【宅建過去問】(平成14年問20)用途制限(建築基準法)

建築基準法第48条に規定する用途規制に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。ただし、特定行政庁の許可は考慮しないものとする。

  1. 第一種低層住居専用地域内では、小学校は建築できるが、中学校は建築できない。
  2. 第一種住居地域内では、ホテル(床面積計3,000m2以下)は建築できるが、映画館は建築できない。
  3. 近隣商業地域内では、カラオケボックスは建築できるが、料理店は建築できない。
  4. 工業地域内では、住宅は建築できるが、病院は建築できない。

正解:1

【1】誤り

第一種低層住居専用地域内では、小学校だけでなく、中学校・高等学校も建築することができる(建築基準法48条1項、建築基準法別表第2(い)項)。

【2】正しい

第一種低層住居専用地域内では、ホテル(床面積計3,000m2以下)は建築できるが、映画館は建築できない(建築基準法48条5項、建築基準法別表第2(ほ)項)。

【3】正しい

近隣商業地域内では、カラオケボックスは建築できるが、料理店は建築できない(建築基準法48条8項、建築基準法別表第2(ち)項)。

【4】正しい

工業地域内では、住宅は建築できるが、病院は建築できない(建築基準法48条11項、建築基準法別表第2(る)項)。


>>年度目次に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です