【宅建過去問】(平成15年問10)瑕疵担保責任

Aが、BからB所有の土地付中古建物を買い受けて引渡しを受けたが、建物の主要な構造部分に欠陥があった。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち正しいものはどれか。なお、瑕疵担保責任(以下この問において「担保責任」という。)については、特約はない。

  1. Aが、この欠陥の存在を知って契約を締結した場合、AはBの担保責任を追及して契約を解除することはできないが、この場合の建物の欠陥は重大な瑕疵なのでBに対して担保責任に基づき損害賠償請求を行うことができる。
  2. Aが、この欠陥の存在を知らないまま契約を締結した場合、Bの担保責任を追及して契約の解除を行うことができるのは、欠陥が存在するために契約を行った目的を達成することができない場合に限られる。
  3. Aが、この欠陥の存在を知らないまま契約を締結した場合、契約締結から1年以内に担保責任の追及を行わなければ、AはBに対して担保責任を追及することができなくなる。
  4. AB間の売買契約が、宅地建物取引業者Cの媒介により契約締結に至ったものである場合、Bに対して担保責任が追及できるのであれば、AはCに対しても担保責任を追及することができる。

正解:2

【1】誤り

瑕疵担保責任は「隠れた瑕疵」があった場合の売主の責任である(民法570条)。
買主が欠陥(瑕疵)の存在を知っていた以上、瑕疵担保責任は発生しない。
したがって、解除することも、損害賠償請求することもできない。

■類似過去問(瑕疵担保責任:買主の善意無過失)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
126-06-1契約締結当時、瑕疵があることを知っていた場合でも、瑕疵の存在を知ってから1年以内であれば、瑕疵担保責任を追及できる。×
219-11-3契約時、瑕疵の存在を知っていたり、過失により瑕疵に気づかなかった買主に対し、売主は瑕疵担保責任を負わない。
316-10-1瑕疵を知っていた買主は、売主の瑕疵担保責任を追及できない。
415-10-1欠陥を知って契約した場合、契約の解除はできないが、損害賠償請求はできる。×

【2】正しい

買主が売主の担保責任を追及して契約の解除を行うことができるのは、欠陥が存在するために契約を行った目的を達成することができない場合に限られる(民法570条、民法566条1項)。
それに至らない瑕疵の場合には、損害賠償の請求のみが可能である。

■類似過去問(瑕疵担保責任:解除できる場合)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
123-09-2重大な瑕疵があり、契約目的を達成できない場合には、契約を解除できる。
219-11-2目的を達成できないとまでいえない瑕疵の場合、売主は、瑕疵担保責任を負わない。×
315-10-2解除できるのは、契約目的が達成できない場合に限られる。
414-09-2解除できない場合でも、損害賠償請求が可能。
514-09-4契約目的を達成できない場合に限り、解除可能。
608-08-4契約の目的を達成できない場合、解除可能。
704-08-1購入した建物の瑕疵が、居住の用に支障ないものでも、解除可能。×
803-11-3契約目的を達成できない場合、解除可能。
901-04-2売買の目的物である土地に隠れた瑕疵があって、買主がそのことを知らなかったときは、買主は、その事実を知ったとき、瑕疵の程度に関係なく、契約を解除することができる。×

【3】誤り

買主による売主への担保責任の追及は、買主が「事実を知ったとき」から1年以内に行使する必要がある(民法570条、民法566条3項)。
「契約締結から1年」ではない。

■類似過去問(瑕疵担保責任:知った時から1年以内)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
120-09-3瑕疵担保責任の追及は、瑕疵を知ってから1年以内に、裁判外で明確に告げればよい。
219-11-4瑕疵担保責任の追及は、瑕疵を知ってから1年以内に行わなければならない。
315-10-3瑕疵担保責任の追及は、契約から1年以内に行わなければならない。×
414-09-3瑕疵担保責任の追及は、瑕疵を知ってから1年以内に行わなければならない。

【4】誤り

瑕疵担保責任は売買契約の売主が買主に対して負う責任である。
売主でもない媒介宅建業者に対して、瑕疵担保責任を追及することはできない。

■類似過去問(瑕疵担保責任:追及の相手方)
内容を見る
民法[27]3(4)
瑕疵担保責任(追及の相手方)
 年-問-肢内容正誤
129-05-2Aは、中古自動車を売却するため、Bに売買の媒介を依頼し、報酬として売買代金の3%を支払うことを約した。Bの媒介によりAは当該自動車をCに100万円で売却した。当該白動車に隠れた瑕疵があった場合には、CはAに対しても、Bに対しても、瑕疵担保責任を追及することができる。×
215-10-4土地付中古建物の売買契約が、宅建業者の媒介により契約締結に至ったものである場合、売主に対して担保責任が追及できるのであれば、買主は宅建業者に対しても担保責任を追及できる。×

>>年度目次に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です