【宅建過去問】(平成15年問28)固定資産税

固定資産税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 年度の途中において土地の売買があった場合の当該年度の固定資産税は、売主と買主がそれぞれその所有していた日数に応じて納付しなければならない。
  2. 固定資産税における土地の価格は、地目の変換がない限り、必ず基準年度の価格を3年間据え置くこととされている。
  3. 固定資産税の納税義務者は、常に固定資産課税台帳に記載されている当該納税義務者の固定資産に係る事項の証明を求めることができる。
  4. 固定資産税の徴収方法は、申告納付によるので、納税義務者は、固定資産を登記した際に、その事実を市町村長に申告又は報告しなければならない。

正解:3

【1】誤り

固定資産税の課税義務者は、1月1日現在において、固定資産課税台帳に所有者として登録されている者である(地方税法343条1項、359条)。
年度の途中において土地の売買があった場合でも日割り計算するわけではない。

■類似過去問(固定資産税:年度途中での売買)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
127-24-1平成27年1月15日に新築された家屋に対する平成27年度分の固定資産税は、新築住宅に係る特例措置により税額の2分の1が減額される。
×
217-28-3固定資産税を既に全納した者が、年度の途中において土地の譲渡を行った場合には、その所有の月数に応じて税額の還付を受けることができる。×
315-28-1年度の途中において土地の売買があった場合の当該年度の固定資産税は、売主と買主がそれぞれその所有していた日数に応じて納付しなければならない。×
411-27-4年の途中において、土地の売買があった場合には、当該土地に対して課税される固定資産税は、売主と買主でその所有の月数に応じて月割りで納付しなければならない。×

【2】誤り

固定資産税における土地の価格は、原則として基準年度の価格を3年間据え置くこととされている。しかし、地目の変換その他一定の事由が生じた場合には、その変更(評価替え)が可能とされている(地方税法349条)。

■類似過去問(土地又は家屋に対して課する固定資産税の課税標準)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
115-28-2固定資産税における土地の価格は、地目の変換がない限り、必ず基準年度の価格を3年間据え置くこととされている。×
201-31-1土地又は家屋に対して課する固定資産税の課税標準は、地目の変換、家屋の改築等特別の事情がない限り、基準年度以後3年度間据え置かれる。

【3】正しい

固定資産税の納税義務者は、固定資産課税台帳に記載されている当該納税義務者の固定資産に係る事項の証明を求めることができる(地方税法382条の3)。

■類似過去問(固定資産課税台帳に記載をされている事項の証明書の交付)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
117-28-2納税義務者又はその同意を受けた者以外の者は、固定資産課税台帳の記載事項の証明書の交付を受けることはできない。×
215-28-3固定資産税の納税義務者は、常に固定資産課税台帳に記載されている当該納税義務者の固定資産に係る事項の証明を求めることができる。

【4】誤り

固定資産税の徴収方法は、普通徴収の方法による(地方税法349条)。
申告納付によるのではない。

■類似過去問(固定資産税:徴収方法)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
115-28-4固定資産税の徴収方法は、申告納付によるので、納税義務者は、固定資産を登記した際に、その事実を市町村長に申告又は報告しなければならない。×
211-27-2固定資産税の納税通知書は、遅くとも、納期限前10日までに納税者に交付しなければならない。
303-30-2固定資産税の徴収は、申告納付の方法による。×

>>年度目次に戻る

過去問を活用した合格作戦

過去問を徹底的に研究することで、「楽に」「確実に」合格する、
というこのサイトを、学習方法として具体化する方法は?
この点を説明した「ガイダンス動画」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です