【宅建過去問】(平成25年問08)事務管理・賃貸借

次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

  1. 倒壊しそうなA所有の建物や工作物について、Aが倒壊防止の措置をとらないため、Aの隣に住むBがAのために最小限度の緊急措置をとったとしても、Aの承諾がなければ、Bはその費用をAに請求することはできない。
  2. 建物所有を目的とする借地人は、特段の事情がない限り、建物建築時に土地に石垣や擁壁の設置、盛土や杭打ち等の変形加工をするには、必ず賃貸人の承諾を得なければならない。
  3. 建物の賃貸人が必要な修繕義務を履行しない場合、賃借人は目的物の使用収益に関係なく賃料全額の支払を拒絶することができる。
  4. 建物の賃貸人が賃貸物の保存に必要な修繕をする場合、賃借人は修繕工事のため使用収益に支障が生じても、これを拒むことはできない。

正解:4

1 誤り

本肢のBの行為のように、義務もなく、また、他人Aの依頼も承諾もないのに、Aの事務を処理することを事務管理という(民法697条1項)。事務管理にあたり、管理者(B)が、本人(A)のために、有益な費用を支出したときは、本人に対し、その償還を請求することができる(同法702条1項)。

■類似過去問(事務管理)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
125-08-1倒壊しそうなA所有の建物や工作物について、Aが倒壊防止の措置をとらないため、Aの隣に住むBがAのために最小限度の緊急措置をとったとしても、Aの承諾がなければ、Bはその費用をAに請求することはできない。×
223-08-4「BはDに200万円の借金があり、その返済に困っているのを見かねたAが、Bから頼まれたわけではないが、Bに代わってDに対して借金の返済を行った。Bの意思に反する弁済ではないとして、AがDに支払った200万円につき、AがBに対して支払いを求める場合」、債権が契約に基づいて発生している。×

2 誤り

「建物所有を目的とする賃借」を許した以上、その目的に合致する範囲で、「土地に石垣や擁壁の設置、盛土や杭打ち等の変形加工をする」ことは、賃借人の当然の権利といえる。したがって、それらの行為をするにあたり、賃貸人の承諾を得る必要はない。

3 誤り

そもそも賃料は、目的物使用収益の対価である。したがって、賃貸人が修繕義務を履行しないことにより、目的物の使用収益が一切不可能な場合、賃借人は、賃料全額の支払いを拒絶することができる(大判大10.09.26)。
一方、不便ではあっても目的物の使用収益が可能な場合、判例の言葉でいえば、「居住の用に耐えない程、あるいは、居住に著しい支障を生ずる程に至っていない場合」は、話が別である。この場合、賃借人は、賃貸人の修繕義務の不履行を理由に、賃料全部の支払を拒むことができない(民法606条1項。最判昭38.11.28)。

■類似過去問(賃貸物の修繕等)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
125-08-3建物の賃貸人が必要な修繕義務を履行しない場合、賃借人は賃料全額の支払を拒絶できる。×
225-08-4建物の賃貸人が賃貸物の保存に必要な修繕をする場合、賃借人は拒むことができない。
317-15-2動産の賃貸人は、賃貸物の使用収益に必要な修繕を行う義務を負うが、建物の賃貸人は、そのような義務を負わない。×
401-06-1建物が老朽化してきたため、貸主が建物の保存のために必要な修繕をする場合、借主は、貸主の修繕行為を拒むことはできない。

4 正しい

賃貸人は、賃貸物の使用収益に必要な修繕を行う義務を負う(民法606条1項)。賃貸人が賃貸物の保存に必要な行為をしようとするときは、賃借人は、これを拒むことができない(同法606条2項)。
このことは、賃借人の使用収益に支障が生じる場合であっても、変わりがない。賃貸人の保存行為により、賃借人が賃借をした目的を達することができなくなるときは、契約を解除することで対処する他ない(同法607条)。

■類似過去問(賃貸物の修繕等)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
125-08-3建物の賃貸人が必要な修繕義務を履行しない場合、賃借人は賃料全額の支払を拒絶できる。×
225-08-4建物の賃貸人が賃貸物の保存に必要な修繕をする場合、賃借人は拒むことができない。
317-15-2動産の賃貸人は、賃貸物の使用収益に必要な修繕を行う義務を負うが、建物の賃貸人は、そのような義務を負わない。×
401-06-1建物が老朽化してきたため、貸主が建物の保存のために必要な修繕をする場合、借主は、貸主の修繕行為を拒むことはできない。

>>年度目次に戻る


【宅建過去問】(平成25年問08)事務管理・賃貸借” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 家坂 圭一 より:

    3度目の正直様

    当サイトを御利用いただき、ありがとうございます。
    御指摘の通り、肢1の解説文において、AとBが入れ違っていましたので、訂正させていただきました。
    これに懲りず、今後も当サイトを御利用いただけると幸いです。
    今後とも宜しくお願い申し上げます。

  2. 3度目の正直 より:

    他のサイトと比較しても各問ともわかりやすい解説で、非常によいと思います(無料でなくてもよいのでは)。間違っていたら申し訳ありませんが、問8解説肢1の解説で、AとBは問題とは逆になっている気がするのですが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です