【宅建過去問】(平成20年問49)土地の形質

土地の形質に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 地表面の傾斜は、等高線の密度で読み取ることができ、等高線の密度が高い所は傾斜が急である。
  2. 扇状地は山地から平野部の出口で、勾配が急に緩やかになる所に見られ、等高線が同心円状になるのが特徴的である。
  3. 等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いている部分は尾根で、山頂から見て等高線が張り出している部分は谷である。
  4. 等高線の間隔の大きい河口付近では、河川の氾濫により河川より離れた場所でも浸水する可能性が高くなる。

正解:3

【1】正しい

地表面の傾斜は、等高線の密度で読み取ることができる。
等高線の密度が高い(間隔が密)ということは、少しの水平距離を進むだけで、標高が急激に上がることを意味する(図の左側)。つまり、傾斜が急である。逆に、等高線の密度が低い(間隔が疎)の場合は、多くの水平距離を進まないと、標高を稼ぐことができない(図の右側)。すなわち、傾斜が緩い。
以下の図と照らしながら、しっかり理解しておこう。

20-49-1

■類似過去問(等高線)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
120-49-1地表面の傾斜は、等高線の密度で読み取ることができ、等高線の密度が高い所は傾斜が急である。
220-49-2扇状地は山地から平野部の出口で、勾配が急に緩やかになる所に見られ、等高線が同心円状になるのが特徴的である。
320-49-3等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いている部分は尾根で、山頂から見て等高線が張り出している部分は谷である。×
420-49-4等高線の間隔の大きい河口付近では、河川の氾濫により河川より離れた場所でも浸水する可能性が高くなる。
515-49-1地形図の上では斜面の等高線の間隔が不ぞろいで大きく乱れているような場所では、過去に崩壊が発生した可能性があることから、注意が必要である。
615-49-4地形図で見ると、急傾斜地は等高線の間隔は密になり、傾斜が緩やかな土地では等高線の間隔は疎になっている。
711-49-1地形図で見ると、急傾斜地では等高線の間隔は密になっているのに対し、傾斜が緩やかな土地では等高線の間隔が疎となっている。
811-49-2地すべり地については、上部は急斜面、中部は緩やかな斜面、下部には末端部に相当する急斜面があり、等高線は乱れて表れることが多い。
911-49-3崖錐は、谷の出口付近において傾斜の緩い扁平な円錐形状の地形を形成しており、谷出口を頂点とする同心円状の等高線で表されることが多い。×
1001-01-4地図の上で等高線が密な所は、その地形の傾斜が急であり、疎の所は、その地形の傾斜が緩やかである。

【2】正しい

扇状地とは、河川が山地から平地へと下る谷の出口に、河川により運ばれた砂礫が堆積することで形成される平坦地である。地形図上では、同心円状の等高線を描く。
砂礫で構成されていることで分かるように、扇状地は水はけがよく、地下水位が深い。このため、建築物の基礎として十分な支持力を持つ。しかし、谷の出口であるため、土石流などのリスクが高く、この点には注意が必要である。

18-50-3_2 20-49-2
■類似過去問(扇状地)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
122-49-2谷出口に広がる扇状地は、地盤は堅固でないが、土石流災害に対して安全であることが多い。×
220-49-2扇状地は山地から平野部の出口で、勾配が急に緩やかになる所に見られ、等高線が同心円状になるのが特徴的である。
318-50-3扇状地とは、山地から河川により運ばれてきた砂礫等が堆積し、平坦地になった地盤である。
412-49-3谷出口に広がる扇状地は、土砂・れき礫が堆積してできたものであるため、地盤は堅固でないが、土石流災害に対しては安全であることが多い。×
508-01-1扇状地については、大縮尺の地形図や空中写真によって、土石流や洪水流の危険度をある程度判別できることが多い。
606-01-2扇状地は、なだらかな丘陵地より宅地として不適切である。
704-01-1扇状地は、砂礫層からなるので、構造物の基礎について十分な支持力を得にくい。×
■類似過去問(等高線)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
120-49-1地表面の傾斜は、等高線の密度で読み取ることができ、等高線の密度が高い所は傾斜が急である。
220-49-2扇状地は山地から平野部の出口で、勾配が急に緩やかになる所に見られ、等高線が同心円状になるのが特徴的である。
320-49-3等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いている部分は尾根で、山頂から見て等高線が張り出している部分は谷である。×
420-49-4等高線の間隔の大きい河口付近では、河川の氾濫により河川より離れた場所でも浸水する可能性が高くなる。
515-49-1地形図の上では斜面の等高線の間隔が不ぞろいで大きく乱れているような場所では、過去に崩壊が発生した可能性があることから、注意が必要である。
615-49-4地形図で見ると、急傾斜地は等高線の間隔は密になり、傾斜が緩やかな土地では等高線の間隔は疎になっている。
711-49-1地形図で見ると、急傾斜地では等高線の間隔は密になっているのに対し、傾斜が緩やかな土地では等高線の間隔が疎となっている。
811-49-2地すべり地については、上部は急斜面、中部は緩やかな斜面、下部には末端部に相当する急斜面があり、等高線は乱れて表れることが多い。
911-49-3崖錐は、谷の出口付近において傾斜の緩い扁平な円錐形状の地形を形成しており、谷出口を頂点とする同心円状の等高線で表されることが多い。×
1001-01-4地図の上で等高線が密な所は、その地形の傾斜が急であり、疎の所は、その地形の傾斜が緩やかである。

【3】誤り

等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いている部分は谷で、山頂から見て等高線が張り出している部分は尾根である。
本肢は、谷と尾根が全く逆になっているから、誤りである。

20-49-3

■類似過去問(等高線)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
120-49-1地表面の傾斜は、等高線の密度で読み取ることができ、等高線の密度が高い所は傾斜が急である。
220-49-2扇状地は山地から平野部の出口で、勾配が急に緩やかになる所に見られ、等高線が同心円状になるのが特徴的である。
320-49-3等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いている部分は尾根で、山頂から見て等高線が張り出している部分は谷である。×
420-49-4等高線の間隔の大きい河口付近では、河川の氾濫により河川より離れた場所でも浸水する可能性が高くなる。
515-49-1地形図の上では斜面の等高線の間隔が不ぞろいで大きく乱れているような場所では、過去に崩壊が発生した可能性があることから、注意が必要である。
615-49-4地形図で見ると、急傾斜地は等高線の間隔は密になり、傾斜が緩やかな土地では等高線の間隔は疎になっている。
711-49-1地形図で見ると、急傾斜地では等高線の間隔は密になっているのに対し、傾斜が緩やかな土地では等高線の間隔が疎となっている。
811-49-2地すべり地については、上部は急斜面、中部は緩やかな斜面、下部には末端部に相当する急斜面があり、等高線は乱れて表れることが多い。
911-49-3崖錐は、谷の出口付近において傾斜の緩い扁平な円錐形状の地形を形成しており、谷出口を頂点とする同心円状の等高線で表されることが多い。×
1001-01-4地図の上で等高線が密な所は、その地形の傾斜が急であり、疎の所は、その地形の傾斜が緩やかである。

【4】正しい

等高線の間隔が大きいということは、勾配が緩やかだということである。そして、勾配が緩やかな河口付近では、河川の氾濫の際、河川より離れた場所でも浸水する可能性が高くなる。

■類似過去問(等高線)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
120-49-1地表面の傾斜は、等高線の密度で読み取ることができ、等高線の密度が高い所は傾斜が急である。
220-49-2扇状地は山地から平野部の出口で、勾配が急に緩やかになる所に見られ、等高線が同心円状になるのが特徴的である。
320-49-3等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いている部分は尾根で、山頂から見て等高線が張り出している部分は谷である。×
420-49-4等高線の間隔の大きい河口付近では、河川の氾濫により河川より離れた場所でも浸水する可能性が高くなる。
515-49-1地形図の上では斜面の等高線の間隔が不ぞろいで大きく乱れているような場所では、過去に崩壊が発生した可能性があることから、注意が必要である。
615-49-4地形図で見ると、急傾斜地は等高線の間隔は密になり、傾斜が緩やかな土地では等高線の間隔は疎になっている。
711-49-1地形図で見ると、急傾斜地では等高線の間隔は密になっているのに対し、傾斜が緩やかな土地では等高線の間隔が疎となっている。
811-49-2地すべり地については、上部は急斜面、中部は緩やかな斜面、下部には末端部に相当する急斜面があり、等高線は乱れて表れることが多い。
911-49-3崖錐は、谷の出口付近において傾斜の緩い扁平な円錐形状の地形を形成しており、谷出口を頂点とする同心円状の等高線で表されることが多い。×
1001-01-4地図の上で等高線が密な所は、その地形の傾斜が急であり、疎の所は、その地形の傾斜が緩やかである。

>>年度目次に戻る

【宅建過去問】(平成20年問49)土地の形質” に対して 4 件のコメントがあります

  1. 家坂@クイック より:

    くだ様

    返信が遅くなって申し訳ございません。
    さて、本肢の正誤とその判断に至るプロセスについては前のコメントの通りで、私としては、
    「肢2=×」
    と考えることはできません。
    お力になれず申し訳ございません。

    直訴、ということでしたら、
    財団法人 不動産適正取引推進機構http://www.retio.or.jp/index.html
    の試験部が窓口になると思いますので、問い合わせてみてはいかがでしょうか?

    まだ合否も合格基準点も決まったわけではありません。
    合格を勝ち取るために最大限の努力をすべきだと思います。
    がんばって下さい!!

  2. くだ より:

    家坂さま

    レスありがとうござます。

    11年の過去問も見ました。

    「谷出口を頂点とする同心円状の等高線で表される」の様な、「谷出口を頂点」がつけば扇状地と判断できますが、同心円状のみで、明らかに扇状地として成立しません、なぜならば円ではないからです。
    正解肢3についても明らかに、誤っておりますが、2についても、同心円状のみでは扇状地にはならないので誤っております。

    「琵 琶 湖 の 現 状 と 変 遷 整 理 シ ー ト 国土交通省 近畿地方整備局」に同心円状の表現で盆地を表しているものがありました。

    結局、3.の誤りが判らず、同心円状のみの表現では(扇状地は)扇型と異なり違うと判断してしまいました。でも、自己採点で30点程度なので1点で合否が分かれるとおもうと。。。

    何とか直訴する方法はないでしょうか?
    (過去の問題設定ミスで2肢の正解があったかと)

  3. 家坂@クイック より:

    くだ様

    数学的な言葉遣いで言えば、扇状地の等高線は同心円(円周全体)にはなりません。
    あくまで円周の一部分ですから、「弧」ということになるでしょう。
    仰るとおり、同心円状の弧、あるいは「同心円の弧」状にしかならないわけです。
    しかし、宅建試験の正解を導く上では、円(円周全体)と弧(円周の一部)を区別し、これにより正誤を決する必要はないと思うのですが、いかがでしょうか。
    理由は以下の通りです。

    【1】正解がなくなる。————————————

    本問では肢3が正解なのは明らかです。
    谷と尾根が完全に逆転しているところから見て、出題者の狙いもこれを正解にしているのだと考えられます。
    それと比較すると、肢2を正解肢(誤りの肢)とする根拠は、上述の数学的差異しか考えられず、弱いと言わざるを得ません。

    【2】他所でもこの表現が使われている。——————–

    「扇状地の等高線は同心円状」という言葉は、「扇状地+等高線+同心円状」で検索してみると、色々なところで見られます。
    中には防災関係の公共機関等も含まれます。
    この点から見ても、この表現は数学以外の分野では許されているのではないでしょうか?

    【3】宅建の過去問でも使われている。————————

    宅建試験では、平成11年に以下のような選択肢が出題されています。

    「崖錐は,谷の出口付近において傾斜の緩い扁平な円錐形状の地形を形成しており,谷出口を頂点とする同心円状の等高線で表されることが多い。」
    (平成11年問49肢3)

    確かに「扇状地」という言葉は使われていませんが、この選択肢の後半部分(「谷出口を頂点とする同心円状の等高線で表される」)は扇状地を意識したヒッカケと思われます。
    したがって、少なくとも宅建試験においては、この表現は許されているものと考えます。

    ※「崖錘は円錐形状」という部分も数学的には不正確ということになるかも知れません。

  4. くだ より:

    【2】 ○ 正しい
    扇状地は山地から平野部の出口で、勾配が急に緩やかになる所に見られ、等高線が同心円状になるのが特徴的である。

    ⇒等高線が同心円状になるのが特徴的である。×

    正解は、「等高線が同心円」ではなく、等高線は同心円状の弧です。
    (又は谷出口を頂点とする同心円状の弧です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新年度 学習応援キャンペーン

年度も変わって、宅建試験へのモチベーションも高まる時期です。

学習意欲の高まった皆さまを支援するため、特別キャンペーンを開始しました。
13年分(平成16年~平成28年)の過去問解説が、10年分の価格でお求めいただけるチャンスです。
この機会をぜひ御活用ください。