【宅建過去問】(平成21年問15)国土利用計画法

国土利用計画法第23条の都道府県知事への届出(以下この問において「事後届出」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 宅地建物取引業者Aが都市計画区域外の10,000m2の土地を時効取得した場合、Aは、その日から起算して2週間以内に事後届出を行わなければならない。
  2. 宅地建物取引業者Bが行った事後届出に係る土地の利用目的について、都道府県知事が適正かつ合理的な土地利用を図るために必要な助言をした場合、Bがその助言に従わないときは、当該知事は、その旨及び助言の内容を公表しなければならない。
  3. 宅地建物取引業者Cが所有する市街化調整区域内の6,000m2の土地について、宅地建物取引業者Dが購入する旨の予約をした場合、Dは当該予約をした日から起算して2週間以内に事後届出を行わなければならない。
  4. 宅地建物取引業者Eが所有する都市計画区域外の13,000m2の土地について、4,000m2を宅地建物取引業者Fに、9,000m2を宅地建物取引業者Gに売却する契約を締結した場合、F及びGはそれぞれ、その契約を締結した日から起算して2週間以内に事後届出を行わなければならない。

正解:3

【1】誤り

事後届出が必要となるのは「土地売買等の契約を締結した場合」であるが(国土利用計画法23条1項)、ここでいう「土地売買等の契約」は、「対価を得て行われる」ものに限られる(国土利用計画法14条1項)。
本肢の「時効取得」は、対価を得るものでなく、したがって「土地売買等の契約」に該当しないから、事後届出の必要がない。
※都市計画区域外であることや、面積が10,000m2であることは、結論と無関係。

■類似過去問(土地売買等の契約)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
127-21-1相続→事後届出は不要。
227-21-3農地法3条の許可を受けた農地の購入→事後届出が必要。
×
327-21-4対価の授受を伴わず賃借権設定→事後届出が必要。×
423-15-3贈与→事後届出は不要。
523-15-4交換→事後届出は不要。×
621-15-1時効取得→事後届出が必要。×
721-15-3売買の予約→事後届出が必要。
820-17-4相続→事後届出が必要。×
916-16-4交換→事後届出が必要。
1014-16-3権利金を支払って賃借→事後届出が必要。
1112-16-1交換→事後届出は不要。×

【2】誤り

助言に従わなかったとしても、それを公表されることはない(国土利用計画法27条の2)。
従わないときに公表されるのは、勧告である(国土利用計画法26条)。
22-15-2※また、「勧告」の問題だったとしても、知事は「公表することができる」だけであって、公表する義務はない。

■類似過去問(勧告の公表・助言)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
122-15-4勧告に従わない場合、知事に公表義務。×
221-15-2助言に従わない場合、知事に公表義務。×
317-17-4勧告に従わない場合、知事は契約を無効にできる。×
414-16-4勧告に従わない場合、公表されることがある。
512-16-2助言に従わない場合、公表されることがある。×

【3】正しい

「売買の予約」も、事後届出の必要な「土地売買等の契約」に含まれる(国土利用計画法23条1項、国土利用計画法14条1項)。
したがって、本肢のように、市街化調整区域内で5,000m2以上の土地の購入予約をしている場合には、事後届出の必要がある(国土利用計画法23条2項1号ロ)。
届出期間の2週間も、予約の日から起算する。

事後届出が不要である面積
市街化区域 2,000m2未満
それ以外の都市計画区域 5,000m2未満
都市計画区域外 10,000m2未満
■類似過去問(土地売買等の契約)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
127-21-1相続→事後届出は不要。
227-21-3農地法3条の許可を受けた農地の購入→事後届出が必要。
×
327-21-4対価の授受を伴わず賃借権設定→事後届出が必要。×
423-15-3贈与→事後届出は不要。
523-15-4交換→事後届出は不要。×
621-15-1時効取得→事後届出が必要。×
721-15-3売買の予約→事後届出が必要。
820-17-4相続→事後届出が必要。×
916-16-4交換→事後届出が必要。
1014-16-3権利金を支払って賃借→事後届出が必要。
1112-16-1交換→事後届出は不要。×
■類似過去問(届出期間)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-15-1
契約締結日から3週間以内。
×
224-15-4
停止条件の成就日から2週間以内。×
321-15-3売買予約の日から2週間以内。
419-17-4契約締結後1週間以内であれば市町村長経由、1週間を超えた場合には直接、知事に事後届出を行う。×
518-17-1登記完了日から2週間以内。×
612-16-3停止条件の成就日から2週間以内。×
■類似過去問(市街化調整区域内の面積要件)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
127-21-36,000m2の場合、事後届出が必要。
224-15-24,000m2を2,000m2ずつ順次購入の場合、事後届出が必要。×
323-15-4調整区域内の5,000m2と都市計画区域外の12,000m2を交換する場合、事後届出は不要。×
421-15-36,000m2の購入予約の場合、事後届出が必要。
520-17-36,000m2の場合、事後届出が必要。
619-17-16,000m2の場合、事後届出は不要。×
717-17-28,000㎡の土地を民事調停で取得する行為とその土地を購入する行為、いずれの行為についても、事後届出は不要。×
816-16-4市街化区域内の4,500m2と調整区域内の5,500m2を交換する場合、両者ともに事後届出が必要。
915-16-24,000m2の場合、事後届出が必要。×

【4】誤り

21-15-4国土利用計画法の事後届出が必要かどうかは、取得者側を基準に考える。本問でいえば、譲渡人Eではなく、譲受人であるFとGを基準に届出の要否を判断するのである。
ここで、都市計画区域外における「土地売買等の契約」が事後届出の対象となるのは、その面積が10,000m2以上の場合に限られる(肢3の表参照。国土利用計画法23条2項1号ハ)。

本肢では、FもGも取得した土地の面積が10,000m2未満であるから、事後届出の必要はない。

■類似過去問(都市計画区域外の面積要件)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-15-3
一団の土地である甲土地(6,000m2)と乙土地(5,000m2)を購入する契約を締結した者は、事後届出を行わなければならない。

227-21-112,000m2の土地を相続した場合、事後届出は不要。
324-15-3市所有地24,000m2を2人が共有持分半々で共同購入した場合、事後届出が必要。×
423-15-4調整区域内の5,000m2と都市計画区域外の12,000m2を交換する場合、事後届出は不要。×
521-15-110,000m2の土地を時効取得した場合、事後届出が必要。×
621-15-413,000m2の土地を、4,000m2と9,000m2に分けて売却した場合、双方の譲受人とも事後届出が必要。×
720-17-430,000m2の土地を相続した場合、事後届出が必要。×
819-17-22haの土地を購入した場合、事後届出が必要。
917-17-3県所有の12,000m2の土地を、10,000m2と2,000m2に分けて売却した場合、双方の譲受人とも事後届出は不要。
1016-16-3
準都市計画区域内に所在する7,000m2の土地を売却した場合、事後届出が必要。
×
1114-16-35,000m2の土地を賃借し、権利金を支払う場合、事後届出が必要。×
■類似過去問(一団の土地の取引)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-15-3
都市計画区域外に所在し、一団の土地である甲土地(面積6,000㎡)と乙土地(面積5,000㎡)を購入する契約を締結した者は、事後届出を行わなければならない。
228-15-4
市街化区域内の甲土地(面積3,000㎡)を購入する契約を締結した者が、その契約締結の1月後に甲土地と一団の土地である乙土地(面積4,000㎡)を購入することとしている場合においては、甲土地の事後届出は、乙土地の契約締結後に乙土地の事後届出と併せて行うことができる。
×
324-15-2
市街化調整区域においてAが所有する面積4,000m2の土地について、Bが一定の計画に従って、2,000m2ずつに分割して順次購入した場合、Bは事後届出を行わなければならない。
×
421-15-4
Eが所有する都市計画区域外の13,000m2の土地について、4,000m2をFに、9,000m2をGに売却する契約を締結した場合、F及びGはそれぞれ、その契約を締結した日から起算して2週間以内に事後届出を行わなければならない。
×
517-17-1
Aが、市街化区域において、Bの所有する面積3,000m2の土地を一定の計画に基づき1,500m2ずつ順次購入した場合、Aは事後届出を行う必要はない。
×
617-17-3
Eが都市計画区域外に所在する面積12,000m2の土地について、10,000m2をFに、2,000m2をGに売却する契約を締結した場合、FとGのいずれも事後届出を行う必要はない。
×
711-16-2一団の造成宅地を数期に分けて不特定多数の者に分譲する場合において、それぞれの分譲面積は、事後届出の対象面積に達しないが、その合計面積が事後届出の対象面積に達するときは、事後届出が必要である。×

>>年度目次に戻る

勝負の夏! 学習応援キャンペーン

願書の受付も完了し、学習に本腰を入れなければならないシーズンです。

学習意欲の高まった皆さまを支援するため、特別キャンペーンを開始しました。
13年分(平成16年~平成28年)の過去問解説が、10年分の価格でお求めいただけるチャンスです。
この機会をぜひ御活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です