【宅建過去問】(平成25年問50)建物に関する知識

建築の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 耐震構造は、建物の柱、はり、耐震壁などで剛性を高め、地震に対して十分耐えられるようにした構造である。
  2. 免震構造は、建物の下部構造と上部構造との間に積層ゴムなどを設置し、揺れを減らす構造である。
  3. 制震構造は、制震ダンパーなどを設置し、揺れを制御する構造である。
  4. 既存不適格建築物の耐震補強として、制震構造や免震構造を用いることは適していない。

正解:4

1・2・3 正しい

耐震構造・免震構造・制震構造とは、以下のような構造である。
似たような言い回しなので、しっかり区別をしておこう。まさに字面通り、地震に対して、「耐える」「免れる」「制する」という3種類のアプローチで立ち向かうのである。

耐震構造 建物を頑丈にすることで、揺れに耐え、その倒壊を防ぐ構造
免震構造 建物と地盤の縁を切ることで、建物の揺れを免れる構造
制震構造 制震ダンパー※などの装置により、建物と建物内の揺れを制御する構造

※ダンパー(damper)=勢いをくじくもの

■類似過去問(耐震性)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-50-4ブロック造を耐震的な構造にするためには、鉄筋コンクリートの布基礎及び臥梁により壁体の底部と頂部を固めることが必要である。
225-50-1耐震構造は、建物の柱、はり、耐震壁などで剛性を高め、地震に対して十分耐えられるようにした構造である。
325-50-2免震構造は、建物の下部構造と上部構造との間に積層ゴムなどを設置し、揺れを減らす構造である。
425-50-3制震構造は、制震ダンパーなどを設置し、揺れを制御する構造である。
525-50-4既存不適格建築物の耐震補強として、制震構造や免震構造を用いることは適していない。×
614-50-3免震建築物の免震層には、積層ゴムやオイルダンパー(油の粘性を利用して振動や衝撃を和らげる装置)が使用される。
711-50-2枠組壁工法は、主に柱の耐力によって地震などの外力に抵抗する方式であるため耐震性が高い。×
810-48-4木造建築物を鉄筋コンクリート造の布基礎とすれば、耐震性を向上させることができる。
908-22-3木造建築物の耐震性を向上させるには、軸組に筋かいを入れるほか、合板を打ち付ける方法がある。
1008-22-4木造建築物において、地震力の大きさは、見付面積の大きさより屋根の重さに大きく影響を受ける。

4 誤り

既存不適格建築物の耐震補強としては、耐震構造化を図るものが最も多い。しかし、制震構造や免震構造を用いることも可能であり、耐震構造よりも効果が高い。

既存不適格建築物というわけではありませんが、既存の有名な建築物に制震構造や免震構造が追加された例として、以下のようなものがあります。

■類似過去問(耐震性)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-50-4ブロック造を耐震的な構造にするためには、鉄筋コンクリートの布基礎及び臥梁により壁体の底部と頂部を固めることが必要である。
225-50-1耐震構造は、建物の柱、はり、耐震壁などで剛性を高め、地震に対して十分耐えられるようにした構造である。
325-50-2免震構造は、建物の下部構造と上部構造との間に積層ゴムなどを設置し、揺れを減らす構造である。
425-50-3制震構造は、制震ダンパーなどを設置し、揺れを制御する構造である。
525-50-4既存不適格建築物の耐震補強として、制震構造や免震構造を用いることは適していない。×
614-50-3免震建築物の免震層には、積層ゴムやオイルダンパー(油の粘性を利用して振動や衝撃を和らげる装置)が使用される。
711-50-2枠組壁工法は、主に柱の耐力によって地震などの外力に抵抗する方式であるため耐震性が高い。×
810-48-4木造建築物を鉄筋コンクリート造の布基礎とすれば、耐震性を向上させることができる。
908-22-3木造建築物の耐震性を向上させるには、軸組に筋かいを入れるほか、合板を打ち付ける方法がある。
1008-22-4木造建築物において、地震力の大きさは、見付面積の大きさより屋根の重さに大きく影響を受ける。

>>年度目次に戻る

勝負の夏! 学習応援キャンペーン

願書の受付も完了し、学習に本腰を入れなければならないシーズンです。

学習意欲の高まった皆さまを支援するため、特別キャンペーンを開始しました。
13年分(平成16年~平成28年)の過去問解説が、10年分の価格でお求めいただけるチャンスです。
この機会をぜひ御活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です