【宅建過去問】(平成28年問48)統計


次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 平成28年地価公示(平成28年3月公表)によれば、平成27年1月以降の1年間の地価は、全国平均では、住宅地はわずかに下落しているものの下落幅は縮小しており、全用途平均では昨年までの下落から上昇に転じた。
  2. 平成28年版土地白書(平成28年5月公表)によれば、平成26年の住宅地、工業用地等の宅地は、全国で約193万ヘクタールあり、近年、減少傾向にある。
  3. 建築着工統計(平成28年1月公表)によれば、分譲住宅の着工戸数は、消費税増税の影響を受け、マンション、一戸建住宅ともに平成26年から2年連続で前年に比べ減少している。
  4. 平成27年度国土交通白書(平成28年6月公表)によれば、平成27年3月末時点の宅地建物取引業者数は122,685業者となっており、前年3月末時点に比べ減少した。

正解:1

1 正しい

平成28年地価公示(平成28年3月公表)によれば、平成27年1月以降の1年間の地価は、全国平均では、全用途平均で8年ぶりに上昇に移行した。
用途別に見ると、住宅地はわずかな下落だが下落率は低下しており、商業地は8年ぶりに上昇に移行している。

地価公示 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
対象年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年
全国 住宅地 △1.6 △0.6 △0.4 △0.2
商業地 △2.1 △0.5 △0.0 0.9
全用途 △1.8 △0.6 △0.3 0.1

【出所】平成28年地価公示

2 誤り

平成28年版土地白書(平成28年5月公表)によれば、平成26年の住宅地、工業用地等の宅地は、全国で約193万ヘクタールある。平成25年は約192万ヘクタールであり、近年は、増加傾向といえる。

平成7年 平成17年 平成25年 平成26年
宅地の面積 170万ha 185万ha 192万ha 193万ha

【出所】平成28年版土地白書

本肢は、「減少傾向」とする点が誤り。

3 誤り

建築着工統計(平成28年1月公表)によれば、分譲住宅の着工戸数は、マンションは前年比 4.7%増(昨年の減少から再びの増加)、一戸建住宅は前年比1.4%減(2年連続の減少)である。

平成25年 平成26年 平成27年
マンション 戸数 127,599 110,475 115,652
増減 3.6 △13.4 4.7
一戸建 戸数 134,888 125,421 123,624
増減 10.0 △7.0 △1.4

【出所】建築着工統計

本肢は、マンションにつき、「前年に比べ減少」とする点が誤り。

4 誤り

平成27年度国土交通白書(平成28年6月公表)によれば、平成27年3月末時点の宅地建物取引業者数は122,685業者となっており、9年ぶりに増加に転じた。
本肢は、「前年3月末時点に比べ減少」とする点が誤り。


>>年度目次に戻る

【宅建過去問】(平成28年問48)統計” に対して1件のコメントがあります。

  1. R32SKYLINEGTR より:

    宅建本試験解説DVDについて質問があります
    古い年度の宅建試験解説DVD買おうと検討しておりますがDVD,付属の解説冊子も法改正に対応してますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です