【宅建過去問】(平成16年問48) 不動産に関する統計

宅地建物の統計に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 平成15年版土地白書(平成15年7月公表)によれば、平成13年の全国の土地取引の面積規模別件数の割合は、300m2未満が全体の約7割を占めている。
  2. 平成14年度法人企業統計(財務省)によれば、平成14年度の不動産業の売上高は、約33.5兆円で、4年連続で減少している。
  3. 住宅着工統計(国土交通省)によれば、平成15年の新設住宅の着工床面積は、前年比約0.7%増で、3年連続の増加となった。
  4. 平成16年地価公示(平成16年3月公表)によれば、東京都区部を中心として地価の下げ止まりの傾向がみられるものの、他の圏域に関しては、その傾向は全くみられない。

正解:1

1 正しい

平成15年度版土地白書によると、100m2未満が33.7%、100?300m2が37.6%である。

2 誤り

平成14年度の不動産業の売上高は、約33.5兆円で、二年連続で増加となった。

3 誤り

新設住宅着工床面積は、前年比0.7%減、3年連続の減少となっている。

4 誤り

平成16年地価公示によると、地価の下げ止まり傾向は、他圏域の中心都市にも一部現れてきている。


>>年度目次に戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です