【宅建過去問】(平成24年問04)無権代理

A所有の甲土地につき、Aから売却に関する代理権を与えられていないBが、Aの代理人として、Cとの間で売買契約を締結した場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。なお、表見代理は成立しないものとする。

  1. Bの無権代理行為をAが追認した場合には、AC間の売買契約は有効となる。
  2. Aの死亡により、BがAの唯一の相続人として相続した場合、Bは、Aの追認拒絶権を相続するので、自らの無権代理行為の追認を拒絶することができる。
  3. Bの死亡により、AがBの唯一の相続人として相続した場合、AがBの無権代理行為の追認を拒絶しても信義則には反せず、AC間の売買契約が当然に有効になるわけではない。
  4. Aの死亡により、BがDとともにAを相続した場合、DがBの無権代理行為を追認しない限り、Bの相続分に相当する部分においても、AC間の売買契約が当然に有効になるわけではない。

正解:2

Print

【1】正しい

Print無権代理による契約の効果は本人に帰属しないのが原則である(民法113条)。
しかし、本人が追認すると、当初より有効な代理行為があったものとされ、契約は有効になる(民法116条)。

■類似過去問(無権代理行為の追認)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
126-02-ア無権代理行為を本人が追認する場合、契約の効力は、追認をした時から将来に向かって生ずる。×
224-04-1無権代理行為を本人が追認した場合、売買契約は有効となる。
317-03-ウ無権代理行為を本人が追認した場合、売買契約は有効となる。
414-02-4無権代理行為を本人が追認した場合、売買契約は有効となる。
511-07-1本人は無権代理行為を相手方に対して追認することができる。
609-01-1無権代理行為を本人または相手方が追認した場合、売買契約は有効となる。×
706-04-3本人の追認により契約は有効となるが、その追認は相手方に対して直接行うことを要し、無権代理人に対して行ったときは、相手方がその事実を知ったとしても、契約の効力を生じない。×
804-03-1相手方が善意無過失であれば、無権代理行為は有効。×
904-03-4無権代理行為は無効であるが、本人が追認すれば、新たな契約がなされたとみなされる。×

【2】誤り

Print無権代理において、本人が死亡して無権代理人が単独でこれを相続した場合、その無権代理は相続によって当然に有効となり、無権代理人は本人の地位で追認拒絶をすることはできない、とするのが判例である(最判昭40.06.18)。
したがって、Bは、自らの無権代理行為の追認を拒絶することができない。

■類似過去問(無権代理と相続)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
無権代理人が本人を単独相続した場合
124-04-2本人が死亡し無権代理人が単独で相続した場合、無権代理人は追認拒絶が可能。×
220-03-3本人が死亡し無権代理人が単独で相続した場合、無権代理行為は当然有効となる。
305-02-4本人が死亡し無権代理人が単独で相続した場合、無権代理行為は当然有効となる。
本人が無権代理人を単独相続した場合
124-04-3無権代理人が死亡し本人が単独で相続した場合、本人は追認拒絶が可能。
220-03-4無権代理人が死亡し本人が単独で相続した場合、無権代理行為は当然有効となる。×
316-02-4無権代理人が死亡し本人が単独で相続した場合、本人は追認拒絶が可能。相手方は善意無過失であれば、本人に対し損害賠償請求が可能。
無権代理人が本人を共同相続した場合
124-04-4本人が死亡し無権代理人が共同で相続した場合、他の相続人が追認しない限り、無権代理人の相続分についても当然有効にはならない。
216-02-3本人が死亡し無権代理人が共同相続した場合、無権代理人の相続分については当然有効となる。×

【3】正しい

Print無権代理において、無権代理人が死亡して本人が単独でこれを相続した場合、その無権代理は相続によって当然に有効となるわけではなく、本人が追認を拒絶しても信義則に反しない、とするのが判例である(最判昭37.04.20。肢2の事例と違って、相続人自身は、無権代理行為に直接関与していない点に注意)。
したがって、AC間の売買契約は、当然に有効となるわけではない。

■類似過去問(無権代理と相続)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
無権代理人が本人を単独相続した場合
124-04-2本人が死亡し無権代理人が単独で相続した場合、無権代理人は追認拒絶が可能。×
220-03-3本人が死亡し無権代理人が単独で相続した場合、無権代理行為は当然有効となる。
305-02-4本人が死亡し無権代理人が単独で相続した場合、無権代理行為は当然有効となる。
本人が無権代理人を単独相続した場合
124-04-3無権代理人が死亡し本人が単独で相続した場合、本人は追認拒絶が可能。
220-03-4無権代理人が死亡し本人が単独で相続した場合、無権代理行為は当然有効となる。×
316-02-4無権代理人が死亡し本人が単独で相続した場合、本人は追認拒絶が可能。相手方は善意無過失であれば、本人に対し損害賠償請求が可能。
無権代理人が本人を共同相続した場合
124-04-4本人が死亡し無権代理人が共同で相続した場合、他の相続人が追認しない限り、無権代理人の相続分についても当然有効にはならない。
216-02-3本人が死亡し無権代理人が共同相続した場合、無権代理人の相続分については当然有効となる。×

【4】正しい

Print無権代理において、本人が死亡して無権代理人が相続した場合で、この相続が共同相続のケースである。この場合、共同相続人全員が共同して無権代理行為を追認しない限り、無権代理人の相続分に相当する部分においても、無権代理行為が当然に有効となるものではない、とするのが判例である(最判平05.01.21)。
したがって、Dが追認しない限り、Bの相続分に相当する部分についても、売買契約が有効となるわけではない。

■類似過去問(無権代理と相続)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
無権代理人が本人を単独相続した場合
124-04-2本人が死亡し無権代理人が単独で相続した場合、無権代理人は追認拒絶が可能。×
220-03-3本人が死亡し無権代理人が単独で相続した場合、無権代理行為は当然有効となる。
305-02-4本人が死亡し無権代理人が単独で相続した場合、無権代理行為は当然有効となる。
本人が無権代理人を単独相続した場合
124-04-3無権代理人が死亡し本人が単独で相続した場合、本人は追認拒絶が可能。
220-03-4無権代理人が死亡し本人が単独で相続した場合、無権代理行為は当然有効となる。×
316-02-4無権代理人が死亡し本人が単独で相続した場合、本人は追認拒絶が可能。相手方は善意無過失であれば、本人に対し損害賠償請求が可能。
無権代理人が本人を共同相続した場合
124-04-4本人が死亡し無権代理人が共同で相続した場合、他の相続人が追認しない限り、無権代理人の相続分についても当然有効にはならない。
216-02-3本人が死亡し無権代理人が共同相続した場合、無権代理人の相続分については当然有効となる。×

>>年度目次に戻る

過去問を活用した合格作戦

過去問を徹底的に研究することで、「楽に」「確実に」合格する、
というこのサイトを、学習方法として具体化する方法は?
この点を説明した「ガイダンス動画」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です