【宅建過去問】(平成23年問48)統計

宅地建物の統計等に関する次の記述のうち、正しいのはどれか。

  1. 平成23年地価公示(平成23年3月公表)によれば、平成22年の1年間の地価変動率は、全国平均で住宅地がマイナス2.7%、商業地がマイナス3.8%となっており、住宅地は下落率が縮小したものの、商業地は引き続き下落率が拡大している。
  2. 平成23年版土地白書(平成23年6月公表)によれば、平成22年の売買による土地所有権移転登記の件数は全国で115.4万件となっており、対前年比2.2%減とここ数年減少が続いている。
  3. 住宅着工統計(国土交通省、平成23年1月公表)によれば、平成22年の新設住宅着工戸数は、対前年比では3.1%増で、そのうち、持家、貸家、分譲住宅とも前年に比べ増加した。
  4. 平成21年度法人企業統計年報(財務省、平成22年9月公表)によれば、平成21年度における不動産業の経常利益は約3兆1,000億円となっており、対前年度比5.8%減となった。

正解:2

【1】誤り

全国平均の地下変動率は、商業地についても下落率が縮小している(平成21年:△6.1%→平成22年:△3.8%)。

【2】正しい

平成22年の売買による土地所有権移転登記の件数は全国で115.4万件(対前年度比2.2%減)である。これは平成16年以降、7年連続の減少である。

【3】誤り

平成22年の新設住宅着工戸数は、813,126戸(対前年比3.1%増)であった。そのうち、持家は7.2%増、分譲住宅は19.6%増であるが、貸家は7.3%減少している。

【4】誤り

平成21年度における不動産業の経常利益は約3兆1,000億円であり、対前年度比5.8%増となった。


>>年度目次に戻る

勝負の夏! 学習応援キャンペーン

願書の受付も完了し、学習に本腰を入れなければならないシーズンです。

学習意欲の高まった皆さまを支援するため、特別キャンペーンを開始しました。
13年分(平成16年~平成28年)の過去問解説が、10年分の価格でお求めいただけるチャンスです。
この機会をぜひ御活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です