士は、事務禁止処分を受けたときは、2週間以内に、宅建士証を処分を行った知事に提出しなければならない×
411-31-2甲県登録の宅建士が、乙県知事から事務禁止処分を受けたとき、1週間以内に乙県知事に宅建士証を提出しなければならない×
510-30-2甲県登録の宅建士が、乙県知事から事務禁止処分を受けたときは、速やかに、宅建士証を乙県知事に提出しなければならない×
603-35-3甲県登録の宅建士が、乙県知事から事務禁止処分を受けたときは、速やかに乙県知事に宅建士証を提出しなければならない×
702-39-2事務禁止処分を受けた場合、速やかに、宅建士証を処分をした知事に提出しなければならない×

【4】誤り

登録の移転をした場合には、移転前の宅建士証は、効力を失う(宅地建物取引業法22条の2第4項)。
無効な宅建士証を用いて業務を行うことはできない。
※登録移転先の都道府県知事に宅建士証の交付を申請しなければならない。

■類似過去問(登録の移転の際の宅建士証の有効期間)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-38-ア
登録の移転の申請をしたときは、移転後新たに5年を有効期間とする宅建士証の交付を受けることができる。
×
223-29-4登録の移転申請とともに宅建士証交付の申請をした場合、移転後の知事は、移転申請前の宅建士証の有効期間が経過するまでの期間を有効期間とする宅建士証を交付しなければならない。
320-30-2登録の移転後であっても、移転前の宅建士証(有効期間内)を用いて宅建士としてすべき事務を行うことができる。×
413-32-4登録を移転したときには、移転前の都道府県知事から交付を受けた宅建士証を用いて引き続き業務を行うことができる。×
510-30-1登録の移転とともに宅建士証の交付を受けたとき、新たな宅建士証の有効期間は、交付日から5年となる。×
604-38-2登録の移転の申請をした場合、移転後の宅建士証の有効期間は、移転申請の日から5年となる。×
702-39-3登録の移転を受けた者は、移転後の知事から宅建士証の交付を受けなければ、宅建士の業務を行うことができない。
801-40-4登録の移転をしたとき、登録移転前に交付を受けていた宅建士証は効力を失う。

>>年度目次に戻る

勝負の夏! 学習応援キャンペーン

願書の受付も完了し、学習に本腰を入れなければならないシーズンです。

学習意欲の高まった皆さまを支援するため、特別キャンペーンを開始しました。
13年分(平成16年~平成28年)の過去問解説が、10年分の価格でお求めいただけるチャンスです。
この機会をぜひ御活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です