8月
17
2002

【宅建過去問】(平成14年問05)債権質

【過去問本試験解説】発売中

Aは、Bから建物を賃借し、Bに3,000万円の敷金を預託した。その後、Aは、Bの承諾を得て、この敷金返還請求権につき、Cからの借入金債務を担保するために、Cのために適法に質権を設定した。この場合、民法の規定によれば、次の記述のうち正しいものはどれか。

  1. Cは、Bの承諾が書面によるものであれば、確定日付を得ていなくても、この質権設定を、B以外の第三者に対しても対抗することができる。
  2. CのAに対する利息請求権は、常に満期となった最後の2年分についてのみ、この質権の被担保債権となる。
  3. CのAに対する債権の弁済期の前に、この敷金返還請求権の弁済期が到来した場合は、Cは、Bに対し、当該敷金を供託するよう請求できる。
  4. CのAに対する債権の弁済期が到来した場合、Cは、Bに対し、Bがこの質権設定を承諾したことを根拠に、この敷金返還請求権の弁済期の前に、当該敷金を直ちにCに交付するよう請求できる。

正解:3

敷金返還請求権を目的として質権を設定するという債権質に関する問題である(民法362条)。

【1】 X 誤り

指名債権を目的とする質権の対抗要件については、指名債権の譲渡の場合と同一とされている(民法364条、民法467条)。
したがって、B(第三債務者)の承諾が、確定日付ある証書によるものでなければ、質権設定をB以外の第三者に対抗することはできない。

■類似過去問(指名債権を目的とする質権の対抗要件)
  • 平成14年問05肢1(債権質の質権者は、債務者の承諾が書面によるものであれば、確定日付を得ていなくても、この質権設定を、第三者に対しても対抗することができる:×)
  • 平成10年問03肢2(確定日付のある証書による債権者から債務者への通知又は債務者の承諾がないときでも、質権者は、建物賃貸借契約証書及び敷金預託を証する書面の交付を受けている限り、質権の設定を他の債権者に対抗することができる:×)

【2】 X 誤り

質権は、元本、利息、違約金などを広く担保する(民法346条)。
抵当権の場合(民法375)と異なり、利息請求権について最後の2年分についてのみという制限はない。

【3】 ◯ 正しい

質権が設定されている債権(敷金返還請求権)の弁済期が、質権者(C)の債権の弁済期前に到来したときは、質権者は、第三債務者(A)に、弁済すべき金額を供託させることができる(民法366条3項)。

■類似過去問(質権者による債権の取立て)
  • 平成14年問05肢3(敷金返還請求権に質権の設定を受けた者は、賃借人に対する債権の弁済期到来前に、敷金返還請求権の弁済期が到来した場合は、賃貸人に対し、敷金を供託するよう請求できる:○)
  • 平成14年問05肢4(敷金返還請求権に質権の設定を受けた者は、賃借人に対する債権の弁済期が到来した場合、賃貸人に対し、敷金返還請求権の弁済期の前に、敷金を直ちに交付するよう請求できる:×)
  • 平成10年問03肢3(敷金返還請求権に質権の設定を受けた者は、賃借人の承諾を得ることなく、賃貸人から直接取立てを行うことができる:○)

【4】 X 誤り

質権者は、質権の目的である債権を直接に取り立てることができる(民法366条1項)。しかし、取立てができるのは、敷金返還請求権の弁済期以降に限られる。それより前に敷金を返還させることはできない。

■類似過去問(質権者による債権の取立て)
  • →肢3

>>年度目次に戻る

Written by 家坂 圭一 in: 平成14年過去問,民法 |

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2005- 株式会社ビーグッド教育企画 All Rights Reserved.
Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com WordPress Themes