8月
13
2003

【宅建過去問】(平成15年問48)統計

【過去問本試験解説】発売中

宅地建物の統計等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 平成15年地価公示(平成15年3月公表)によれば、平成14年における全国の地価の概況は、住宅地で下落したものの、商業地では上昇に転じた。
  2. 平成14年版土地白書(平成14年6月公表)によれば、全国の土地取引面積は平成3年以降毎年緩やかに減少し続けている。
  3. 平成13年度法人企業統計年報によれば、平成13年度における不動産業の経常利益は、約1兆9,000億円であり、3年ぶりに増益になった。
  4. 平成14年建築着工統計(平成15年1月公表)によれば、平成14年の新設住宅着工戸数は約115万戸であったが、2年連続前年を下回った。

正解:4

【1】 X 誤り

平成15年地価公示によれば、平成14年における全国の地価の概況は、「住宅地は下落幅が拡大したが、商業地は下落幅が縮小した」。つまり、地価は、住宅地に関しても商業地に関しても下落している。
本肢では、「商業地では上昇」」といっているので誤り。
【国土交通省】平成15年地価公示に基づく平成14年の地価動向について

【2】 X 誤り

平成14年版土地白書によれば、全国の土地の取引面積は平成6年以降は小幅な増減を見せており、必ずしも減少し続けているわけではない。
【国土交通省】平成14年版土地白書(図表3-2-3)

【3】 X 誤り

平成13年度法人企業統計年報によると、不動産業の経常利益の増加は事実であるが、3年ぶりではなく、前年、前々年に引き続いて増加している。
【財務省】平成13年度法人企業統計年報(調査結果の概要)

【4】 ◯ 正しい

平成14年建築着工統計によれば、平成14年の新設住宅着工戸数は1,151,016戸であり、前年比1.9%減、2年連続の減少となった。
【国土交通省】平成14年の新設住宅着工戸数(概 要 )


>>年度目次に戻る

Written by 家坂 圭一 in: 平成15年過去問,統計 |

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2005- 株式会社ビーグッド教育企画 All Rights Reserved.
Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com WordPress Themes