【宅建過去問】(平成23年問49)土地

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 住宅地としての立地条件として最も基本的な条件は、地形、地盤に関することである。
  2. 山麓部の利用に当たっては、背後の地形、地質、地盤について十分吟味する必要がある。
  3. 低地は一般に津波や地震などに対して弱く、防災的見地からは住宅地として好ましくない。
  4. 埋立地は一般に海面に対して数mの比高を持ち、干拓地より災害に対して危険である。

正解:4

【1】適当

地形や地盤に関する条件は、住宅地としての立地条件を評価するにあたり、最も基本的な要素である。

■類似過去問(基本的立地条件)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
123-49-1住宅地としての立地条件として最も基本的な条件は、地形、地盤に関することである。
210-50-1近年、洪水氾濫危険区域図、土砂災害危険区域図等災害時に危険性があると予想される区域を表示した図書が一般に公表されており、これらは安全な宅地を選定するための資料として有益である。

【2】適当

山麓部(ふもとのこと)においては、背後の地形・地質・地盤によっては、地すべりや土石流、洪水流などの危険性が高い。これらを十分に吟味する必要がある。

■類似過去問(山麓)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-49-3山麓や火山麓の地形の中で、土石流や土砂崩壊による堆積でできた地形は危険性が低く、住宅地として好適である。×
227-49-4都市周辺の丘陵や山麓に広がった住宅地は、土砂災害が起こる場合があり、注意する必要がある。
323-49-2山麓部の利用に当たっては、背後の地形、地質、地盤について十分吟味する必要がある。

【3】適当

低地は、津波や洪水などの水害リスクが高い。また、地質によっては液状化の可能性も高い。以上の点からして、住宅地としては好ましくないものである。

■類似過去問(低地)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
127-49-1我が国の低地は、ここ数千年の間に形成され、湿地や旧河道であった若い軟弱な地盤の地域がほとんどである。
227-49-2臨海部の低地は、洪水、高潮、地震による津波などの災害が多く、住宅地として利用するには、十分な防災対策と注意が必要である。
326-49-3沿岸地域は、津波や高潮などの被害を受けやすく、宅地の標高や避難経路を把握しておくことが必要である。
425-49-4低地は、国土面積の約25%であり、洪水や地震による液状化などの災害危険度は低い。×
523-49-3低地は一般に津波や地震などに対して弱く、防災的見地からは住宅地として好ましくない。
621-49-3低地は、大部分が水田として利用され、地震災害に対して安全である。×
721-49-4臨海部の低地は、水利、海陸の交通に恵まれているが、住宅地として利用するためには十分な防災対策が必要である。
807-01-3自然堤防に囲まれた低地は、地盤が安定していることが多い。×
901-01-1地表がほとんど平坦で、近くの河、湖、海などの水面との高低差がきわめて小さく、古い集落や街道がないような地形は、軟弱地盤であることが多い。

【4】不適当

埋立地は数mの比高を持つのに対し、干拓地は海面レベル以下であることも多い。したがって、津波・高潮等の災害に対しては、干拓地の方が、埋立地よりも危険である。

■類似過去問(埋立地・干拓地)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
123-49-4埋立地は一般に海面に対して数mの比高を持ち、干拓地より災害に対して危険である。×
206-01-3干拓地は、なだらかな丘陵地より宅地として不適切である。

>>年度目次に戻る

勝負の夏! 学習応援キャンペーン

願書の受付も完了し、学習に本腰を入れなければならないシーズンです。

学習意欲の高まった皆さまを支援するため、特別キャンペーンを開始しました。
13年分(平成16年~平成28年)の過去問解説が、10年分の価格でお求めいただけるチャンスです。
この機会をぜひ御活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です