【宅建過去問】(平成16年問06) 連帯債務/保証債務

AとBが1,000万円の連帯債務をCに対して負っている(負担部分は1/2ずつ)場合と、Dが主債務者として、Eに1,000万円の債務を負い、FはDから委託を受けてその債務の連帯保証人となっている場合の次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 1,000万円の返済期限が到来した場合、CはA又はBにそれぞれ500万円までしか請求できないが、EはDにもFにも1,000万円を請求することができる。
  2. CがBに対して債務の全額を免除しても、AはCに対してなお500万円の債務を負担しているが、EがFに対して連帯保証債務の全額を免除すれば、Dも債務の全額を免れる。
  3. Aが1,000万円を弁済した場合には、Aは500万円についてのみBに対して求償することができ、Fが1,000万円を弁済した場合にも、Fは500万円についてのみDに対して求償することができる。
  4. Aが債務を承認して時効が中断してもBの連帯債務の時効の進行には影響しないが、Dが債務を承認して時効が中断した場合にはFの連帯保証債務に対しても時効中断の効力を生ずる。

正解:4

1 誤り

【連帯債務】
債権者Cは連帯債務者(AとB)に対して、それぞれに全額請求することができる(民法432条)。
【連帯保証】
債権者Eは、主債務者D、連帯保証人Fの双方に対して、全額請求することができる。(民法447条1項)。

■類似過去問(連帯債務:基本構造)
  • 平成16年問06肢1(債権者は、連帯債務者に対し、それぞれ負担部分の範囲でしか請求できない:×)
  • 平成13年問04肢1(債権者は、連帯債務者の一人に全額請求した場合、他の連帯債務者には全く請求することができない:×)
  • 平成13年問04肢2(連帯債務者の一人は、債権者から全額請求されても、負担部分だけ支払えばよい:×)
  • 平成08年問04肢1(債権者は、連帯債務者のそれぞれに対して、同時に、代金全額の支払いを請求できる:◯)

2 誤り

【連帯債務】
債権者Cが連帯債務者の1人Bに対して債務の全額を免除した場合、その者の負担部分について、他の連帯債務者も債務を免れる(民法437条)。
【連帯保証】
連帯保証についても連帯債務に関する規定が準用されている(民法458条)。
しかし、連帯保証人は保証人に過ぎず、負担部分がない。つまり、債権者Eが連帯保証人Fの連帯保証債務全額を免除したとしても、主たる債務者Dの債務は全く減ることがない。依然として全額の債務を負担する。

■類似過去問(連帯債務:免除)
  • 平成20年問06肢1(連帯債務者の一人が免除を受ければ、その負担部分につき、他の連帯債務者も債務を免れる:◯)
  • 平成16年問06肢2(連帯債務者の一人が免除を受ければ、その負担部分につき、他の連帯債務者も債務を免れる:◯)
  • 平成08年問04肢3(連帯債務者の一人に債務全額の免除をした場合でも、その債務者の負担部分を除いた金額について、他の連帯債務者に請求することはできる:◯)
■類似過去問(連帯保証:免除)
  • 平成20年問06肢1(主債務者が免除を受ければ連帯保証人が、連帯保証人が免除を受ければ主債務者が、債務を免れる:×)
  • 平成16年問06肢2(連帯保証人が免除を受ければ、主債務者も債務を免れる:×)

3 誤り

【連帯債務】
連帯債務者の1人であるAが債務全額(1,000万円)を弁済した場合、他の連帯債務者Bに対し、Bの負担部分(1/2=500万円)について求償することができる(民法442条)。
【連帯保証】
主たる債務者Dの委託を受けて保証した連帯保証人Fは、弁済額の全額(1,000万円)を主たる債務者Dに求償することができる(民法459条)。

■類似過去問(連帯債務:連帯債務者間の求償権)
  • 平成16年問06肢3(連帯債務者の一人が、債務全額を弁済した場合、他の連帯債務者に対し、その負担部分につき求償できる:◯)
  • 平成13年問04肢3(連帯債務者の一人が、債務全額を弁済した場合、他の債務者に対し、その負担部分と支払日以降の法定利息を求償できる:◯)
■類似過去問(連帯保証)
  • 平成18年問07肢1(主たる債務者の委託を受けた連帯保証人が、債権全額につき保証債務を履行した場合、その全額につき債務者に求償できる:◯)
  • 平成18年問07肢2(連帯保証人が2人いる場合で連帯保証人の1人が債務全額を弁済した場合、その連帯保証人は。その半額につき他の連帯保証人に求償できる:◯)
  • 平成16年問06肢3(主たる債務者の委託を受けた連帯保証人が、債権全額につき保証債務を履行した場合、その半額についてのみ債務者に求償できる:×)
  • 平成05年問04肢4(連帯保証人が2人いる場合で連帯保証人の1人が債務全額を弁済した場合、その連帯保証人は主債務者に求償することはできるが、他の連帯保証人には求償できない:×)

4 正しい

【連帯債務】
債務の承認による時効中断は、連帯債務者間において、相対効を持つに過ぎない。したがって、連帯債務者の1人Aが債務を承認して時効が中断したとしても、他の連帯債務者Bには影響を及ぼさない(民法440条)。
※債権者からの請求による時効中断が絶対効を持つことと区別すること(民法434条)。
【連帯保証】
連帯保証においては、主たる債務者Dにつき時効の中断が生じた場合、連帯保証人Fに対しても時効中断の効果が及ぶ(民法457条1項)。

■類似過去問(連帯債務:相対的効力の原則)
  • 平成16年問06肢4(連帯債務者の一人が債務を承認して時効が中断しても、他の連帯債務者の時効の進行には影響しない:◯)
  • 平成08年問04肢4(連帯債務者の一人に解除の意思表示をした場合、その効力は他の連帯債務者にも及ぶ:×)
  • 平成03年問06肢2(連帯債務者の一人に期限を猶予したときは、他の連帯債務者も期限を猶予される:×)
  • 平成03年問06肢4(連帯債務者の一人が債務を承認して時効が中断しても、他の連帯債務者の債務については中断されない:◯)
  • 平成01年問10肢2(売買契約を締結する際、連帯債務者の一人Aに錯誤があって、Aと債権者Cとの間の売買契約が無効であったとしても、他の連帯債務者BとCとの間の売買契約は、無効とはならない:◯)
  • 平成01年問10肢3(連帯債務者の一人Aが債権者Cに対して債務を承認すると、Cの代金債権の消滅時効は、他の連帯債務者Bについても中断される:×)
■類似過去問(保証:履行の請求・債務の承認))
  • 平成20年問06肢2(債権者が主債務者に履行を請求した効果は連帯保証人に及び、連帯保証人に対して履行を請求した効果は主債務者に及ぶ:◯)
  • 平成16年問06肢4(主債務者が債務を承認して時効が中断した場合、連帯保証人の連帯保証債務に対しても時効中断の効力を生ずる:◯)
  • 平成15年問07肢3(連帯保証人に対する履行の請求による時効中断は、主債務者に対しても効力を生ずる:◯)
  • 平成15年問07肢4(主債務者に対する履行の請求その他時効の中断は、保証人に対しても効力を生ずる:◯)
  • 平成10年問04肢3(連帯保証人に対し請求の訴えを提起することにより、主債務者の消滅時効中断の効力が生ずることはない:×)
  • 平成07年問03肢1(連帯保証人に対し訴訟により弁済を請求しても、主債務者の債務については時効中断の効力を生じない:×)
  • 平成07年問03肢3(主債務者に対し訴訟により弁済を請求すれば、連帯保証人の債務についても時効中断の効力を生ずる:◯)
  • 平成02年問07肢2(Cが主債務者Bの保証人の場合、債権者AのBに対する履行の請求は、Cに対しては効力を生じない:×)
  • 平成02年問07肢3(Cが主債務者Bの連帯保証人の場合、債権者AのCに対する履行の請求は、Bに対しても効力を生じる:◯)

>>年度目次に戻る

勝負の夏! 学習応援キャンペーン

願書の受付も完了し、学習に本腰を入れなければならないシーズンです。

学習意欲の高まった皆さまを支援するため、特別キャンペーンを開始しました。
13年分(平成16年~平成28年)の過去問解説が、10年分の価格でお求めいただけるチャンスです。
この機会をぜひ御活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です