【宅建過去問】(平成16年問11)組合

AはBと、それぞれ1,000万円ずつ出資して、共同で事業を営むことを目的として民法上の組合契約を締結した。この場合、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. AとBは、出資の価額が均等なので、損益分配の割合も均等に定めなければならない。
  2. 組合への出資金で不動産を購入し組合財産とした場合、この組合財産は総組合員の共有に属する。
  3. 組合財産たる建物の賃借人は、組合に対する賃料支払債務と、組合員たるAに対する債権とを相殺することができる。
  4. 組合に対し貸付金債権を取得した債権者は、組合財産につき権利行使できるが、組合員個人の財産に対しては権利行使できない。

正解:2

1 誤り

損益分配の割合を定めない場合は出資の価額に応じて定める(民法674条1項)。
しかし、当事者が損益分配の割合を定めればその定めが優先する。
したがって、AとBの出資の価額が均等であっても、損益分配の割合は均等に定める必要はない。

2 正しい

組合財産は総組合員の共有に属するとするのが民法の規定である(民法668条)。

3 誤り

組合の債務者はその債務と組合員に対する債権とを相殺することができない(民法677条)。
したがって、組合財産たる建物の賃借人は、組合に対する賃料支払債務と、組合員Aに対する債権とを相殺することができない。

4 誤り

組合に対し貸付債権を取得した債権者は、組合財産につき権利行使できるとともに、各組合員に対しその損失分担の割合に応じて組合員個人の財産に対して権利行使できる(民法675条)。


>>年度目次に戻る

過去問徹底!スリー・ステップ教材の御案内

過去問の徹底分析から生み出された、「楽に」「確実に」合格するための教材。それが当社のスリー・ステップ学習教材です。
この教材は、学習の進行を三段階(スリー・ステップ)に分け、御自分に合った段階からスタートできるように設計されています。

[Step.1]基本習得編
学習の最初の段階、正しい知識を分かりやすい流れの中で学んでいく段階です。ここでは、DVDの講義を見て、合格に必要な基本知識を習得します。

[Step.2]実戦応用編
最初に一問一答式の問題集を解き、その後に解説講義を見ます。これにより、「Step.1で勉強した基礎知識が実際の本試験ではどのように出題されるか」、「選択肢の◯×を決める基準は何か」を身に付けます。

[Step.3]過去問演習編
年度別の本試験過去問を解き、その後に解説講義を見ます。学習の総仕上げとして、基本知識や解法テクニックを一層確実に、そして本試験で使えるレベルに仕上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です