【宅建過去問】(平成24年問50)建物

建物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 鉄筋コンクリート構造の中性化は、構造体の耐久性や寿命に影響しない。
  2. 木造建物の寿命は、木材の乾燥状態や防虫対策などの影響を受ける。
  3. 鉄筋コンクリート構造のかぶり厚さとは、鉄筋の表面からこれを覆うコンクリート表面までの最短寸法をいう。
  4. 鉄骨構造は、不燃構造であるが、火熱に遭うと耐力が減少するので、耐火構造にするためには、耐火材料で被覆する必要がある。

正解:1

【1】不適当

鉄筋がさびると、アルカリ性であるコンクリートが中性化し、コンクリートの強度が低下する。これにより、構造体の耐久性が低下し、寿命も短くなってしまう。
※そのため、「骨材・水・混和材料は、鉄筋をさびさせ、又はコンクリートの凝結及び硬化を妨げるような酸、塩、有機物又は泥土を含まない」ものでなければならない(建築基準法施行令72条1号)。

■類似過去問(鉄筋コンクリート造)
内容を見る
NEW年-問-肢内容正誤
128-50-2鉄筋コンクリート造においては、骨組の形式はラーメン式の構造が一般に用いられる。
226-50-1鉄筋コンクリート構造におけるコンクリートのひび割れは、鉄筋の腐食に関係する。
324-50-1鉄筋コンクリート構造の中性化は、構造体の耐久性や寿命に影響しない。×
421-50-2鉄筋コンクリート構造は、耐火、耐久性が大きく骨組形態を自由にできる。
516-49-1鉄筋コンクリート造の建築物においては、原則として、鉄筋の末端は、かぎ状に折り曲げて、コンクリートから抜け出ないように定着しなければならない。
616-49-2鉄筋コンクリート造の建築物においては、構造耐力上主要な部分に係る型わく及び支柱は、コンクリートが自重及び工事の施工中の荷重によって著しい変形又はひび割れその他の損傷を受けない強度になるまでは、取り外してはならない。
715-50-3鉄筋コンクリート造に使用される骨材、水及び混和材料は、鉄筋をさびさせ、又はコンクリートの凝結及び硬化を妨げるような酸、塩、有機物又は泥土を含んではならない。
809-49-4鉄筋コンクリート造における柱の帯筋やはりのあばら筋は、地震力に対するせん断補強のほか、内部のコンクリートを拘束したり、柱主筋の座屈を防止する効果がある。

【2】適当

木材の乾燥度合は、その強度、ひいては建物の寿命に影響を与える。また、防虫対策をとらないのでは、シロアリ被害等により、建物の寿命が短くなってしまう。

■類似過去問(木材の強度)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
127-50-1木造は湿気に強い構造であり、地盤面からの基礎の立上がりをとる必要はない。×
224-50-2木造建物の寿命は、木材の乾燥状態や防虫対策などの影響を受ける。
322-50-3木材の強度は、含水率が大きい状態のほうが小さくなる。
418-49-2木造建築物において、構造耐力上主要な部分に使用する木材の品質は、節、腐れ、繊維の傾斜、丸身等による耐力上の欠点がないものでなければならない。
517-49-3構造耐力上主要な部分である柱、筋かい及び土台のうち、地面から1m以内の部分には、しろありその他の虫による害を防ぐための措置を講ずるとともに、必要に応じて有効な防腐措置を講じなければならない。×
615-50-2木材の強度は、含水率が大きい状態の方が大きくなるため、建築物に使用する際には、その含水率を確認することが好ましい。×
713-50-3木材に一定の力をかけたときの圧縮に対する強度は、繊維方向に比べて繊維に直角方向のほうが大きい。×
813-50-4木材の辺材は、心材より腐朽しやすい。
910-48-3木造建築物に用いる木材は、気乾状態に比べて湿潤状態の方が強度が大きくなるが、湿潤状態では、しろあり等の虫害や腐朽薗の害を受けやすい。×
1008-22-1木材の繊維方向に直交する方向の圧縮の材料強度は、繊維方向の圧縮の材料強度よりも大きい。×

【3】適当

鉄筋の表面からこれを覆うコンクリート表面までの最短寸法を「かぶり厚さ」という。かぶり厚さの最小値については、以下のように定められている(建築基準法施行令79条)。

  1. 耐力壁以外の壁・床→2cm
  2. 耐力壁・柱・はり→3cm
  3. 直接土に接する壁・柱・床・はり、布基礎の立上り部分→4cm
  4. 基礎(布基礎の立上り部分を除く。)→6cm
■類似過去問(鉄筋コンクリート造:コンクリートのかぶり厚さ)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
124-50-3鉄筋コンクリート構造のかぶり厚さとは、鉄筋の表面からこれを覆うコンクリート表面までの最短寸法をいう。
216-49-4鉄筋コンクリート造の建築物においては、鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さは、耐力壁にあっては3cm以上としなければならないが、耐久性上必要な措置をした場合には、2cm以上とすることができる。×
314-50-2鉄筋コンクリート造に使用される鉄筋は、コンクリートの表面にできる限り近づけて設けるのがよい。×

【4】適当

鉄骨構造は、不燃構造であるが、加熱に弱い。これを耐火構造とするためには、耐火材料で被覆しなければならない。

■類似過去問(鉄骨構造)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-50-1鉄骨造は、自重が大きく、靱性が小さいことから、大空間の建築や高層建築にはあまり使用されない。×
224-50-4鉄骨構造は、不燃構造であるが、火熱に遭うと耐力が減少するので、耐火構造にするためには、耐火材料で被覆する必要がある。
321-50-1鉄骨構造の特徴は、自重が重く、耐火被覆しなくても耐火構造にすることができる。×
414-50-4鉄骨造では、必ず溶接によって接合しなければならない。×
509-49-3鉄骨造は、自重が重く、靭性(粘り強さ)が大きいことから大空間を有する建築や高層建築の骨組に適しており、かつ、火熱による耐力の低下が比較的小さいので、鋼材を不燃材料等で被覆しなくても耐火構造とすることができる。×

>>年度目次に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

過去問を活用した合格作戦

過去問を徹底的に研究することで、「楽に」「確実に」合格する、
というこのサイトを、学習方法として具体化する方法は?
この点を説明した「ガイダンス動画」です。