【宅建過去問】(平成28年問50)建物に関する知識


建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 鉄骨造は、自重が大きく、靱性が小さいことから、大空間の建築や高層建築にはあまり使用されない。
  2. 鉄筋コンクリート造においては、骨組の形式はラーメン式の構造が一般に用いられる。
  3. 鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄筋コンクリート造にさらに強度と靱性を高めた構造である。
  4. ブロック造を耐震的な構造にするためには、鉄筋コンクリートの布基礎及び臥梁により壁体の底部と頂部を固めることが必要である。

正解:1

1 最も不適当である

鉄骨造(S造)は、(1)自重が軽く、(2)靭性が大きい。そのため大空間を有する建築や高層建築の骨組に適している。

■類似過去問(鉄骨構造)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-50-1鉄骨造は、自重が大きく、靱性が小さいことから、大空間の建築や高層建築にはあまり使用されない。×
224-50-4鉄骨構造は、不燃構造であるが、火熱に遭うと耐力が減少するので、耐火構造にするためには、耐火材料で被覆する必要がある。
321-50-1鉄骨構造の特徴は、自重が重く、耐火被覆しなくても耐火構造にすることができる。×
414-50-4鉄骨造では、必ず溶接によって接合しなければならない。×
509-49-3鉄骨造は、自重が重く、靭性(粘り強さ)が大きいことから大空間を有する建築や高層建築の骨組に適しており、かつ、火熱による耐力の低下が比較的小さいので、鋼材を不燃材料等で被覆しなくても耐火構造とすることができる。×

2 適当である

鉄筋コンクリート構造(RC構造)は、(1)自重が重いが、(2)耐火・耐久性が大きい。骨組の形式としては、一般的にラーメン構造が用いられる。

※ラーメン構造とは、柱と梁を強剛に接合して直方体を作り、その直方体を骨組みとする構造である。鉄筋コンクリート造だけでなく、鉄骨造や鉄骨鉄筋コンクリート造でも一般的に利用される。

28-50-2

■類似過去問(鉄筋コンクリート造)
内容を見る
免除科目[04]4(2)
鉄筋コンクリート造の特徴
NEW年-問-肢内容正誤
129-50-4鉄筋コンクリート構造は、耐火性、耐久性があり、耐震性、耐風性にも優れた構造である。
228-50-2鉄筋コンクリート造においては、骨組の形式はラーメン式の構造が一般に用いられる。
326-50-1鉄筋コンクリート構造におけるコンクリートのひび割れは、鉄筋の腐食に関係する。
424-50-1鉄筋コンクリート構造の中性化は、構造体の耐久性や寿命に影響しない。×
521-50-2鉄筋コンクリート構造は、耐火、耐久性が大きく骨組形態を自由にできる。
616-49-2鉄筋コンクリート造の建築物においては、構造耐力上主要な部分に係る型わく及び支柱は、コンクリートが自重及び工事の施工中の荷重によって著しい変形又はひび割れその他の損傷を受けない強度になるまでは、取り外してはならない。
■類似過去問(構造)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-50-2鉄筋コンクリート造においては、骨組の形式はラーメン式の構造が一般に用いられる。
223-50-1ラーメン構造は、柱とはりを組み合わせた直方体で構成する骨組である。
323-50-2トラス式構造は、細長い部材を三角形に組み合わせた構成の構造である。
423-50-3アーチ式構造は、スポーツ施設のような大空間を構成するには適していない構造である。×
523-50-4壁式構造は、柱とはりではなく、壁板により構成する構造である。

3 適当である

鉄骨鉄筋コンクリート構造(SRC構造)は、鉄骨を鉄筋コンクリートで覆ったものである。鉄筋コンクリート構造よりさらに強度・靭性が高い。また、耐火性・耐震性の点でも優れている。

■類似過去問(鉄骨鉄筋コンクリート造)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-50-3鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄筋コンクリート造にさらに強度と靱性を高めた構造である。
221-50-3鉄骨鉄筋コンクリート構造は、鉄筋コンクリート構造よりさらに優れた強度、じん性があり高層建築物に用いられる。

4 適当である

ブロック造とは、コンクリートブロックを積上げて壁を作る方式である。ブロックだけでは、耐火性はあるものの、耐震性が低い。そのため、壁体の底部と頂部を固めることが必要である。底部(基礎)を固める方法としては、鉄筋コンクリートの布基礎とすることが考えられる。また、頂部を固めるためには、臥梁(壁体頂部を固める鉄筋コンクリート製の梁)が有効である。

■類似過去問(組積造)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-50-4ブロック造を耐震的な構造にするためには、鉄筋コンクリートの布基礎及び臥梁により壁体の底部と頂部を固めることが必要である。
212-50-1組積造の建築物のはね出し窓又ははね出し縁は、鉄骨又は鉄筋コンクリートで補強しなければならない。
■類似過去問(耐震性)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-50-4ブロック造を耐震的な構造にするためには、鉄筋コンクリートの布基礎及び臥梁により壁体の底部と頂部を固めることが必要である。
225-50-1耐震構造は、建物の柱、はり、耐震壁などで剛性を高め、地震に対して十分耐えられるようにした構造である。
325-50-2免震構造は、建物の下部構造と上部構造との間に積層ゴムなどを設置し、揺れを減らす構造である。
425-50-3制震構造は、制震ダンパーなどを設置し、揺れを制御する構造である。
525-50-4既存不適格建築物の耐震補強として、制震構造や免震構造を用いることは適していない。×
614-50-3免震建築物の免震層には、積層ゴムやオイルダンパー(油の粘性を利用して振動や衝撃を和らげる装置)が使用される。
711-50-2枠組壁工法は、主に柱の耐力によって地震などの外力に抵抗する方式であるため耐震性が高い。×
810-48-4木造建築物を鉄筋コンクリート造の布基礎とすれば、耐震性を向上させることができる。
908-22-3木造建築物の耐震性を向上させるには、軸組に筋かいを入れるほか、合板を打ち付ける方法がある。
1008-22-4木造建築物において、地震力の大きさは、見付面積の大きさより屋根の重さに大きく影響を受ける。

>>年度目次に戻る

過去問徹底!スリー・ステップ教材の御案内

過去問の徹底分析から生み出された、「楽に」「確実に」合格するための教材。それが当社のスリー・ステップ学習教材です。
この教材は、学習の進行を三段階(スリー・ステップ)に分け、御自分に合った段階からスタートできるように設計されています。

[Step.1]基本習得編
学習の最初の段階、正しい知識を分かりやすい流れの中で学んでいく段階です。ここでは、DVDの講義を見て、合格に必要な基本知識を習得します。

[Step.2]実戦応用編
最初に一問一答式の問題集を解き、その後に解説講義を見ます。これにより、「Step.1で勉強した基礎知識が実際の本試験ではどのように出題されるか」、「選択肢の◯×を決める基準は何か」を身に付けます。

[Step.3]過去問演習編
年度別の本試験過去問を解き、その後に解説講義を見ます。学習の総仕上げとして、基本知識や解法テクニックを一層確実に、そして本試験で使えるレベルに仕上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です