【宅建過去問】(平成26年問05)債権譲渡[判決文の読取り]

債権譲渡に関する次の1から4までの記述のうち、下記判決文によれば、正しいものはどれか。

(判決文)
民法は、原則として債権の譲渡性を認め(民法第466条第1項)、当事者が反対の意思を表示した場合にはこれを認めない旨定めている(同条第2項本文)ところ、債権の譲渡性を否定する意思を表示した譲渡禁止の特約は、債務者の利益を保護するために付されるものと解される。そうすると、譲渡禁止の特約に反して債権を譲渡した債権者は、同特約の存在を理由に譲渡の無効を主張する独自の利益を有しないのであって、債務者に譲渡の無効を主張する意思があることが明らかであるなどの特段の事情がない限り、その無効を主張することは許されないと解するのが相当である。

  1. 債権譲渡禁止特約が付されている債権が債権者から第三者に対して譲渡された場合、債権者に譲渡の無効を主張する意思があることが明らかであるときに限り、債務者が当該譲渡は無効である旨の主張をすることは許される。
  2. 債権譲渡禁止特約が付されている債権が債権者から第三者に対して譲渡された場合、債権者に譲渡の無効を主張する意思があることが明らかであれば、譲渡した債権者が当該譲渡は無効である旨の主張をすることは許される。
  3. 債権譲渡禁止特約が付されている債権が債権者から第三者に対して譲渡された場合、債務者に譲渡の無効を主張する意思があることが明らかであれば、譲渡した債権者が当該譲渡は無効である旨の主張をすることは許される。
  4. 債権譲渡禁止特約が付されている債権が債権者から第三者に対して譲渡された場合、債権譲渡禁止の特約は債務者の利益を保護するために付されるものであるので、債権者はいかなるときも当該譲渡が無効であることを主張することは許されない。

正解:3

判決文のまとめ

与えられた「判決文」(最判平21.03.27)をまとめておこう。
「判決文」は、まず、債権譲渡に関する民法上の原則と例外を確認する。その上で、譲渡禁止特約は、債務者の利益を保護するためのものであると解釈する。

原則 譲渡性あり
例外 譲渡禁止特約を付すことができる
【目的】債務者の保護

これを前提に、「判決文」は、「譲渡禁止の特約があるにも関わらず、それに反して債権を譲渡した債権者が、譲渡禁止特約の存在を理由に譲渡の無効を主張することができるか。」について、検討する。その結果を簡潔にまとめると、以下のようになる。

テーマ 債権者から無効主張ができるか
原則 できない
例外 できる
(債務者に譲渡の無効を主張する意思があることが明らかである場合)

各選択肢の分析

各選択肢は、以下のような構造になっている。

誰が どんな場合に 無効主張が
肢1 債務者 債権者に譲渡の無効を主張する意思があることが明らか できる
肢2 債権者 債権者に譲渡の無効を主張する意思があることが明らか できる
肢3 債権者 債務者に譲渡の無効を主張する意思があることが明らか できる
肢4 債権者 いかなるときも できない
■類似過去問(債権譲渡:譲渡禁止特約)
内容を見る
民法[20]1(2)②
債権譲渡:譲渡禁止特約
 年-問-肢内容正誤
128-05-1
AのBに対する債権に譲渡禁止の特約があり、Cがその特約の存在を知りながら債権の譲渡を受けていれば、Cからさらに債権の譲渡を受けた転得者Dがその特約の存在を知らなかったことにつき重大な過失がない場合でも、BはDに対して特約の存在を対抗することができる。
×
226-05-全債権譲渡禁止特約付の債権が譲渡された場合、債務者に譲渡の無効を主張する意思があることが明らかであれば、譲渡した債権者が譲渡の無効を主張できる。
323-05-1譲渡禁止特約の存在につき重過失のある譲受人は、債権を取得することができない。
415-08-1譲渡禁止特約につき善意無過失の譲受人に対し、債務者は債権譲渡の無効を主張できない。

1 誤り

判決文は、債権者から債権譲渡の無効を主張できるかどうか、に関するものである。
債権譲渡禁止特約は、そもそも債務者の保護のためにある。したがって、債務者から譲渡の無効を主張することは、当然に許される。「債権者に譲渡の無効を主張する意思があることが明らかであるときに限」られるわけではない。

2 誤り

判決文は、「債務者に譲渡の無効を主張する意思があることが明らかである場合」に限り、例外的に、債権者が債権譲渡の無効を主張することを認めている。
本肢は、「債権者に譲渡の無効を主張する意思があることが明らかであれば」とする点が誤り。

3 正しい

判決文を要約した記述である。これが正しい。

4 誤り

判決文は、債権者から債権譲渡の無効を主張することを原則的には認めない。しかし、一定の理由がある場合には、例外的に無効主張を認めている。
本肢は、「いかなるときも当該譲渡が無効であることを主張することは許されない」とする点が誤り。


>>年度目次に戻る

過去問徹底!スリー・ステップ教材の御案内

過去問の徹底分析から生み出された、「楽に」「確実に」合格するための教材。それが当社のスリー・ステップ学習教材です。
この教材は、学習の進行を三段階(スリー・ステップ)に分け、御自分に合った段階からスタートできるように設計されています。

[Step.1]基本習得編
学習の最初の段階、正しい知識を分かりやすい流れの中で学んでいく段階です。ここでは、DVDの講義を見て、合格に必要な基本知識を習得します。

[Step.2]実戦応用編
最初に一問一答式の問題集を解き、その後に解説講義を見ます。これにより、「Step.1で勉強した基礎知識が実際の本試験ではどのように出題されるか」、「選択肢の◯×を決める基準は何か」を身に付けます。

[Step.3]過去問演習編
年度別の本試験過去問を解き、その後に解説講義を見ます。学習の総仕上げとして、基本知識や解法テクニックを一層確実に、そして本試験で使えるレベルに仕上げます。

【宅建過去問】(平成26年問05)債権譲渡[判決文の読取り]” に対して 5 件のコメントがあります

  1. はてな より:

    すみません。債権者 債務者 でした。

    1. 家坂 圭一 より:

      はてな様

      講師の家坂です。
      疑問が解決できたようで何よりです。

      本試験では、強烈なプレッシャーの中で正確に問題文を読み取る必要があります。
      読み違い・勘違いがないよう、慎重にいきましょう。
      模擬試験などで、その辺のトレーニングをしておくといいでしょう。

  2. はてな より:

    問 2 3 の違いがないように思えます。

  3. 家坂 圭一 より:

    柳生様

    家坂です。
    返信が遅くなり、申し訳ありません。

    御指摘の通り、訂正しました。
    この度は、御指摘ありがとうございます。

    今後とも当サイトを御利用・御活用下さい。

  4. 柳生 光彦 より:

    いつも参考にさせて頂いております。有難うございます。
    1から4まですべてが正しいとなっております。
    簡単な間違いですが、初心者には負担となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です