【宅建過去問】(平成17年問19) 都市計画法・複合

都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 区域区分は、都市計画区域について無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため必要があるときに、都市計画に定める市街化区域と市街化調整区域との区分をいう。
  2. 準都市計画区域は、都市計画区域外の区域のうち、相当数の住居その他の建築物の建築又はその敷地の造成が現に行われ、又は行われると見込まれる一定の区域で、そのまま土地利用を整序することなく放置すれば、将来における都市としての整備、開発及び保全に支障が生じるおそれがあると認められる区域をいう。
  3. 再開発等促進区は、地区計画について土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の増進とを図るため、一体的かつ総合的な市街地の再開発又は開発整備を実施すべき区域をいう。
  4. 高層住居誘導地区は、住居と住居以外の用途を適正に配分し、利便性の高い高層住宅の建設を誘導するため、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域等において定められる地区をいう。

正解:4

1 正しい

区域区分とは、都市計画区域について無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るために必要があるときに定める、市街化区域と市街化調整区域との区分である(都市計画法7条1項)。

※区域区分は、都市計画区域について無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため必要があるときに、定めることができる。必ず定めなければならないわけではない。
区域区分を必ず定めなければならないのは、以下2つを含む都市計画の場合である(同条同項)。

  1. 三大都市圏(首都圏・近畿圏・中部圏)
  2. 政令指定都市
■類似過去問(区域区分)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
123-16-4都市計画区域では必ず区域区分を定める。×
222-16-3区域区分は、指定都市・中核市・施行時特例市の区域を含む都市計画区域には必ず定める。×
319-18-2都市計画区域では必ず区域区分を定める。×
417-19-1区域区分は、都市計画区域について無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため必要があるときに、都市計画に定める市街化区域と市街化調整区域との区分をいう。
514-17-4すべての都市計画区域で区域区分を定める必要はない。

2 正しい

準都市計画区域は、都市計画区域外の区域のうち、相当数の住居その他の建築物の建築又はその敷地の造成が現に行われ、又は行われると見込まれる一定の区域で、そのまま土地利用を整序することなく放置すれば、将来における都市としての整備、開発及び保全に支障が生じるおそれがあると認められる区域をいう(都市計画法5条の2第1項)。

■類似過去問(準都市計画区域)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
122-16-2新たに住居都市、工業都市その他の都市として開発し、及び保全する必要がある区域を指定。×
217-19-2そのまま土地利用を整序することなく放置すれば、将来における都市としての整備、開発及び保全に支障が生じるおそれがあると認められる区域を指定。

3 正しい

再開発等促進区とは、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の増進とを図るため、一体的かつ総合的な市街地の再開発又は開発整備を実施すべき区域をいう(都市計画法12条の5第3項)。

4 誤り

高層住居誘導地区は、住居と住居以外の用途とを適正に配分し、利便性の高い高層住宅の建設を誘導する地区であり、

  1. 第1種住居地域
  2. 第2種住居地域
  3. 準住居地域
  4. 近隣商業地域li>準工業地域

において定められる。つまり、いわゆる混在系の用途地域においてのみ定めることができる(都市計画法9条16項)。逆に、専用系の用途地域(第一種・二種低層住居専用地域、第一種・二種中高層住居専用地域、商業地域、工業地域、工業専用地域)では、設定することができない。

■類似過去問(高層住居誘導地区)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
126-15-4高層住居誘導地区は、住居と住居以外の用途とを適正に配分し、利便性の高い高層住宅の建設を誘導するために定められる地区であり、近隣商業地域及び準工業地域においても定めることができる。
217-19-4高層住居誘導地区は、第一種・第二種中高層住居専用地域等で定められる。×
315-17-1高層住居誘導地区は、住居と住居以外の用途とを適正に配分し、利便性の高い高層住宅の建設を誘導するため定める地区である。

>>年度目次に戻る

過去問を活用した合格作戦

過去問を徹底的に研究することで、「楽に」「確実に」合格する、
というこのサイトを、学習方法として具体化する方法は?
この点を説明した「ガイダンス動画」です。

【宅建過去問】(平成17年問19) 都市計画法・複合” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です