【宅建過去問】(平成26年問49)土地に関する知識

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 旧河道は、地震や洪水などによる災害を受ける危険度が高い所である。
  2. 地盤の液状化は、地盤の条件と地震の揺れ方により、発生することがある。
  3. 沿岸地域は、津波や高潮などの被害を受けやすく、宅地の標高や避難経路を把握しておくことが必要である。
  4. 台地や丘陵の縁辺部は、豪雨などによる崖崩れに対しては、安全である。

正解:4

1 正しい

洪水などをきっかけに、蛇行していた川の流れが直線状にショートカットされ、その直線状の流れが以降の本流となることがある。この場合、もともと川が流れていたところを旧河道と呼ぶ。

19-49-4

もともとは川だった場所なので、川があふれた場合、洪水域となる可能性がある。また、地盤は粘土質であることが多く、地震被害のリスクが高い。

■類似過去問(旧河道)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
127-49-1我が国の低地は、ここ数千年の間に形成され、湿地や旧河道であった若い軟弱な地盤の地域がほとんどである。
226-49-1旧河道は、地震や洪水などによる災害を受ける危険度が高い所である。
319-49-4旧河道は、沖積平野の蛇行帯に分布する軟弱な地盤であり、建物の不同沈下が発生しやすい。
416-50-1旧河道は軟弱で水はけの悪い土が堆積していることが多く、宅地として選定する場合は注意を要する。
514-49-1旧河道でそれを埋める堆積物の上部が厚い粘土質からなるときは、軟弱地盤である可能性が高い。
608-01-4旧河道は、それを埋める堆積物の上部が厚い粘土質からなるとき、軟弱地盤となって地盤の支持力が小さく、宅地には不適当であることが多い。
707-01-4旧河道は、地盤が軟弱、低湿で、地震や洪水による被害を受けることが多い。
806-01-4旧河道は、なだらかな丘陵地より宅地として不適切である。
903-01-3旧河道は軟弱地盤となっている所が多いが、自然堤防は、砂質や砂礫質の土からなり、比較的宅地に適している。

2 正しい

液状化現象とは、大きな地震の揺れにより、地盤が液体状となることである。この現象により、家・電柱が沈んだり、下水管が浮き上がったりする。
液状化現象は、粒径のそろった砂地盤で、地下水位の高い、地表から浅い地域で発生しやすい。 すなわち、地盤の液状化には、地盤の条件と地震の揺れ方が大きく影響する。

■類似過去問(液状化)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
127-49-3台地上の池沼を埋め立てた地盤は、液状化に対して安全である。×
226-49-2地盤の液状化は、地盤の条件と地震の揺れ方により、発生することがある。
325-49-4低地は、国土面積の約25%であり、洪水や地震による液状化などの災害危険度は低い。×
424-49-2台地や段丘上の浅い谷に見られる小さな池沼を埋め立てた所では、地震の際に液状化が生じる可能性がある。
524-49-3丘陵地帯で地下水位が深く、砂質土で形成された地盤では、地震の際に液状化する可能性が高い。×
619-49-3三角州は、河川の河口付近に見られる軟弱な地盤であり、地震時の液状化現象の発生に注意が必要である。
714-49-4丘陵地帯で地下水位が深く、固結した砂質土で形成された地盤の場合、地震時は液状化する可能性が高い。×
803-01-1液状化現象は、比較的粒径のそろった砂地盤で、地下水位の高い、地表から浅い地域で発生しやすい。

3 正しい

沿岸地域は、海面との比高が小さいため、津波や高潮などの被害を受けやすい。地形図やハザードマップなどを調べ、宅地の標高や避難経路を把握しておく必要がある。

■類似過去問(低地)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
127-49-1我が国の低地は、ここ数千年の間に形成され、湿地や旧河道であった若い軟弱な地盤の地域がほとんどである。
227-49-2臨海部の低地は、洪水、高潮、地震による津波などの災害が多く、住宅地として利用するには、十分な防災対策と注意が必要である。
326-49-3沿岸地域は、津波や高潮などの被害を受けやすく、宅地の標高や避難経路を把握しておくことが必要である。
425-49-4低地は、国土面積の約25%であり、洪水や地震による液状化などの災害危険度は低い。×
523-49-3低地は一般に津波や地震などに対して弱く、防災的見地からは住宅地として好ましくない。
621-49-3低地は、大部分が水田として利用され、地震災害に対して安全である。×
721-49-4臨海部の低地は、水利、海陸の交通に恵まれているが、住宅地として利用するためには十分な防災対策が必要である。
807-01-3自然堤防に囲まれた低地は、地盤が安定していることが多い。×
901-01-1地表がほとんど平坦で、近くの河、湖、海などの水面との高低差がきわめて小さく、古い集落や街道がないような地形は、軟弱地盤であることが多い。

4 誤り

台地・丘陵は、水はけがよく地盤が安定しているため、自然災害に対し安全であり、また、宅地などとしての土地利用に適している。
ただし、その縁辺部では、話が別である。縁辺部とは、台地・丘陵と低地が接する部分であり、その境目は崖になっていることが多い。したがって、豪雨の際には、崖崩れが起こる可能性があり、危険である

■類似過去問(台地)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-49-4丘陵地や台地の縁辺部の崖崩れについては、山腹で傾斜角が25度を超えると急激に崩壊地が増加する。
227-49-3台地上の池沼を埋め立てた地盤は、液状化に対して安全である。×
326-49-4台地や丘陵の縁辺部は、豪雨などによる崖崩れに対しては、安全である。×
425-49-3台地・段丘は、国土面積の約12%で、地盤も安定し、土地利用に適した土地である。
524-49-1台地は、一般的に地盤が安定しており、低地に比べ自然災害に対して安全度は高い。
624-49-2台地や段丘上の浅い谷に見られる小さな池沼を埋め立てた所では、地震の際に液状化が生じる可能性がある。
721-49-2台地・段丘は、農地として利用され、また都市的な土地利用も多い。
816-50-4台地は、一般に水はけがよく地盤が安定しているので宅地に適する。
909-50-1丘陵地や台地内の小さな谷間は、軟弱地盤であることが多く、これを埋土して造成された宅地では、地盤沈下や排水不良を生じることが多い。
1007-01-2台地の縁辺部は、集中豪雨の際、がけ崩れによる被害を受けることが多い。
■類似過去問(丘陵)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-49-4丘陵地や台地の縁辺部の崖崩れについては、山腹で傾斜角が25度を超えると急激に崩壊地が増加する。
227-49-4都市周辺の丘陵や山麓に広がった住宅地は、土砂災害が起こる場合があり、注意する必要がある。
326-49-4台地や丘陵の縁辺部は、豪雨などによる崖崩れに対しては、安全である。×
424-49-3丘陵地帯で地下水位が深く、砂質土で形成された地盤では、地震の際に液状化する可能性が高い。×
518-50-2丘陵・段丘とは、地表面は比較的平坦であり、よく締まった砂礫・硬粘土からなり、地下水位は比較的深い地盤である。
614-49-4丘陵地帯で地下水位が深く、固結した砂質土で形成された地盤の場合、地震時は液状化する可能性が高い。×
713-49-4丘陵地を切土と盛土により造成した地盤の場合は、その境目では地盤の強度が異なるため、不同沈下が起こりやすい。
809-50-1丘陵地や台地内の小さな谷間は、軟弱地盤であることが多く、これを埋土して造成された宅地では、地盤沈下や排水不良を生じることが多い。
909-50-3丘陵地を切り盛りして平坦化した宅地において、切土部と盛土部にまたがる区域では、沈下量の違いにより不同沈下を生じやすい。
1006-01-1なだらかな丘陵地は、扇状地・干拓地・旧河道よりも、宅地として適切である。

>>年度目次に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です