【宅建過去問】(平成28年問18)建築基準法


建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 防火地域にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。
  2. 高さ30mの建築物には、原則として非常用の昇降機を設けなければならない。
  3. 準防火地域内においては、延べ面積が2,000㎡の共同住宅は準耐火建築物としなければならない。
  4. 延べ面積が1,000㎡を超える耐火建築物は、防火上有効な構造の防火壁によって有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ1,000㎡以内としなければならない。

正解:1

1 正しい

防火地域又は準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる(建築基準法65条)。

■類似過去問(隣地境界線に接する外壁)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-18-1
防火地域にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。
223-18-4防火地域で、外壁が耐火構造→隣地境界線に接して設けることはできない。×
315-20-4防火地域で、外壁が耐火構造→隣地境界線に接して設けることができる。
409-23-3防火or準防火地域で、外壁が耐火構造→隣地境界線に接して設けることができる。

2 誤り

非常用の昇降機を設置することが義務付けられるのは、高さが31mを超える建築物である(建築基準法34条2項)。
「高さ30mの建築物」の場合には、設置する必要がない。

※高さ20mを超える建築物には、避雷設備の設置が必要となる(建築基準法33条)。こちらも合わせて覚えておこう。

■類似過去問(非常用の昇降機)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-18-2
高さ30mの建築物には、原則として非常用の昇降機を設けなければならない。
×
225-17-エ高さが20mを超える建築物には原則として非常用昇降機を設けなければならない。×
315-20-3高さ25mの建築物には、安全上支障がない場合を除き、非常用昇降機を設けなければならない。×
412-22-3高さ25mの建築物には、安全上支障がない場合を除き、非常用昇降機を設けなければならない。×
511-22-4高さ12mの建築物には、非常用昇降機を設けなければならない。×

3 誤り

準防火地域内において、延べ面積が1,500m2を超える建築物は耐火建築物としなければならない(建築基準法62条)。
本肢の建築物の延べ面積は2,000m2であるから、耐火建築物とする必要がある。「耐火建築物としなければならない」とする点が誤り。

 地階除き 1500m2 500m2超1500m2以下 500m2以下
4階以上 耐火建築物
3階   耐火建築物 /準耐火建築物 耐火, 準耐火 一定の技術基準
2階以下
■類似過去問(準防火地域内の建築物)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-18-3
準防火地域内においては、延べ面積が2,000m2の共同住宅は準耐火建築物としなければならない。
×
219-21-3防火地域or準防火地域で、1,000m2超の建築物→すべて耐火建築物。×
316-21-11,200m2の建築物→必ず耐火建築物。×
413-20-2準防火地域内にある木造建築物の外壁及びその軒裏で延焼のおそれのある部分は、防火構造としなければならない。
513-20-4防火地域又は準防火地域以外においても、建築物の高さが15mを超える建築物は、必ず耐火建築物又は準耐火建築物としなければならない。×
611-22-1地階を除く階数3/1,200m2/高さ12mの事務所→耐火建築物or準耐火建築物。
706-24-2地階を除く階数3/1,000m2の事務所→必ず耐火建築物。×
806-24-3地階を除く階数3/500m2の事務所→耐火建築物or準耐火建築物。×
902-22-2地上3階建/300m2の住宅→耐火建築物or準耐火建築物。×
1001-22-2地階を除く階数3/1,000m2の建築物→耐火建築物or準耐火建築物。

4 誤り

延べ面積が1,000m2を超える建築物は、防火壁で区画し、各区画の床面積の合計をそれぞれ1,000m2以内としなければならない(建築基準法26条本文)。
ただし、建築物が耐火建築物・準耐火建築物の場合は例外であり、防火壁で区画する必要はない(同条但書1号)。

■類似過去問(防火壁)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-18-4
延べ面積が1,000m2を超える耐火建築物は、防火上有効な構造の防火壁によって有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ1,000㎡以内としなければならない。
×
219-21-4防火地域or準防火地域で、1,000m2超の耐火建築物→防火壁の設置が必要。×
315-20-1防火地域で、地上5階建・延べ面積800m2の共同住宅→防火壁の設置が必要。×
412-22-4延べ面積2,000m2の準耐火建築物→防火壁の設置が必要。×
511-22-3準防火地域で、地上3階建・高さ12m・延べ面積1,200m2の事務所→防火壁の設置が必要。×
609-25-3延べ面積1,000m2超の準耐火建築物→防火壁の設置が必要。×

>>年度目次に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新年度 学習応援キャンペーン

年度も変わって、宅建試験へのモチベーションも高まる時期です。

学習意欲の高まった皆さまを支援するため、特別キャンペーンを開始しました。
13年分(平成16年~平成28年)の過去問解説が、10年分の価格でお求めいただけるチャンスです。
この機会をぜひ御活用ください。